構造設計に関すること

腰壁の剛域はどうしていますか?

普通、剛域の設定は一貫計算プログラムで自動設定していますよね。でも、時には特殊な部分を手入力で設定する必要があります。

その1つが、腰壁です。RC造の多くは壁をスリット切ってるので考えたことが無いかもしれません。でもたまーにあるんですよ。意匠的にスリット切れなくて、やむなく腰壁がつくこと。

今回は、そんな腰壁の剛域設定について紹介します。

スポンサーリンク

 

腰壁ってなんですか?

腰壁は、梁上にとりつく短い壁です。300~1000mmくらいでしょうか。ちなみに梁下にとりつく壁は『垂れ壁』と言います。梁の上下で呼び方が違います。簡単ですね。

 

腰壁があるとなぜ厄介か?

腰壁があるとやっかいなのは、剛域を新たに設定する必要があること。剛域が長くなるんです。剛域は変形しない剛体部分ですから、剛域が長くなることは柱の長さが見かけ上短くなります(可撓長さと言います)。

 

腰壁があるときの剛域の設定方法

剛性とか剛域の類はまだまだ『これだ!』という決まりはありません。ですが、一般的に行われている方法について紹介します。

腰壁の長さ 500

柱断面 500

梁せい 800

腰壁までの剛域=800/2+500-500/4=775

となります。腰壁の天端から柱断面の1/4を引いた値を足しましょう。

 

柱のせん断力が増えているかチェック。

剛域長さを入力したら、柱のせん断力が増えているかチェックします。正しく入力されているなら柱の剛性が上昇しているので、せん断力が集まっています。もし、部材がNGになるなら配筋を見直します。

 

スリット切るのが一番簡単。

構造的にはスリットを切るのが一番簡単です。入力も触らずに計算も簡単に済ませることができます。しかし、意匠の要望で『どうしても』というなら剛域を設定し計算しましょう。

 

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 一級建築士の定期講習費用は自己負担?会社が払ってくれないの?
  2. 二級建築士の受験資格について
  3. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について
  4. 怠け者は、ブログのジャンルを特化すべきだと思う3つの理由
  5. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】初めての建築構造設計

    入社したての頃、右も左も分からない状態で構造設計をしていました。僕が入…

  2. 構造設計に関すること

    数学苦手だった僕が構造設計者になって悩んだこと。

    僕は学生の頃から数学が苦手でした。数式やら公式を誘導するとか、正直わか…

  3. 構造設計に関すること

    杭施工誤差が生じた時の対処法について

    ども、tyazukeです。現場が始まると、色々と変更が生じます…

  4. 構造設計に関すること

    ブラック部長、計算書の構成は事務所で統一しませんか・・・?

    他の事務所がどうしているかわかりませんが、僕のいる事務所では、部長が計…

  5. 構造設計に関すること

    地震にまつわる伝記 第一話 なゐ(い)ゆる国

    1.大鯰と大黒天 震災と復興1885年10月2日、江戸で大地震が発…

  6. 構造設計に関すること

    鉄骨造で注意したい、外壁による鉄骨梁のねじれについて

    ども、tyazukeです。RCに比べて、鉄骨造はねじれの耐性が…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  3. 建築のこと

    【転職募集】建築の知識を活かしてIT業界で働きたい・・・!そんな君を応援したい!…
  4. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  5. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
PAGE TOP