建築のこと

CLT建築ってどーなのよ。あれこれ口を出します。

最近にわかに名前を聞くようになった「CLT」。ツイッターのタイムラインをみるとCLT建築のことが結構書かれています。もちろん賛否両論ありまして、

と、まぁこんな具合でござんす。「CLT」と検索すると、日本CLT協会やら、CLT建築推進協議会やらでてきまして、石破茂氏が語るCLTということで、石破大臣の解説付き。

 

そんな建築業界で流行の兆しを見せるCLT建築。僕なりに思うことを書いていこう。

スポンサーリンク

 

木のテクスチャと板感が中々良いではないか。

これはロンドンにあるCLT建築の1つ。「The SMILE」という建物らしい。

英語に明るい方は、このHPを見てほしい。そして後で教えてくれると幸いです(http://www.thetulipwoodsmile.info/)。

一瞬ホキ美術館に見えました。

この建築物の形状は置いといて、木のテクスチャと板感がいい。普通、木造建築ときけば柱と梁でつくる建築が目に浮かびます。でもCLTは板材として利用されるので、面が強調される。どこか現代的にみえるのもGOOD。

 

これはコンペ入選作品。実際にできたら、こんな風に見えるのです。

これも、CLTの板感、木のテクスチャが存分に発揮されていますね。

一方でCLTじゃなくていいじゃんって建物もある。

 

鉄骨でやれよ。

わざわざCLTでやる意味ある?という建築の一例(設計者さんゴメンナサイ)。

鉄骨でやれよ。

鉄骨でやれよ・・・。

CLTを使えば国内林業に貢献できるってことも理解できるのですが、建築としてどうあるべきか、そんな視点が欠けているように思います。

木の有難みが無いというか。木材が上画像のように、ツルピカ綺麗にされたら木の愛嬌もへったくれもございません。

「CLT!」、「CLT!」、「CLT!」と技術だけ押し付けられても・・・鉄骨で安く簡単に設計できる建物をわざわざCLTで代替する意味を考えちゃいます。

 

技術先行で良い建築ができる?

日本の建築業界が成熟期に入りまして、各専門家はより新しいことを求めています。特に技術屋さん。でも、技術が先行して「こんな新しいことができたぞー!」って。

何か違うよなぁ。

研究者やメーカー、構造屋さんが盛り上がっているだけじゃんか、と思いませんか。もっと建築家からのアクションが欲しいですよね。

構造屋が出しゃばった建築ほど、みっともない物はない。

 

CLTで林業が復活?本当かな?

「CLT!」、「CLT!」、「CLT!」いう前に考えてほしい。

「CLT」を使うことで国内林業が復活する理由は何か。そして、そもそも国内林業はなぜ衰退したのか。後者の理由は紛れもなく、木材の自由化。つまり外国産の「安い木材」が入ってくるので、国内産の木材が使われない。

これは仮に「CLT」でも同じことではないでしょうか。外国産のCLTを輸入するだけでは?

 

専門家や石破大臣のように「需要が増えれば」国内CLTの価格が下がる、と言っていますが・・・。需要が増えるだけの根拠はあるのですか、と聞くと明確な答えはないように思いますね。

CLTで鉄骨の置き換え建築を創っている現状では特に。

CLTにしかできない建築をつくること。

そして世間、世論がCLTを求めること。そんな気運が高まって初めて、と言えるのではないでしょうか。

 

ともかく。「CLT!」、「CLT!」、「CLT!」と研究者やメーカー、ツイッターに踊らされるのは気をつけましょうぜ。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 大学教授は上手い商売なのか
  2. 建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。
  3. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?
  4. 一級建築士合格者が語る、「合格後の変化」
  5. 建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?

関連記事

  1. ブログ運営

    有名建築家になるためのメディア戦略について

    ども、tyazukeです。建築家として有名になる方法は2つある…

  2. 建築のこと

    ALC版の許容スパンは、同じ荷重でも各メーカーで違う件

    ども、tyazukeです。屋根や床にALC版を使うことがあります。荷重…

  3. 労働のこと

    建築や構造に関する『熱』が薄れていく中で・・・。

    以前からブログで書いている通り、僕は建築や構造に関する『熱』を既に失っ…

  4. 建築のこと

    建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。

    ども、tyazukeです。建築家の名言を調べていると、あること…

  5. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士の定期講習費用はいくら?どの機関が開催しているの?

    ども、tyazukeです。一級建築士と構造一級建築士、2つの資…

  6. ブログ運営

    若い頃は暇で暇で仕事が欲しい、と思うくらいが丁度いい

    ども、tyazukeです。よく、若い頃は買ってでも苦労しろ、と…

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  2. 一級建築の試験勉強

    「一級建築士って簡単にとれますよ?今は価値がありません」
  3. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった、一級建築士の合格率と難易度の推移
  4. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
PAGE TOP