生きる知恵

ソファやベンチに座るとき、一番安定する位置はどこか。

ども、tyazukeです。

今回は構造目線で考えよう、の第二弾。

って、「んなもん知るか」という声が聞こえてきそうですが・・・、昔こんな記事を書きました。

構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。

生活にまつわる身近なことを構造目線で考えよう、という趣旨でやっております。

で、今回はタイトルの通り、ソファやベンチに座るとき一番安定する場所はどこか考えます。一般の方向けの記事です。

スポンサーリンク

 

力学の基礎を復習

ここでは、力学の基礎を復習しましょう。

 

外力と反力

外力とは物体に対して、外から加えられる力のこと。例えば、椅子があって普通に座ります。外力とは、座ったときのあなたの重量そのもの。

一方反力とは、外力に対する反発力のこと。前述した例でいえば、床から椅子の足に対して反力が発生しています。

重要なポイントは、外力と反力が必ず釣り合う、ということです。また、反発力が発生する点を支点と言います。前述した例の場合、支点は反発力を受ける椅子の足です。

 

内力

内力とは、工学的な専門用語で「応力」と言います。椅子に座ったとき、椅子は外力を受け、床からの反発力を受けて静止していますが、両者の力釣り合うために、椅子の各部材内部にも力が作用しています。

この力を内力、あるいは応力と言います。もっと専門的に説明することもできますが、ざっくり、このような説明にとどめておきましょう。

 

変形

とはいえ、上述した力のやり取りは目に見えませんから、意識することは無いです。一般の方にとっては、変形がもっとも重要な指標と言えます。

ここで重要なポイントを2つ紹介します。

  • 外力は、部材の真ん中に作用したとき、最も変形量が大きくなる。
  • 外力が支点に直接作用するとき、応力や変形は発生しない。

 

ソファやベンチに座るとき、一番安定する位置はどこか。

というわけで、以上の知識を元に考えましょう。例えば下図のベンチがあります。誰もいないなら真ん中に座るのがセオリーと思います。

でも、それが一番安定しない座り位置なんです。なぜなら、「外力は、部材の真ん中に作用したとき、最も変形量が大きくなる」から。

真ん中に座ると、ベンチの板が良く変形します。あるいは変形量が大きくなるのです。では、どこに座ると安定するのか。もう答えは自明ですが、

ベンチの端

です。

 

これも「外力が支点に直接作用するとき、応力や変形は発生しない。」という法則に基づいています。下図のソファでも同じ。支点となる端が一番変形しないので安定します。

まとめ

というわけで、構造目線で考えようの第二弾は以上。

実生活で活用できるネタとは思いませんが、例えばボロボロのベンチやソファがあるとき活躍する知識かも。

では。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 一級建築士受かりたい?じゃあ仕事なんて無視しろ
  2. 【一級建築士】試験でうっかりミスをなくす正しい対処法
  3. 1物件の設計完了に必要な日数は、どう計算すれば良いか?
  4. 建築は道路に支配されている、と言う話
  5. 建築系ブログを200記事書いたときのPVは?

関連記事

  1. ブログ運営

    ブログのネタに困ったら、自分の当たり前を探してみよう

    ども、tyazukeです。僕には目標がありまして。それは、9月…

  2. 建築のこと

    建築は自然を壊しているのでは、と言う話

    ども、tyazukeです。地盤調査報告書を読んでおりまして、ふ…

  3. ブログ運営

    ブログで他人が共感する記事を書く方法とは?

    ども、tyazukeです。ブログを書くとき、話題だけ提供して読…

  4. 労働のこと

    中小企業こそ、社員教育を徹底しないと死ぬぞ。

    ども、tyazukeです。僕が勤める中小組織設計事務所は、新入…

  5. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?

    ども、tyazukeです。一級建築士と二級建築士の違いって何で…

  6. 生きる知恵

    本を読破できない人に試してほしい、たった一つの方法

    ども、tyazukeです。突然ですが、皆さんはこんな悩みをもっ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  2. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  3. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  4. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  5. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
PAGE TOP