構造設計に関すること

斜め加力が作用したときの、基礎スラブの検討

直接基礎を検討するとき、斜め加力に対して接地圧を算定したことはありますか?あまり経験がない人も多いかもしれません。というのも、斜め加力の検討をしなくてもX,Y方向の地震力を1.25倍してやれば斜め加力は省略できるからです。一貫計算は斜め加力に対応していないですから、1.25倍の地震力で検討した方が楽なんです。

僕もいつもはそうしているんですが、最近、斜め加力の検討をする機会があって、どういう検討をしたか纏めました。

スポンサーリンク

 

斜め加力時の基礎の形を意識しよう。

実はX,Y加力だろうが、斜め加力だろうが本質的な計算は変わりません。ただし!少し計算は複雑になるかもしれませんが。要するに斜め加力にすることで何が変わるのか考えていけば良いです。まず外力。当然変わりますよね。ベクトルの関係でX,Y方向地震力よりも大きくなることは予測がつきます。

では具体的に値はどうするか?僕は、Qv=Qx/1.41+Qy/1.41で算定しました。1.41という数字は√2でも良いですが、要するに斜め方向の力を1と仮定したなら、その1/1.41倍した値の足し合わせが斜め加力Qvになると考えたのです。こうして算定した値は不思議と地震力を1.25倍した値に近くなりました。

次に、抵抗する基礎スラブの形状が変わりますよね。いや、厳密に言うと基礎スラブ自体、変化はありません。しかし、斜め加力ということは、菱形形状で荷重に抵抗します。計算すると分かりますが、長方形の断面係数と菱形の断面係数を比較すると、2割くらい菱形の断面係数は落ちます。ですから、接地圧の値も変化するわけです。

注意したいのは、RC規準のαは使えないということ。あの値は長方形基礎に対する係数で菱形基礎の値ではありません。そのため、σL=N/AとσE=M/Zを算定して地道に収斂計算するしかありません。このときのZはもちろん菱形断面ですよ。σL+σEを計算すると、プラスとマイナスの値がでると思います。しかし直接基礎にマイナスの接地圧はあり得ませんから、部分圧縮となる範囲のみで断面係数Zを求めます。

以上の計算を繰り返してσmaxを算定します。途中、Zの値が菱形から台形になるので計算が面倒になりますが、これしか方法が無いように思います。あ、Autocad使えば断面係数は自動で計算できますよ。

 

加力方向によって基礎形状が変わることを覚えよう

覚えてもらいたいのは、加力方向によって抵抗する基礎形状が変わっていることです。普通にX,Y方向から加力したとき、長方形基礎なら斜め加力なら菱形です。あと、斜め加力だからといって直接基礎の検討内容がガラっと変わるわけではありません。拒否反応を示さずに。

 

塔状建物の参考にしてください

斜め加力が必要になる建物は塔状建物です。超高層を設計する機会はほとんど無いと思うのですが、EV建物なら割と多いですよね。もし斜め加力の検討が必要になったときの参考になればと思います。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 怠け者は、ブログのジャンルを特化すべきだと思う3つの理由
  2. 何度読んでもハマった、池井戸潤のおすすめ小説3つ。
  3. 僕がオーストラリアのパースで見た、緩い働き方
  4. 僕が思う、会社の飲み会に行くと損をする3つの理由
  5. 二級建築士の受験資格について

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    EV棟の設計マニュアル その1

    EV棟の設計を多くやりました。慣れたら簡単。でも既存との関係、転倒の検…

  2. 構造設計に関すること

    カラトラバの美しい建築をみよう。

    フランクゲーリーが『98%の建築はクソだ。』と言ったので糞じゃない建築…

  3. 構造設計に関すること

    管理人がCADを使うとき役に立った機能など

    僕は学生の頃、明確に構造設計の道に進もうと思ったわけではありません。た…

  4. 構造設計に関すること

    震度と計測震度ってどう違うの?

    今日は一般の方や意匠設計者向けの記事ですが、構造にお詳しい方も『へ~』…

  5. 建設業界のこと

    将来、構造設計の仕事は無くなる?人の手より機械の手。

    ごめんなさいね。毎回暗い話が多くて。でもネガティブなのは性分なので。割…

  6. 構造設計に関すること

    安全性の証明は不可能?世間を賑わせている杭の話。

    最近、世間を賑わせている杭の話、一体何が起きたのか調べて整理しました。…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  2. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  3. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  4. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  5. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
PAGE TOP