構造設計に関すること

鉄骨造で注意したい、外壁による鉄骨梁のねじれについて

ども、tyazukeです。

RCに比べて、鉄骨造はねじれの耐性がほとんどありません。いかに、ねじれないよう部材配置するかが鍵です。下記の本を参考にしてください。 鋼構造設計規準―許容応力度設計法

 

それは分かっていながらも、思いがけずねじれを受ける梁になることも。代表例が、外壁を支える大梁が吹抜けになる場合。

今回は、外壁による鉄骨梁のねじれについて考えます。

スポンサーリンク

 

外壁が重く、床が無い場合曲げをどうやって伝達するか

外壁にALCや押出しセメント版、石パネルを用いることがあります。ALCの場合、普通大梁に直接留めて支持させます。

普段考えることは無いのですが、ALC版による重量は梁芯と一致していないため、ALC芯と梁芯との偏心距離分、曲げモーメントが発生します。

 

この曲げは、大梁に対してねじりモーメントとなって、柱に伝達されます。

鉄骨造でも床はRCを用いることが多く、仮に上記のねじりモーメントが発生しても、梁と梁上スタッド、RC床が一体化されていれば問題になりません。

 

しかし意匠的な理由で吹き抜けとなる場合(例えばEVシャフト)、鉄骨大梁でねじりモーメントを伝達させる必要があります。

 

梁断面を大きくする(中幅、広幅など)

では、梁がねじれない(ねじりモーメントに対する抵抗力を高めるために)方法は何が考えられるでしょうか。

1つは梁断面を大きくすることです。梁せいを大きくすることは得策とは言えません。それよりも梁幅を広げるべき。細幅より中幅、あるいは広幅にします。

 

H型鋼の梁を閉鎖型とする。

大梁はH型鋼が一般的ですが、ねじり耐力を高める意味では閉鎖型断面の方が効果的です。

それだけを考えると角型鋼管が良いですが、納まりが悪いので、H型鋼の側面にプレートを充てて閉鎖型断面にします。

 

リブプレートを入れる

細かくリブプレートを入れることも考えられます。狙っていることは、上2つと同じでねじり耐力を高めるためです。

スパンが長くねじれを受ける梁は、ねじれを拘束する梁を設けること

 

一番怖いのは、スパンの長い梁がねじれを受ける場合です。スパンが長くなるほど、ねじれに対する抵抗力は小さくなります。

スパンが長く、ねじれを受ける梁には、出来ればねじれを拘束する梁を設ける必要があります。

 

まとめ

今回は、外壁によりねじれを受ける大梁について特集しました。鉄骨梁がねじれるなんて恐怖ですよね。

しかも思いがけず忘れやすい箇所ですから、注意したいものです。下記の本は構造屋にとってバイブルです。

構造設計規準―許容応力度設計法

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 自分の生き方に満足できていますか?
  2. 露出柱脚のキレイな納め方のコツ。
  3. 優しい性格の人は建築士に向いていない、たった一つの理由
  4. 二級建築士の受験資格について
  5. 建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?

関連記事

  1. 建設業界のこと

    地盤調査報告書って誰かチェックしているの?

    地盤調査報告書のチェックって誰が行っているのでしょうか。お施主さんが確…

  2. 未分類

    そで壁柱の曲げ耐力 完全塑性理論について

    鉄骨と違ってRCは分からないことが沢山あります。最近、耐震補強の物件を…

  3. 構造設計に関すること

    構造計算はいかに単純ミスを減らすか。

    構造計算は単純ミスをいかに減らすかが大切です。実は僕も単純ミス…

  4. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について

    1年目のとき、土間コンクリートとスラブの違いが分かりませんでした。…

  5. 構造設計に関すること

    震度と計測震度ってどう違うの?

    今日は一般の方や意匠設計者向けの記事ですが、構造にお詳しい方も『へ~』…

  6. 構造設計に関すること

    構造設計って、どんな仕事だろう?『本質』を探る。

    構造設計という仕事をしていますと、街歩きをしていて『あー、コレ無理して…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  2. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  3. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  4. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
PAGE TOP