構造設計に関すること

柱芯とブレース芯がズレたときの柱脚の設計について

ブレース構造って面倒ですよね。納まりも考えることが多いし。ラーメン構造ばかりやっていると、たまに行うブレース構造が面倒で・・・。

ブレースの納まりとして大原則が、ブレース芯と柱芯、梁芯を合わせることです。ブレース構造にすると、ブレースにほとんどの地震力が集まります。ですから、ブレース芯と柱、梁芯を合わせないと、部材が力を受けて曲がってしまいます。

スポンサーリンク

 

仕方なくブレース芯がズレたときは?

しかし、最近は柱芯と梁芯を合わせる納まり自体、見かけません。一般的に梁の外面と柱の外側に合わせますよね?数十ミリですが、部屋を大きくとれるメリットがあります。

ですから、そもそもブレース芯と柱芯、梁芯を合わせることができません。このとき、ブレース芯と梁芯を合わせることにしましょう。柱芯はズレても、柱に作用する曲げが板厚で持つこと、また偏心曲げが伝達できれば問題ないわけです。

ただ、H柱の場合だとブレースが偏心することで、『フランジにガセットがとりつきます』。板が片持ち上に曲げられるので、かなり厳しいと思います。同じ理由で、梁への偏心は避けたいのです。

柱まで上手く伝達できたなら、次は柱脚の設計をします。

 

平面的なズレと断面的なズレを考慮する。

先ほど説明したように、当然柱脚にも偏心曲げが作用します。平面的にズレる場合と、高さ方向にズレることもあります。例えば、平面的な偏心距離をdとします。ブレースに作用する軸力は、全強で考えるとN=σy×ftですね。

Nは水平、鉛直に成分分解できますから、この値をそれぞれNxとNyとすると、平面的な偏心曲げ=Ny×dです。高さ方向の偏心距離もdとするなら、高さ方向の偏心曲げはNx×dです。

次に、偏心曲げをアンカーボルトの距離及び本数で割ります(偶力置換)。すると、鉛直成分の偶力と水平成分の偶力が求められます。この値が、偏心曲げによる追加の引張力とせん断力です。

 

できるだけ偏心距離は小さく、できれば0に。

先に述べたように、ブレースの納まりがズレると余分に力がかかります。柱が偏心曲げで持つか追加検討が必要ですし、柱脚に伝達できるかチェックします。

そもそも、梁面をわざわざ柱面に合わせなくても中心で良いと思うんです。構造芯がズレることもないし、面積が少し広くなるっていってもねえ・・・。大した面積増えないじゃないですか。

構造計算の負担を考えると、ブレース芯と柱芯、梁芯を合わせる収まりは構造を優先して欲しいものですね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 百貨店ギフトカードは百貨店のレストランで使えるのか?
  2. 不静定次数を計算して、不安定、静定・不静定を判別する方法
  3. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?
  4. 【一級建築士】実力を発揮する試験当日の過ごし方
  5. 建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    鉄骨小梁のスパンと応力度の関係の勘所。

    RC小梁に比べて鉄骨小梁は部材選定に慎重になる必要があります。なぜなら…

  2. 本の紹介

    木造住宅は、本当は強い?熊本の地震が教えてくれたこと

    「木造住宅は、構造設計(計算)を行う必要がない」一般の方が聞け…

  3. 構造設計に関すること

    剛体について 計算外とは何か?

    実務をしてから驚いたことの1つ、それが『計算外』という言葉です。計算外…

  4. 建築のこと

    マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。

    ども、tyazukeです。マンションには必ずベランダがあります…

  5. 建設業界に関するニュースのこと

    豊洲新市場の件は、『技術論』や『正しい・間違い』の問題じゃない。

    連日、豊洲新市場の件が報道されていますが・・・マスコミも飽きませんねぇ…

  6. 建設業界のこと

    構造を知らない役人への説明資料作成という不毛な作業

    確認申請を提出するとき、ほとんどがビューロベリタスやERIなどの民間業…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  2. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  3. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  4. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  5. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
PAGE TOP