構造設計に関すること

EV棟の設計マニュアル その1

EV棟の設計を多くやりました。慣れたら簡単。でも既存との関係、転倒の検討が面倒です。今回は、数棟やったEV棟の設計マニュアルを紹介します。

スポンサーリンク

 

EV棟とは?

建物の階数が多くなると階段の他にEVが必要です。新築ならEVを建物の中に設置して設計します。一方既存の建物に増築する形でEVを設置したい場合、別棟としてEV棟が必要。

 

注意① 既存建物との関係

EV棟を造るなら、必ず既存建物があります。既存建物に対してEVを設置したいからです。すると既存建物の基礎形状、基礎深さが重要です。

 

基礎工法は既存と合わせよう。

既存基礎が直接基礎で設計されているなら、今回の基礎も直接基礎です。現在まで問題ない建物が直接基礎なのに杭基礎を使う理由がない。

必ず既存の基礎工法と合わせるようにします。

 

基礎底は既存と合わせよう

基礎底も、既存と今回で合わせます。基礎をつくるとき余分に土を掘っています。既存より浅く基礎を造ると、盛土の上に基礎を造る形になるので危険です。

また既存より深く掘っても危ない。既存の基礎が倒れる可能性があるからです。必ず、基礎底は既存の基礎に合わせて設定しましょう。

 

基礎形状は既存基礎と干渉しないように

今回基礎は既存の基礎と干渉しないよう設計します。クリアランスを100mm程度空けて今回の基礎を造ります。

 

4本柱なので斜め方向加力を検討

EV棟は4本柱が多い。EVの幅×長さは大きくないからです。で、4本柱の場合、構造的に少し不安。柱が1本駄目になると構造として成立しないため。これを『冗長性が無い』と言います。

建築基準法では冗長性が建物を『長期軸力を20%以上負担する柱』という表現をしています。4本柱の場合、長期軸力は100/4=25%。冗長性がない建物に該当します。これに該当するとき、斜め方向の地震を考慮する必要があります。

しかし、斜め加力の検討はSS3では行えません。簡単なのは地震力を1.25倍する方法です。地震力を1.25倍してX,Y方向を検討すれば斜め方向の検討はしなくても良いです。

あらかじめ地震力を割増しましょう。

 

次回は転倒について・・・

EV棟の検討は柱が少なくて簡単に見えます。ただ計算は簡単でも柱が4本で、ひょろ長い『危ない構造』です。変形や転倒など注意して設計しましょう。

次回はEV棟で一番重要な転倒の検討について紹介します。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築を勉強したいなら、何県にある大学がおすすめ?
  2. 杭施工誤差が生じた時の対処法について
  3. 未来の建築は、お金持ちだけに与えられる
  4. 有名建築家になるためのメディア戦略について
  5. 信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    腰壁の剛域はどうしていますか?

    普通、剛域の設定は一貫計算プログラムで自動設定していますよね。でも、時…

  2. 構造設計に関すること

    【技術大国の崩壊】構造設計者の倫理観 その2 東洋ゴムの件

    以前、『構造設計者の倫理観』というタイトルで記事を書きました。その数日…

  3. 構造設計に関すること

    RC屋外階段の設計方法について

    例えばRC造のマンション、学校等には屋外階段が設けられています。避難の…

  4. 構造設計に関すること

    数回の地震に耐える建築物の設計とは?

    熊本地震が起きて構造設計者が感じたこと。それは、『今後は数回の地震に耐…

  5. 構造設計に関すること

    構造設計はリスクがあるけど、リターンは無いって話。

    ああ、仕事辞めたい。いや、構造設計辞めたい。そんなことを思って4年経過…

  6. 構造設計に関すること

    増打ちによる水勾配があるスラブの、固定荷重の考え方について

    例えば屋根、1階の床は集水する目的で水勾配をつけます。構造設計の実務を…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  2. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  3. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  4. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  5. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
PAGE TOP