構造設計に関すること

EV棟の設計マニュアル その2

前回に引き続き、EV棟の設計について紹介します。前回のおさらいポイントは下記の通り。確認してください。

スポンサーリンク

 

前回のおさらいポイント

  • 既存基礎の工法、基礎底と今回基礎は合わせよう。
  • 既存基礎を避けた基礎形状にしよう。
  • 4本柱なので地震力を1.25倍しよう。

 

塔状比について

EV棟は幅狭くて高い建物が多いです。EVの必要な寸法でフレームを造りEVが必要な高さで造ると『そんな形』になります。

建築基準法では、ひょろ長い建物を塔状比が4以上という表現をします。塔状比とは下式、

H/B

H 建物高さ

B 建物の幅

です。EVのほとんどがH/B>4の建物です。

 

H/B>4のとき転倒の検討を行う。

塔状比H/B>4のとき転倒の検討をします。『転倒の検討』とは建物が倒れないことを確認すること。長期時の支点反力―地震時の支点反力を計算したとき、地震時の反力が大きい場合は転倒します。長期時の反力が大きくなれば転倒しません。

 

建築基準法の検討方法

基準法に明記されているのは、地震力の設定です。保有水平耐力時の1階のDs値に対して転倒しないことと明記あります。ルート3の検討ではCo=0.20です。一方、Dsの最低値は0.25なので、最低でも1.25倍した地震力で検討します。

 

基礎底まで応力を割増した反力を使う。

上部構造の計算は梁芯でモデル化します。今回は基礎の検討です。基礎底まで応力を割増した反力を使います。

追加曲げM‘=せん断力Q×(構造芯―基礎底までの距離)

追加支点反力=2×M‘/L

で、追加する支点反力を算定。地震時の反力が増えます。

 

杭を使う場合、引き抜き抵抗力で持たせる

以上、支点反力を検討します。反力を求めたら、引き抜きが発生しているか否か確認です。大抵、引き抜き力Nが発生しています。杭基礎の場合、

引き抜き抵抗力Na>引き抜き力N

の関係であれば転倒しないのでOKです。

 

次回は直接基礎の場合を紹介します。

と、言うわけで今回はここまで。杭を使う場合、引き抜き抵抗力が引き抜き力を上回っていれば問題ないです。計算も簡単にチェックできます。

直接基礎は底盤の計算なので少し面倒。次回の記事で説明しましょう。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 大手設計事務所と中堅設計事務所の建築は何が違うのか?
  2. 一級建築士受かりたい?じゃあ仕事なんて無視しろ
  3. 杭施工誤差が生じた時の対処法について
  4. 露出柱脚のキレイな納め方のコツ。
  5. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    【初心者必見】構造設計でミスした前後ですべき3つのこと

    ども、tyazukeです。どんな仕事でもミスは付き物です。10…

  2. 構造設計に関すること

    RC造で二軸曲げを考慮する必要がある柱って?

    ども、tyazukeです。最近はRC造の柱でも二軸曲げを当たり…

  3. 建築のこと

    袖壁の意味と効果について

    ども、tyazukeです。他業界の人と話していると、ついつい専…

  4. 構造設計に関すること

    RC造の使用性と損傷制御性と安全性について

    ども、tyazukeです。RC規準書の1章ってあまり読んだこと…

  5. 本の紹介

    【書評】建築構造計画入門 松井源吾

    建築構造は計画が最も重要であると、松井源吾先生が著書の中で述べています…

  6. 構造設計に関すること

    鉄骨小梁の計算スパンとリブプレートを入れる理由

    鉄骨小梁を計算するときに、スパンはどのように考えていますか?普通にやる…

お問い合わせ

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  2. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  4. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  5. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
PAGE TOP