構造設計に関すること

Autocadで変断面の断面係数を求める方法

ども、tyazukeです。

変断面の断面係数を求めるとき、どう計算しますか。なんとなく四角形に置き換えて計算するか、手計算で頑張って積分ですか?

その無駄な時間止めましょう。

なぜならAutocadで変断面の断面係数を算定できるからです。今回は、Autocadで変断面の断面係数を算定する方法を紹介します。

他にもAutocadには、便利なコマンド機能が沢山あります。今回紹介しきれませんが、下記の本が参考になります。

AutoCADを200%使いこなす本[2017対応] (エクスナレッジムック)

スポンサーリンク

 

例えば三角形の断面係数は?

まず断面係数はI/yで算定できます。Iは断面二次モーメントで、yは中立軸から圧縮又は引張端までの距離です。

これを踏まえた上で、三角形と四角形の断面二次モーメントを考えます。すると大きな違いに気が付きませんか?四角形は幅が一定なので、bや定数で表現できます。一方、三角形は定数でなく一次関数です。

 

元々、断面二次モーメントの式はy^2のように、変数の二乗に対して積分をしました。しかし、三角形ではさらに一次関数を掛けるので三乗に対して積分したり、項が1つ増えます。

三角形なら、まだ解けます。でも変断面の台形になると、式が複雑になってきて実務で解けるレベルじゃなくなってきます。

 

Autocadなら、どんな形でも解ける。

どんな変断面でもAutocadなら解けます。使う機能は、region(リージョン)とMussprop(マウスプロパティ)です。この機能の使い方と、図芯位置の求め方は下記事で紹介していますので、こちらもどうぞ。

断面係数を求めるなら、図芯位置の算定は必須ですからね。下記の記事で詳細に説明しています。あわせて参考にしてください。

Autocadで変断面の重心位置を求める方法

 

さて、断面係数を求めたい変断面の形を作ります。このとき注意したいのが、AutocadのX,Y軸です。

Autocadは画面を見たまま右がXの正方向、上がYの正方向です。ですから、加力方向に対して抵抗する形を描きます。

 

次に、コマンドの『region』を入力し、変断面の線分をクリックして選択します。で、エンターキーを押すと、変断面の図形が1つの線分になりました。要は、regionを使うことで、『図形が認識された』ということです。

 

次に、MASSPROPのコマンドを入力します。先ほどつくった変断面図形をクリックしてエンターキー。すると、面積、図面、主慣性モーメントという値がでてきます。

まずは図心のX,Yを入力して、図形のどこに図心があるか確認しましょう。この図芯位置から、圧縮・引張までの先端距離を測ります。後は、主慣性モーメント/yを計算することで断面係数が算定されました。

 

どんな形でも算定できるが、軸に注意しよう。

Autocadを使えばどんな形でも断面係数が算定できます。注意したいのは、Autocadの軸を求めたい形の軸回りを一致させることです。

例えば、菱型の断面係数を算定したいのに、Autocad上に長方形のまま断面を描いては意味がありません。

必ず、Autocadの軸に対して変断面の形を合わせるようにしましょう。

 

まとめ

積分計算のように、簡単ですが面倒な計算は続ければ終わります。でも時間がもったいないですよね。そういった計算は、ぜひAutocadに頼って計算しましょう。

コマンドで、region⇒MASSPROP。これが鉄則ですよ。

 

僕は普段Autocadを使っていて、コマンドをそれなりに覚えているのですが・・・。この本を読んで驚きました。まだまだまだ、使っていない便利なコマンドがあるのだな、と。

文字通りAutocadを使いこなしてスキルアップしたい人、就職先や転職先でAutocadを使うなら参考になる本ですよ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. ご老人のテクノロジーに対する見解に、一言申す。
  2. 未来の建築は、お金持ちだけに与えられる
  3. 建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。
  4. 【一級建築士】テクニックだけで選択肢を減らす方法を考えてみた【構造】
  5. クレーンの衝撃力を設定する基礎項目について

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    RC造の使用性と損傷制御性と安全性について

    ども、tyazukeです。RC規準書の1章ってあまり読んだこと…

  2. 構造設計に関すること

    溶融亜鉛メッキ高力ボルト大臣認定品とする件

    ども、tyazukeです。1年間に1回は謎の独立庇を設計するこ…

  3. 本の紹介

    直感で構造設計を理解する方法とは?

    構造設計を長年続けると「直感」が身につく。ぱっと図面や建物を見…

  4. 構造設計に関すること

    柱脚の保有耐力接合の検討方法について

    『ブレース構造は必ず保有耐力接合にすること』は、ブレース構造を成立させ…

  5. 構造設計に関すること

    支点の考え方と力の流れ方について。

    『支点』が学校の授業で軽く扱われています。今、授業を思い返してみてなん…

  6. 構造設計に関すること

    構造設計者に必要な3つのセンスとは?

    下手でも構造屋さんをやっていれば、何か感覚のようなものが身に付いてきま…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  2. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  3. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  4. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  5. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
PAGE TOP