構造設計に関すること

腰壁の剛域はどうしていますか?

普通、剛域の設定は一貫計算プログラムで自動設定していますよね。でも、時には特殊な部分を手入力で設定する必要があります。

その1つが、腰壁です。RC造の多くは壁をスリット切ってるので考えたことが無いかもしれません。でもたまーにあるんですよ。意匠的にスリット切れなくて、やむなく腰壁がつくこと。

今回は、そんな腰壁の剛域設定について紹介します。

スポンサーリンク

 

腰壁ってなんですか?

腰壁は、梁上にとりつく短い壁です。300~1000mmくらいでしょうか。ちなみに梁下にとりつく壁は『垂れ壁』と言います。梁の上下で呼び方が違います。簡単ですね。

 

腰壁があるとなぜ厄介か?

腰壁があるとやっかいなのは、剛域を新たに設定する必要があること。剛域が長くなるんです。剛域は変形しない剛体部分ですから、剛域が長くなることは柱の長さが見かけ上短くなります(可撓長さと言います)。

 

腰壁があるときの剛域の設定方法

剛性とか剛域の類はまだまだ『これだ!』という決まりはありません。ですが、一般的に行われている方法について紹介します。

腰壁の長さ 500

柱断面 500

梁せい 800

腰壁までの剛域=800/2+500-500/4=775

となります。腰壁の天端から柱断面の1/4を引いた値を足しましょう。

 

柱のせん断力が増えているかチェック。

剛域長さを入力したら、柱のせん断力が増えているかチェックします。正しく入力されているなら柱の剛性が上昇しているので、せん断力が集まっています。もし、部材がNGになるなら配筋を見直します。

 

スリット切るのが一番簡単。

構造的にはスリットを切るのが一番簡単です。入力も触らずに計算も簡単に済ませることができます。しかし、意匠の要望で『どうしても』というなら剛域を設定し計算しましょう。

 

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。
  2. 建築は自然を壊しているのでは、と言う話
  3. ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話
  4. 2年間総合資格に通った結果、100万円無駄にした話
  5. 建築家の事務所へインターンに行き、何を学び何をしたのか書く。

関連記事

  1. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士の定期講習費用はいくら?どの機関が開催しているの?

    ども、tyazukeです。一級建築士と構造一級建築士、2つの資…

  2. 構造設計に関すること

    増打ちによる水勾配があるスラブの、固定荷重の考え方について

    例えば屋根、1階の床は集水する目的で水勾配をつけます。構造設計の実務を…

  3. 構造設計に関すること

    【技術大国の崩壊】構造設計者の倫理観 その2 東洋ゴムの件

    以前、『構造設計者の倫理観』というタイトルで記事を書きました。その数日…

  4. 構造設計に関すること

    数回の地震に耐える建築物の設計とは?

    熊本地震が起きて構造設計者が感じたこと。それは、『今後は数回の地震に耐…

  5. 本の紹介

    直感で構造設計を理解する方法とは?

    構造設計を長年続けると「直感」が身につく。ぱっと図面や建物を見…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  2. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  4. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  5. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
PAGE TOP