構造設計に関すること

分かりやすい計算書の作り方について

計算書の構成は何が正しいのでしょうか?働いて4年になりますが、いまだに分かりやすい計算書がつくれません。ちなみに僕の計算書の構成はこんな感じにしています。

1.設計条件

2.二次部材の検討

3.基礎

4.電算出力(柱、梁の検討)

ざっくりと、こうです。設計条件や概要書を一番初めにもってくるのは皆さん同じかと。次に電算出力を持ってくるか?二次部材か?悩むところです。

あと基礎の計算が3番目に来ているのは、自分でもわかりません。先輩の計算書の流れを引用して作ったらこうなりました。基礎は一番最後の計算ですからね。本当は4番目に来るべきでしょう。

スポンサーリンク

 

最初に結果をもってくるのが分かりやすい?

最近、こう思います。RCでルート1の設計なら壁量が満足している結果を最初に添付します。ルート3ならQu/Qunの結果を最初に添付。細かく見たい人は電算出力を見てね、という方針です。最後に結果を出力する一貫計算プログラムは、全部計算書を読まないとわかりにくいですから。

今後は、最初に結果を持ってくる計算書に作り替えようかと思っています。

 

二次部材の検討は躯体の前?後?

小梁やスラブの検討は躯体の前か後?どっちがいいでしょうか。RC造の場合、小梁の大きさも決めないと全体重量が決まりませんよね。鉄骨造は小梁の大きさが小さくないので。そういう意味では、RC造は小梁の計算は躯体よりも前に合った方がわかりやすい。

鉄骨造は後でも構わない、という具合で。

 

分かりやすい計算書の構成。

上記を踏まえて、計算書の構成を書き直しました。どうですか?

1.設計条件

2.計算結果のまとめ

3.二次部材の検討

4.電算出力

5.基礎の検討

電算出力のボリュームが大きいので、基礎の検討を4番にするか悩みました。ま、計算の流れは二次部材⇒躯体⇒基礎なので、これに倣います。

 

わかりやすい計算書=確認の指摘が少ない。

ということですよね。

『荷重がわかりません。』とか、『~は考慮していますか?』とか、そんな指摘は中身がわかりにくいから。恥ずかしいことに僕の計算書は結構、指摘が多い。今後は、これを解消するために分かりやすい計算書の作成を心がけたいですね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【書評】耐震構造の基礎は正真正銘の名著だった。
  2. ご老人のテクノロジーに対する見解に、一言申す。
  3. 【一級建築士】総合資格のテキストを使った感想3つ
  4. 【一級建築士】試験でうっかりミスをなくす正しい対処法
  5. 自分の生き方に満足できていますか?

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    構造計算における定性的な性状を覚えることの重要性

    先日、古いRC規準(1988年版)を読んでいました。耐震壁が回転すると…

  2. 構造設計に関すること

    小梁はX、Y方向の、どちらに架けるほうが有利か?

    ども、tyazukeです。仮定断面を検討するとき、小梁をどちら…

  3. 構造設計に関すること

    杭施工誤差が生じた時の対処法について

    ども、tyazukeです。現場が始まると、色々と変更が生じます…

  4. 構造設計に関すること

    のんびりした性格の人は構造設計やめとけ。

    どんな仕事も適性があります。能力云々よりも性格です。簡単な例で、常に人…

  5. 構造設計に関すること

    中堅設計事務所にいる老害とITリテラシーの話

    建設会社にいる老害の多くは、ITリテラシーが信じられないほど低いのが特…

  6. 建設業界のこと

    構造を知らない役人への説明資料作成という不毛な作業

    確認申請を提出するとき、ほとんどがビューロベリタスやERIなどの民間業…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  2. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  3. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  4. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  5. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
PAGE TOP