建築業界の分析

最終更新日: 2017.10.15

クレーンの衝撃力を設定する基礎項目について

ども、tyazukeです。

クレーンが走行する場合、それを受ける梁はクレーン荷重を考慮する必要があります。ここで見落としがちなのは、クレーン荷重は鉛直方向だけでなく水平方向にも荷重が作用する、ということ。

下記の本が参考になります。

鋼構造設計規準―許容応力度設計法

天井を走行するクレーンを見たことがある人は、イメージが簡単ですが、クレーンは動くとかなりグラグラと揺れながら走行します。つまり衝撃力が作用しますね。

というわけで今回は、クレーンの衝撃力を設定する基礎項目について考えます。

スポンサーリンク

 

天井クレーンを支持する構造部

今回は参考文献※1の内容を列挙していきますね。

  • 地上で操作する軽作業用クレーン 車輪荷重の10%が作用
  • ワイヤーロープで巻き上げを行う一般作業用のクレーン 車輪荷重の20%
  • 吊り具がトロリーに剛に固定されているクレーン 車輪荷重の30%(鉄工所レベル)
  • モーターによって動く機械を支持する構造部 機械重量の20%
  • ピストン駆動の機械を支持する構造部 機械重量の50%
  • 床またはバルコニーなどをつる吊り材 積載荷重の30%

 

天井クレーン走路に作用する水平力

  • 制動を受ける各車輪荷重の15%をとり、走行レール上端に作用するもの

とする。

 

走行方向に直角に作用する水平力

クレーン両側受梁は、両方とも同時に走行方向に対して直角に、クレーン車輪荷重の10%の水平力を受けるものとして算定する。

この場合、走行ホイストならびに吊り荷は最も不利な状態にあるものとする。

 

地震荷重

  • クレーンに加わる地震荷重は、走行レール上端に作用するものとする。

 

この場合、クレーンの重量としては、特別の場合を除き、吊り荷の重量を無視することができる。特別な場合とは、吊り具がトロリーに剛に固定されているクレーンの場合を指す。

 

まとめ

クレーンに限らず駆動する機械は取り扱い注意です。動くということは、鉛直力だけでなく、水平力も作用します。

一般的にクレーンのレール受け梁はH型鋼だと思いますが、水平力は弱軸方向に作用します。鉛直力と水平力が同時に作用したと考えて、応力および変形を規定値に満足させましょう。

 

あと今回は省略しましたが、エレベーターもクレーンと同じく衝撃力を考慮する荷重の1つですね。

下記の記事で、エレベーター荷重のことを纏めています。合わせて参考にしてください。

EV荷重の設定はどうすればいい?

では。

 

参考文献

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 商売のカモにできる、建築学生の特徴について
  2. 総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件
  3. 僕がオーストラリアのパースで見た、緩い働き方
  4. 自分の生き方に満足できていますか?
  5. 建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?

関連記事

  1. 構造設計の話

    【書評】耐震構造の基礎は正真正銘の名著だった。

    建築を扱った耐震構造の本が出来たのは割と最近です。それまでは、土木系の…

  2. 建築業界の分析

    オリンピック特需で建築業界は上向くか?

    東京オリンピックが2020年に開催されますね。5年後なので近い。これま…

  3. 建築業界の分析

    「哲学」から読み解く建築に関する諸問題(建物の沈下等)

    久々にマイケルサンデル教授のジャスティスを読みました。学生時代に購入し…

  4. 構造設計の話

    皆はどうしてる? 横補鋼材のお話。

    保有耐力横補鋼を満足していますか。確認申請や適合性判定で嫌とい…

  5. 構造設計の話

    鉄骨階段の、ササラの検討方法

    ども、tyazukeです。ササラのように、角度のついた部材はど…

  6. 構造設計の話

    分かりやすい計算書の作り方について

    計算書の構成は何が正しいのでしょうか?働いて4年になりますが、いまだに…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級・二級建築士の勉強法

    【一級建築士】独学で法規勉強したけどインデックスは必要ない件
  2. 一級・二級建築士の勉強法

    一級建築士の勉強法。独学か予備校か?
  3. 構造設計の話

    直感で構造設計を理解する方法とは?
  4. 一級・二級建築士の勉強法

    一級建築士合格者が語る「時間の使い方」を分析してみた
  5. 一級・二級建築士の勉強法

    平成29年度 一級建築士の結果報告の件
PAGE TOP