構造設計に関すること

弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について

ども、tyazukeです。

弱軸回りに荷重を受ける部材ってありますよね。代表的な部材が耐風梁。風圧力を受けるために配置する部材ですが、外壁の鉛直荷重を受けることも。

耐風梁は一般的にH型鋼あるいは角型鋼管を使います。後者は、断面性能に方向性は無いですが、前者は方向性がある。下記の本が参考になります。

鋼構造設計規準―許容応力度設計法

 

というわけで、気を付けないと弱軸方向の変形や応力度がとんでもなく大きくなるわけです。今回は、そんな弱軸回りに荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について

スポンサーリンク

 

基本的に、弱軸方向に荷重を受ける場合、横座屈による低減は無い

弱軸方向に受ける荷重を受ける部材は、横座屈による低減はしません。例えば耐風梁にH型鋼を使っていて、H型鋼を横使いしています。

このH型鋼に弱軸方向の荷重(例えば外壁などの仕上げ荷重)が作用したとき、荷重方向に対して横方向の座屈は、起きようがないからです。専門的に言えば断面二次半径が大きいから、といえます。

 

但し、横使いに用いるH型鋼は多くの場合、風圧力を受けることが目的です。風圧力に対しては強軸方向に向いているので、やはり下記のような許容曲げ応力度の低減式に当てはめて計算します。

  • fb=89000/(Lb×H/Af)

 

Lbは座屈長さです。スパンが8.0mある柱間に耐風梁を設けるなら、Lb=8.0です。中央に座屈を拘束する部材(例えば、弱軸方向に取り付ける吊材など)があるなら、Lb=8.0/2=4.0m。

H型鋼は加力方向で、許容曲げ応力度が異なることに注意が必要です。

 

非対称部材も、基本的に横座屈による低減が必要となる

Cチャンネルや溝型鋼のように、非対称形部材も同様に低減が必要です。但し、これらの部材は比較的軽微な箇所に使われることも多く、溝形鋼に留める部材の拘束力が相対的に大きいので、低減不要という判断も可能です(※1)。

ただ、溝形鋼やCチャンネルに、横座屈を拘束する部材が何もなく荷重がかかる場合、やはり低減が必要。

部材が小さいだけに注意したい部分です。

 

まとめ

今回は、弱軸方向に荷重を受ける場合の許容曲げ応力度について説明しました。弱軸に荷重を受けること自体怖いので、注意したいものです。

それでは。

 

参考文献

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは
  2. 地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話
  3. 【徹底比較】一級建築士の定期講習費用が安い機関「9選」
  4. 建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?
  5. 商売のカモにできる、建築学生の特徴について

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    【RC造の設計】鉄筋の剛性を考慮すると計算の収束が遅くなる件

    RC造の建物は計算が色々と面倒です。僕が最近担当している物件でよく起き…

  2. 建築のこと

    鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法

    ども、tyazukeです。鉄骨造の納まりで注意することは、大梁…

  3. 建築のこと

    隈研吾氏に学ぶプレゼンの手法と喋り方のポイント

    ども、tyazukeです。建築家って本当に言葉巧みですよね~。…

  4. 構造設計に関すること

    構造設計の手順について

    構造設計も設計手順があります。設計者1人毎にやり方は違います。でも大ま…

  5. 構造設計に関すること

    擁壁の安定モーメントはどうやって算定する?

    僕のフリーアドレスに日建学院からのメールが入っていました。「構造計算 …

  6. 構造設計に関すること

    武藤清の力学本は読み応えがあって良いですね。

    昔の力学本は読み応えがあってとても良いです。もちろん、過去の本…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  2. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  3. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  4. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  5. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
PAGE TOP