構造設計に関すること

弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について

ども、tyazukeです。

弱軸回りに荷重を受ける部材ってありますよね。代表的な部材が耐風梁。風圧力を受けるために配置する部材ですが、外壁の鉛直荷重を受けることも。

耐風梁は一般的にH型鋼あるいは角型鋼管を使います。後者は、断面性能に方向性は無いですが、前者は方向性がある。下記の本が参考になります。

鋼構造設計規準―許容応力度設計法

 

というわけで、気を付けないと弱軸方向の変形や応力度がとんでもなく大きくなるわけです。今回は、そんな弱軸回りに荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について

スポンサーリンク

 

基本的に、弱軸方向に荷重を受ける場合、横座屈による低減は無い

弱軸方向に受ける荷重を受ける部材は、横座屈による低減はしません。例えば耐風梁にH型鋼を使っていて、H型鋼を横使いしています。

このH型鋼に弱軸方向の荷重(例えば外壁などの仕上げ荷重)が作用したとき、荷重方向に対して横方向の座屈は、起きようがないからです。専門的に言えば断面二次半径が大きいから、といえます。

 

但し、横使いに用いるH型鋼は多くの場合、風圧力を受けることが目的です。風圧力に対しては強軸方向に向いているので、やはり下記のような許容曲げ応力度の低減式に当てはめて計算します。

  • fb=89000/(Lb×H/Af)

 

Lbは座屈長さです。スパンが8.0mある柱間に耐風梁を設けるなら、Lb=8.0です。中央に座屈を拘束する部材(例えば、弱軸方向に取り付ける吊材など)があるなら、Lb=8.0/2=4.0m。

H型鋼は加力方向で、許容曲げ応力度が異なることに注意が必要です。

 

非対称部材も、基本的に横座屈による低減が必要となる

Cチャンネルや溝型鋼のように、非対称形部材も同様に低減が必要です。但し、これらの部材は比較的軽微な箇所に使われることも多く、溝形鋼に留める部材の拘束力が相対的に大きいので、低減不要という判断も可能です(※1)。

ただ、溝形鋼やCチャンネルに、横座屈を拘束する部材が何もなく荷重がかかる場合、やはり低減が必要。

部材が小さいだけに注意したい部分です。

 

まとめ

今回は、弱軸方向に荷重を受ける場合の許容曲げ応力度について説明しました。弱軸に荷重を受けること自体怖いので、注意したいものです。

それでは。

 

参考文献

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【書評】耐震構造の基礎は正真正銘の名著だった。
  2. 失敗した部下の叱り方と、叱った後安心させるたった1つの方法
  3. 建築とテクノロジーのこれからに関する考察
  4. 2年間総合資格に通った結果、100万円無駄にした話
  5. 未来の建築は、お金持ちだけに与えられる

関連記事

  1. 建設業界のこと

    僕が土木工学科から建築学科へ転科した理由とその後。

    僕は、高専(工業高等専門学校)に通っていましたが、そこには建築学科が無…

  2. 建築のこと

    ALC版の許容スパンは、同じ荷重でも各メーカーで違う件

    ども、tyazukeです。屋根や床にALC版を使うことがあります。荷重…

  3. 本の紹介

    【書評】建築構造計画入門 松井源吾

    建築構造は計画が最も重要であると、松井源吾先生が著書の中で述べています…

  4. 構造設計に関すること

    構造設計はリスクがあるけど、リターンは無いって話。

    ああ、仕事辞めたい。いや、構造設計辞めたい。そんなことを思って4年経過…

  5. 構造設計に関すること

    構造設計者に必要な3つのセンスとは?

    下手でも構造屋さんをやっていれば、何か感覚のようなものが身に付いてきま…

  6. 構造設計に関すること

    カラトラバ「石を吊るすだけでも表現方法になりうる。」

    何のことだ、と思われたかもしれません。「石を吊るすだけでも表現…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  2. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  3. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  4. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  5. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
PAGE TOP