構造設計に関すること

腰壁の剛域はどうしていますか?

普通、剛域の設定は一貫計算プログラムで自動設定していますよね。でも、時には特殊な部分を手入力で設定する必要があります。

その1つが、腰壁です。RC造の多くは壁をスリット切ってるので考えたことが無いかもしれません。でもたまーにあるんですよ。意匠的にスリット切れなくて、やむなく腰壁がつくこと。

今回は、そんな腰壁の剛域設定について紹介します。

スポンサーリンク

 

腰壁ってなんですか?

腰壁は、梁上にとりつく短い壁です。300~1000mmくらいでしょうか。ちなみに梁下にとりつく壁は『垂れ壁』と言います。梁の上下で呼び方が違います。簡単ですね。

 

腰壁があるとなぜ厄介か?

腰壁があるとやっかいなのは、剛域を新たに設定する必要があること。剛域が長くなるんです。剛域は変形しない剛体部分ですから、剛域が長くなることは柱の長さが見かけ上短くなります(可撓長さと言います)。

 

腰壁があるときの剛域の設定方法

剛性とか剛域の類はまだまだ『これだ!』という決まりはありません。ですが、一般的に行われている方法について紹介します。

腰壁の長さ 500

柱断面 500

梁せい 800

腰壁までの剛域=800/2+500-500/4=775

となります。腰壁の天端から柱断面の1/4を引いた値を足しましょう。

 

柱のせん断力が増えているかチェック。

剛域長さを入力したら、柱のせん断力が増えているかチェックします。正しく入力されているなら柱の剛性が上昇しているので、せん断力が集まっています。もし、部材がNGになるなら配筋を見直します。

 

スリット切るのが一番簡単。

構造的にはスリットを切るのが一番簡単です。入力も触らずに計算も簡単に済ませることができます。しかし、意匠の要望で『どうしても』というなら剛域を設定し計算しましょう。

 

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築系ブログを200記事書いたときのPVは?
  2. 信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話
  3. 大手設計事務所と中堅設計事務所の建築は何が違うのか?
  4. 鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法
  5. 有名建築家になるためのメディア戦略について

関連記事

  1. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件

    ども、tyazukeです。構造一級建築士って必要か?、と常々疑…

  2. 構造設計に関すること

    えーーっと。会社員と独立した設計者を比較しないでください。

    ウチの事務所は構造部の規模が小さくて、結構外注を使います。僕の場合、外…

  3. 構造設計に関すること

    柱脚の保有耐力接合の検討方法について

    『ブレース構造は必ず保有耐力接合にすること』は、ブレース構造を成立させ…

  4. 構造設計に関すること

    【RC造の設計】鉄筋の剛性を考慮すると計算の収束が遅くなる件

    RC造の建物は計算が色々と面倒です。僕が最近担当している物件でよく起き…

  5. 構造設計に関すること

    杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?

    ども、tyazukeです。皆さん杭頭補強筋の定着長さをどうやっ…

  6. 構造設計に関すること

    人は何キロの衝撃で死に至るのか?地震と圧死の関係について

    地震で、頭上に物が落下すれば生命の危機です。地震による死亡被害で、溺死…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  2. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  3. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  4. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  5. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
PAGE TOP