構造設計に関すること

柱脚の保有耐力接合の検討方法について

『ブレース構造は必ず保有耐力接合にすること』は、ブレース構造を成立させる基本ですね。僕はこれまで100㎡に満たない小屋をブレース構造で設計して以来、初めてしっかりしたブレース構造(ブレース材が丸鋼以外のもの)を設計しました。で、先輩から注意されて追加計算したものが、ブレースが取りつく『柱脚』の保有耐力接合です。

黄色本にも計算方法が書いていなかったので、柱脚の保有耐力接合の検討方法について纏めてみました。

スポンサーリンク

 

どうやって保有耐力接合を確認するか?

保有耐力接合の検討方法は、黄色本にも書いてある通りで結構わかりやすく纏められています。絵に記号や寸法が描いてあるので計算式に当てはめていくだけの計算ですね。一方、ブレースを柱脚に取り付ける場合、ブレースの母材耐力以上に柱脚耐力をもたせる検討方法は明記がありません。

ではどうするか?

答えは意外と簡単でした。ブレースの母材耐力以上にするためには、母材耐力を作用力として柱脚を設計してやればいいんです。ブレースの母材耐力Ny=σy×Aですから、これを軸力と考えます。

ブレースは斜め方向の力なので、柱脚に対しては鉛直と水平方向成分の力に分解可能です。要は、引抜き力とせん断力に分解できます。あとは、アンカーボルト1本当たりの強度に対して検定比1.00以下に抑えます。

また、アンカーボルトはもちろんベースプレートやコーン状破壊等、検討項目をつぶしていきます。このとき、検討用の外力は先ほど算定した母材耐力を成分で分解した値を使ってください。

 

母材耐力を作用力にして、鉛直、水平に成分分解しよう!

柱脚を母材耐力以上にする計算のコツは、母材耐力を作用力にして鉛直、水平力に成分分解することです。
成分分解できたなら、アンカーボルトのせん断、引っ張り強度に対して検定比を組み合わせて1.00以下になることを確認しましょう。

 

ブレース構造よりラーメン構造がおすすめ。

計算すると、ラーメン構造で必要なボルト本数よりも遥かに多くなります。ですから、柱型の納まりも合わせてチェックしておきたいですね。

ブレース構造は、図面描くのも面倒だし電算内で済まない計算項目も多いので嫌いです。変形を抑えたい理由などない限りラーメン構造の方が設計も楽だし、工事も楽だと思います。

意匠的にも、空間を広く使えて開口を気にしなくてもいいラーメン構造がおすすめですね。逆に、部材コストを極力落としたいときや、開口位置はどこでもいい建物なんかはブレース構造もありかなあと思います(倉庫、工場など)。

ブレース構造を担当するとき、検討の参考になればと思います。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について
  2. 総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件
  3. 【一級建築士】試験でうっかりミスをなくす正しい対処法
  4. 社会人がお金を使わずに、1日を満足に過ごす思考法
  5. サルでもわかる、建設と建築の根本的な違いについて

関連記事

  1. 建築のこと

    屋根に折板を使うときの注意点3つ。

    ども、tyazukeです。鉄骨造の小さな建物だと、屋根に折板を…

  2. 構造設計に関すること

    溶融亜鉛メッキ高力ボルト大臣認定品とする件

    ども、tyazukeです。1年間に1回は謎の独立庇を設計するこ…

  3. 構造設計に関すること

    EV棟の設計マニュアル その3

    EV棟は細長くて高い建物です。このような形だと地震時の反力が大きくなり…

  4. 建設業界のこと

    【逮捕】建築士の『注意力不足』は犯罪です。【嫌だ】

    建築士の皆さんお元気でしょうか?年末に近づいてきまして、嫌でも忙しくな…

  5. 構造設計に関すること

    ブラック部長、計算書の構成は事務所で統一しませんか・・・?

    他の事務所がどうしているかわかりませんが、僕のいる事務所では、部長が計…

  6. ブログ運営

    1物件の設計完了に必要な日数は、どう計算すれば良いか?

    ども、tyazukeです。入社して間もない頃は、業務を遂行する…

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  2. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  3. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  4. 労働のこと

    業界人が教える、本当の一級建築士の年収について
  5. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
PAGE TOP