構造設計に関すること

腰壁の剛域はどうしていますか?

普通、剛域の設定は一貫計算プログラムで自動設定していますよね。でも、時には特殊な部分を手入力で設定する必要があります。

その1つが、腰壁です。RC造の多くは壁をスリット切ってるので考えたことが無いかもしれません。でもたまーにあるんですよ。意匠的にスリット切れなくて、やむなく腰壁がつくこと。

今回は、そんな腰壁の剛域設定について紹介します。

スポンサーリンク

 

腰壁ってなんですか?

腰壁は、梁上にとりつく短い壁です。300~1000mmくらいでしょうか。ちなみに梁下にとりつく壁は『垂れ壁』と言います。梁の上下で呼び方が違います。簡単ですね。

 

腰壁があるとなぜ厄介か?

腰壁があるとやっかいなのは、剛域を新たに設定する必要があること。剛域が長くなるんです。剛域は変形しない剛体部分ですから、剛域が長くなることは柱の長さが見かけ上短くなります(可撓長さと言います)。

 

腰壁があるときの剛域の設定方法

剛性とか剛域の類はまだまだ『これだ!』という決まりはありません。ですが、一般的に行われている方法について紹介します。

腰壁の長さ 500

柱断面 500

梁せい 800

腰壁までの剛域=800/2+500-500/4=775

となります。腰壁の天端から柱断面の1/4を引いた値を足しましょう。

 

柱のせん断力が増えているかチェック。

剛域長さを入力したら、柱のせん断力が増えているかチェックします。正しく入力されているなら柱の剛性が上昇しているので、せん断力が集まっています。もし、部材がNGになるなら配筋を見直します。

 

スリット切るのが一番簡単。

構造的にはスリットを切るのが一番簡単です。入力も触らずに計算も簡単に済ませることができます。しかし、意匠の要望で『どうしても』というなら剛域を設定し計算しましょう。

 

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 社畜の僕が、毎日でもブログを更新できた4つの秘訣
  2. 24才までに二級建築士を受けるならば、2人に1人は合格可能な件
  3. アマゾンの「Kindle Unlimited」が予想の斜め上を行き過ぎている件
  4. 【書評】本田正信VS石田三成
  5. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について

関連記事

  1. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件

    ども、tyazukeです。構造一級建築士って必要か?、と常々疑…

  2. 構造設計に関すること

    【初心者必見】構造設計でミスした前後ですべき3つのこと

    ども、tyazukeです。どんな仕事でもミスは付き物です。10…

  3. 構造設計に関すること

    基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?

    ども、tyazukeです。基礎の接地圧を計算するとき、e/Lを…

  4. 構造設計に関すること

    鉄骨階段の、ササラの検討方法

    ども、tyazukeです。ササラのように、角度のついた部材はど…

  5. 構造設計に関すること

    武藤清の力学本は読み応えがあって良いですね。

    昔の力学本は読み応えがあってとても良いです。もちろん、過去の本…

  6. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選

    ども、tyazukeです。これまで僕が読んできた構造力学の本。…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  2. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  3. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  4. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  5. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
PAGE TOP