構造設計に関すること

分かりやすい計算書の作り方について

計算書の構成は何が正しいのでしょうか?働いて4年になりますが、いまだに分かりやすい計算書がつくれません。ちなみに僕の計算書の構成はこんな感じにしています。

1.設計条件

2.二次部材の検討

3.基礎

4.電算出力(柱、梁の検討)

ざっくりと、こうです。設計条件や概要書を一番初めにもってくるのは皆さん同じかと。次に電算出力を持ってくるか?二次部材か?悩むところです。

あと基礎の計算が3番目に来ているのは、自分でもわかりません。先輩の計算書の流れを引用して作ったらこうなりました。基礎は一番最後の計算ですからね。本当は4番目に来るべきでしょう。

スポンサーリンク

 

最初に結果をもってくるのが分かりやすい?

最近、こう思います。RCでルート1の設計なら壁量が満足している結果を最初に添付します。ルート3ならQu/Qunの結果を最初に添付。細かく見たい人は電算出力を見てね、という方針です。最後に結果を出力する一貫計算プログラムは、全部計算書を読まないとわかりにくいですから。

今後は、最初に結果を持ってくる計算書に作り替えようかと思っています。

 

二次部材の検討は躯体の前?後?

小梁やスラブの検討は躯体の前か後?どっちがいいでしょうか。RC造の場合、小梁の大きさも決めないと全体重量が決まりませんよね。鉄骨造は小梁の大きさが小さくないので。そういう意味では、RC造は小梁の計算は躯体よりも前に合った方がわかりやすい。

鉄骨造は後でも構わない、という具合で。

 

分かりやすい計算書の構成。

上記を踏まえて、計算書の構成を書き直しました。どうですか?

1.設計条件

2.計算結果のまとめ

3.二次部材の検討

4.電算出力

5.基礎の検討

電算出力のボリュームが大きいので、基礎の検討を4番にするか悩みました。ま、計算の流れは二次部材⇒躯体⇒基礎なので、これに倣います。

 

わかりやすい計算書=確認の指摘が少ない。

ということですよね。

『荷重がわかりません。』とか、『~は考慮していますか?』とか、そんな指摘は中身がわかりにくいから。恥ずかしいことに僕の計算書は結構、指摘が多い。今後は、これを解消するために分かりやすい計算書の作成を心がけたいですね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 一級建築士受かりたい?じゃあ仕事なんて無視しろ
  2. 建築は自然を壊しているのでは、と言う話
  3. 転職サイトで総合資格のページを読んだら、ダメだしが凄い件
  4. 家は影の下なのになぜ熱いのか?
  5. 大手設計事務所と中堅設計事務所の建築は何が違うのか?

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    3人の構造家と1人の研究者と会った話。

    社会人になりたてのころ、構造家と構造系研究者が集まる会食に参加したこと…

  2. 建築のこと

    地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

    ども、tyazukeです。日本は地震国です。地震によって大きな…

  3. 構造設計に関すること

    ねじり曲げを受ける部材の対処法とねじれ曲げ耐力の算定

    ども、tyazukeです。確認申請や適合性判定で『ねじれません…

  4. 構造設計に関すること

    大きい柱は弱い、小さい柱は強い?

    構造設計をしている方なら、架構を見ただけでどこに力が集まりそうか、大体…

  5. 建設業界のこと

    僕が土木工学科から建築学科へ転科した理由とその後。

    僕は、高専(工業高等専門学校)に通っていましたが、そこには建築学科が無…

  6. 構造設計に関すること

    構造設計の手順について

    構造設計も設計手順があります。設計者1人毎にやり方は違います。でも大ま…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  2. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  3. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  4. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  5. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
PAGE TOP