構造設計の話

最終更新日: 2017.09.23

鉄骨小梁の計算スパンとリブプレートを入れる理由

鉄骨小梁を計算するときに、スパンはどのように考えていますか?普通にやるなら柱芯間距離。構造芯で押さえますよね。

スポンサーリンク

 

でも実際の支点はボルト芯では?

でも、梁はガセットプレートと梁のウェブが高力ボルトで接合されています。つまり支点はボルト芯になるはず。

ただし、ボルト芯間距離をスパンと考えるならボルト芯~梁芯までの距離e分の曲げモーメントが発生しないでしょうか。

この曲げはガセットプレートで持つことを確認します。

さらに、梁断面とガセットとのモデル化をしてみると、ボルト芯から梁芯までの曲げ応力はガセットへ伝達され、梁のウェブへ伝える必要がある。

と思います。

 

小梁を付けるときはリブプレートをつけよう。

ウェブへ伝えることが出来れば、フランジには自然と伝えられるでしょう。このため小梁を接合する大梁には、相手側に必ずガセットプレートを入れます(多分、この理由であっているはず)。

モデル化で柱芯間距離を小梁のスパンと考えれば安全側です。しかし、リブプレートは必ず入れましょう。上記の対策もありますし。

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 一級建築士合格者が語る、「合格後の変化」
  2. 設計事務所が生き残るセルフブランディングの重要性と、プロ級HPをつくる方法
  3. 図面の縮尺がわからない?縮尺が合わない図面の三角スケールの使い方
  4. 一級建築士に受からない?僕が実践した合格するためのマインド3つ
  5. 【厳選】設計を辞める人におすすめの前職を活かす転職先5つと、僕がおすすめする転職…

関連記事

  1. 構造設計の話

    構造設計の手順について

    構造設計も設計手順があります。設計者1人毎にやり方は違います。でも大ま…

  2. 構造設計の話

    直感で構造設計を理解する方法とは?

    構造設計を長年続けると「直感」が身につく。ぱっと図面や建物を見…

  3. 構造設計の話

    ラーメン構造は必ず梁降伏にすべきなの?

    久々の更新で、今日はこんなテーマについて。先輩から、ラーメン構造は必ず…

  4. 構造設計の話

    アルミ造のカーポート、渡り廊下など・・・確認申請で構造図書の提出が必要

    ある物件の確認にて。アルミ造のカーポート(車止め)が計画されていました…

  5. 構造設計の話

    剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。

    ども、tyazukeです。剛度増大率とは、元々部材が持っている…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計の話

    直感で構造設計を理解する方法とは?
  2. 建築屋さんの転職

    上司を変えるには?僕が実践した1つの方法、その後の職場環境
  3. 建築業界の分析

    構造設計者が独立したら、何棟設計すれば食えるのか?
  4. 構造設計の話

    ぎっくり腰になった先輩が教えてくれた、正しい椅子の座り方2つ
  5. 構造設計の話

    溶融亜鉛メッキ高力ボルト大臣認定品とする件
PAGE TOP