建築のこと

クレーンの衝撃力を設定する基礎項目について

ども、tyazukeです。

クレーンが走行する場合、それを受ける梁はクレーン荷重を考慮する必要があります。ここで見落としがちなのは、クレーン荷重は鉛直方向だけでなく水平方向にも荷重が作用する、ということ。

下記の本が参考になります。

鋼構造設計規準―許容応力度設計法

天井を走行するクレーンを見たことがある人は、イメージが簡単ですが、クレーンは動くとかなりグラグラと揺れながら走行します。つまり衝撃力が作用しますね。

というわけで今回は、クレーンの衝撃力を設定する基礎項目について考えます。

スポンサーリンク

 

天井クレーンを支持する構造部

今回は参考文献※1の内容を列挙していきますね。

  • 地上で操作する軽作業用クレーン 車輪荷重の10%が作用
  • ワイヤーロープで巻き上げを行う一般作業用のクレーン 車輪荷重の20%
  • 吊り具がトロリーに剛に固定されているクレーン 車輪荷重の30%(鉄工所レベル)
  • モーターによって動く機械を支持する構造部 機械重量の20%
  • ピストン駆動の機械を支持する構造部 機械重量の50%
  • 床またはバルコニーなどをつる吊り材 積載荷重の30%

 

天井クレーン走路に作用する水平力

  • 制動を受ける各車輪荷重の15%をとり、走行レール上端に作用するもの

とする。

 

走行方向に直角に作用する水平力

クレーン両側受梁は、両方とも同時に走行方向に対して直角に、クレーン車輪荷重の10%の水平力を受けるものとして算定する。

この場合、走行ホイストならびに吊り荷は最も不利な状態にあるものとする。

 

地震荷重

  • クレーンに加わる地震荷重は、走行レール上端に作用するものとする。

 

この場合、クレーンの重量としては、特別の場合を除き、吊り荷の重量を無視することができる。特別な場合とは、吊り具がトロリーに剛に固定されているクレーンの場合を指す。

 

まとめ

クレーンに限らず駆動する機械は取り扱い注意です。動くということは、鉛直力だけでなく、水平力も作用します。

一般的にクレーンのレール受け梁はH型鋼だと思いますが、水平力は弱軸方向に作用します。鉛直力と水平力が同時に作用したと考えて、応力および変形を規定値に満足させましょう。

 

あと今回は省略しましたが、エレベーターもクレーンと同じく衝撃力を考慮する荷重の1つですね。

下記の記事で、エレベーター荷重のことを纏めています。合わせて参考にしてください。

EV荷重の設定はどうすればいい?

では。

 

参考文献

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。
  2. 冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。
  3. 有名建築家になるためのメディア戦略について
  4. コンペで勝てない事務所に共通する3つのこと
  5. 新入社員の約50%が3年以内に離職する建設業界って・・・

関連記事

  1. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選

    ども、tyazukeです。これまで僕が読んできた構造力学の本。…

  2. 建築のこと

    屋根に折板を使うときの注意点3つ。

    ども、tyazukeです。鉄骨造の小さな建物だと、屋根に折板を…

  3. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の重心位置を求める方法

    ども、tyazukeです。ある日、意匠設計部の上司から頼まれま…

  4. 構造設計に関すること

    鉄骨小梁の計算スパンとリブプレートを入れる理由

    鉄骨小梁を計算するときに、スパンはどのように考えていますか?普通にやる…

  5. 建築のこと

    隈研吾氏に学ぶプレゼンの手法と喋り方のポイント

    ども、tyazukeです。建築家って本当に言葉巧みですよね~。…

  6. 労働のこと

    大学で実験が好きだった学生に、おすすめしたい仕事3つ

    ども、tyazukeです。構造系の学生なら、大学で実験やってた…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  2. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  3. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  4. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  5. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
PAGE TOP