構造設計に関すること

安全性の証明は不可能?世間を賑わせている杭の話。

最近、世間を賑わせている杭の話、一体何が起きたのか調べて整理しました。

スポンサーリンク

 

そもそも、なぜマンションの傾きが発覚したのか?

マンションは数棟あってそれぞれがエキスパンションで繋がっています。で、住民が棟Aが隣の棟Bよりも、手すりの位置が低いことに住民が気付いたことがきっかけです。

調査すると床面が20mm以上下がっていました。その原因は、杭が支持層に到達していなかったことが要因です。

 

20mm下がれば大問題?

現実20mm下がっていても構造的には問題ないかも。でも一度、問題が発生したら、「問題ないから信用してくれ」という方が無理です。

そもそも構造的に問題ない資料を全て提出しても納得されないでしょう。住民からすれば技術的な話ではなく気持ちの問題だからです。

「大丈夫」と言い切れる根拠を住民に説明するのは苦労します。となると、解決する方法は「金」か「それと同等の物」です。

 

お金か建て替えか?

同等の物とは、マンションの建て替えです。建て替えは技術的には可能です。現在のマンションを壊して杭を抜いて、工事をやり直すだけですから。

問題はお金と時間。解決にはいくつものハードルがありそうですね。

 

等価交換の世の中

ところで世の中、等価交換が真理だなあと思うようになりました。空気を吸えば酸素を消費して二酸化炭素を放出します。得れば失いの連鎖。

RC造のように、密で重い材料の中に住むことで快適性を得る変わりに地震で崩壊すれば「死のリスク」が高まり、今回のように沈下する恐れだってある。

一度、経済競争に乗ったから今後も技術は益々発展します。でも等価交換の真理だけは見逃さずにいたいですね。

モノづくりも、無→有の関係じゃなくて、有⇔有なんですから。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?
  2. 1物件の設計完了に必要な日数は、どう計算すれば良いか?
  3. 今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける
  4. ブログの長続きの秘訣は、思いついたことを書くこと。
  5. 【二級建築士】風圧力、地震力の計算に関する問題

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    擁壁の安定モーメントはどうやって算定する?

    僕のフリーアドレスに日建学院からのメールが入っていました。「構造計算 …

  2. 構造設計に関すること

    杭施工誤差が生じた時の対処法について

    ども、tyazukeです。現場が始まると、色々と変更が生じます…

  3. 構造設計に関すること

    震度と計測震度ってどう違うの?

    今日は一般の方や意匠設計者向けの記事ですが、構造にお詳しい方も『へ~』…

  4. 構造設計に関すること

    増築工事は既存建物の庇に気をつけましょう

    それは僕が3年目の頃でした。当時、EV棟の増築設計を沢山担当しておりま…

  5. 構造設計に関すること

    皆はどうしてる? 横補鋼材のお話。

    保有耐力横補鋼を満足していますか。確認申請や適合性判定で嫌とい…

  6. 構造設計に関すること

    柱脚の保有耐力接合の検討方法について

    『ブレース構造は必ず保有耐力接合にすること』は、ブレース構造を成立させ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  2. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  3. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  4. 労働のこと

    業界人が教える、本当の一級建築士の年収について
  5. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
PAGE TOP