構造設計の話

最終更新日: 2017.10.15

弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について

ども、tyazukeです。

弱軸回りに荷重を受ける部材ってありますよね。代表的な部材が耐風梁。風圧力を受けるために配置する部材ですが、外壁の鉛直荷重を受けることも。

耐風梁は一般的にH型鋼あるいは角型鋼管を使います。後者は、断面性能に方向性は無いですが、前者は方向性がある。下記の本が参考になります。

鋼構造設計規準―許容応力度設計法

 

というわけで、気を付けないと弱軸方向の変形や応力度がとんでもなく大きくなるわけです。今回は、そんな弱軸回りに荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について

スポンサーリンク

 

基本的に、弱軸方向に荷重を受ける場合、横座屈による低減は無い

弱軸方向に受ける荷重を受ける部材は、横座屈による低減はしません。例えば耐風梁にH型鋼を使っていて、H型鋼を横使いしています。

このH型鋼に弱軸方向の荷重(例えば外壁などの仕上げ荷重)が作用したとき、荷重方向に対して横方向の座屈は、起きようがないからです。専門的に言えば断面二次半径が大きいから、といえます。

 

但し、横使いに用いるH型鋼は多くの場合、風圧力を受けることが目的です。風圧力に対しては強軸方向に向いているので、やはり下記のような許容曲げ応力度の低減式に当てはめて計算します。

  • fb=89000/(Lb×H/Af)

 

Lbは座屈長さです。スパンが8.0mある柱間に耐風梁を設けるなら、Lb=8.0です。中央に座屈を拘束する部材(例えば、弱軸方向に取り付ける吊材など)があるなら、Lb=8.0/2=4.0m。

H型鋼は加力方向で、許容曲げ応力度が異なることに注意が必要です。

 

非対称部材も、基本的に横座屈による低減が必要となる

Cチャンネルや溝型鋼のように、非対称形部材も同様に低減が必要です。但し、これらの部材は比較的軽微な箇所に使われることも多く、溝形鋼に留める部材の拘束力が相対的に大きいので、低減不要という判断も可能です(※1)。

ただ、溝形鋼やCチャンネルに、横座屈を拘束する部材が何もなく荷重がかかる場合、やはり低減が必要。

部材が小さいだけに注意したい部分です。

 

まとめ

今回は、弱軸方向に荷重を受ける場合の許容曲げ応力度について説明しました。弱軸に荷重を受けること自体怖いので、注意したいものです。

それでは。

 

参考文献

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 一級建築士合格者が語る、「合格後の変化」
  2. 独立したい!建築業で独立する前に考えるべき4つのこと
  3. アマゾンの「Kindle Unlimited」が予想の斜め上を行き過ぎている件
  4. 鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法
  5. マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。

関連記事

  1. 構造設計の話

    片持ち柱の設計はどうすれば良い?

    ちょっとした庇をつくりたいとき、又は自転車の雨除けなど、片持ち柱の構造…

  2. 構造設計の話

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法

    ども、tyazukeです。変断面の断面係数を求めるとき、どう計…

  3. 構造設計の話

    意図なく部材を細くしたところで、良い建築はできないよ

    学生や社会人1年目、今でもそうですが細い柱って憧れますわ。100mm以…

  4. 構造設計の話

    下階ブレース無し構造は逆せん断に気をつけよう。

    ども、tyazukeです。逆せん断って嫌ですよねぇ。ちょっと得…

  5. 建築業界の分析

    【建築界の常識】なぜ適判員は事務所に来てくれないのか?【世間の非常識】

    当たり前のことを知人に話していたとき『それ、おかしくない?』、と言われ…

  6. 構造設計の話

    ぎっくり腰になった先輩が教えてくれた、正しい椅子の座り方2つ

    ども、tyazukです。普段ろくに運動をしないオフィスワーカー…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計の話

    Autocadで変断面の重心位置を求める方法
  2. 建築屋さんの転職

    構造一級建築士の平均年収と、構造屋さんの年収の上げ方
  3. 一級・二級建築士の勉強法

    二級建築士の試験勉強したいならユーキャン良いかもよ?
  4. 構造設計の話

    構造設計者って独立しても儲からない?
  5. 建築業界の分析

    隈研吾氏が唱える「小さな建築」とは何か?
PAGE TOP