未分類

トラス梁の設計で注意する点は何?

学生のときはラーメン構造よりもトラス構造の方が簡単でした。節点法か断面法で軸力を求めて終わりですからね。ラーメン構造は鉛直荷重に対しては固定法、水平荷重はD値法という小難しい計算手段を使わないと解けないので。

で、社会人になってみるとラーメン構造の簡単なこと。もちろん手計算でやるとそれなりに面倒ですが。電算でやれば入力して終わり。継手もSCSSの標準を使えば終了。ほとんど何も考える必要がありません。

スポンサーリンク

 

一方、トラス梁は何が面倒?

電算に入力できない時点で面倒ですよね。任意フレームなり手計算で解かなきゃですから。トラス梁で決める部材は下記の通り。

  • 上下弦材
  • 斜材
  • 束材

1つの梁に対して、3つの部材も決めないとダメなんて。大変です。

 

ざっくり概算はできる。

でもざっくりと概算はできます。電算ではトラス梁が入力できませんから、断面性能を入力した梁として扱うと思います。電算結果を見ると一般梁なので曲げとせん断力が生じていますね。

曲げモーメントは押し引きの連成した応力です。つまり、

  • 曲げモーメント/トラス梁のせい=上下弦材に生じる軸力

で求めることが可能です。ついでにせん断力も分かってますから、節点法で斜材と束材の軸力が算定できます。

 

斜材は有効断面積、束材は座屈長さに注意しよう。

応力を求めるだけでも面倒です。さらに引張力が作用する斜材は部材断面積そのままを使用できませんよ。ガセットプレートと部材芯が偏心していますので、偏心応力を考慮して断面積を控除します。これが有効断面積です。

控除する断面積を小さくするにはボルトを沢山打てばいいです。最低でもボルト本数は3本以上欲しいですね。

束材は座屈長さに注意します。1本材なら弱軸方向の細長比から座屈耐力を算出します。2本を組みわせるとこれは、『つづり材』が必要です。つづり材を考慮した細長比から座屈耐力を求めましょう。鋼構造設計規準の圧縮材の項目に詳しく書いてあります。

 

結論 トラス梁は面倒だなあ・・・。

僕だけですか?

トラス梁の設計は簡単にできないし、図面を描くのも面倒。溶接部やボルトなど接合部の検討も多いですからね。ま、上記の計算は最低限知っておくといいですよ。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. コンペで勝てない事務所に共通する3つのこと
  2. アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?
  3. 地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話
  4. 剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。
  5. 一級建築士の定期講習費用は自己負担?会社が払ってくれないの?

関連記事

  1. 未分類

    建築素人におすすめする、建築物の見方について

    ども、tyazukeです。このブログで何度も言っていますが、僕…

  2. 未分類

    建設現場の救世主?女性職人さんの可能性について

    建設業界は人手不足です。現状でも人手不足なのですが、決定的なのは団塊の…

  3. 未分類

    そで壁柱の曲げ耐力 完全塑性理論について

    鉄骨と違ってRCは分からないことが沢山あります。最近、耐震補強の物件を…

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 二級建築士の試験勉強

    【二級建築士】鉛直荷重に関する問題の解き方
  2. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  3. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  4. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  5. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
PAGE TOP