構造設計に関すること

3人の構造家と1人の研究者と会った話。

社会人になりたてのころ、構造家と構造系研究者が集まる会食に参加したことがあります。なぜ、自分がそんな高尚な場に呼ばれたのか、と言えば大学院時代の先生が数合わせに呼んでくれたのです。

その会食は、それは凄まじいメンツが揃っておりまして、佐々木睦朗氏、今川憲英氏、佐藤淳氏、など等。研究者で言えば、大森博司氏など等。

規準書や雑誌に出てくる人ばかりです。

で、この会食では席が決められていて、訳も分からず自分のテーブルに着きました。

なんとそこのテーブルには・・・

佐々木睦朗氏、今川憲英氏が並んで目の前にいるではありませんか!

 

佐々木さんはハットを被って登場され、佇んでおられます。その隣の今川氏と談笑しておられました。僕を始め、そのテーブルにいた研究者の方々も戦々恐々というか縮こまっているというか、覇気で抑えつけられたかのような雰囲気でした。

会食が始まると早速名刺交換の嵐、「あなたは何をやっているのか?」、「私はこんな研究を」とか構造の話題は尽きません。一方、僕は1年目のペーペーですから、話題に入れず・・・。結局、この二人とは話すことも目を合わすこともありませんでした。

ただ、二人の話は少し聞いておりまして、「最近の研究はどうのこうの・・・注目している構造は・・・コソコソ・・・」話しています。たまに、「柱脚の研究?何でそんなツマランことをやっているのだ」と佐々木さんの声を聴いたり。

今となっては貴重な体験でした。

 

会食も進み、皆さん席を移動します。僕も同じテーブルは何なので、別のテーブルに行くとそこには佐藤淳さんが!

またこの人も、怒気というか覇気を纏っておられて、近寄りがたい。でも案外見た目は、近所のオジサンって感じでしたけどね。

で、佐藤淳さんが右手にいるとすれば、その手前には大森博司先生が!とても優しそうな好々爺と言った感じで、名刺交換をさせていただきました(僕の名刺など、ゴミ箱ポイでしょうが・・・)。

 

中々、貴重な体験でした。皆さん「構造」に燃えていて、僕も感化されたような・・・。そんな懐かしい思い出です。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?
  2. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。
  3. 【一級建築士】総合資格のテキストを使った感想3つ
  4. 【書評】耐震構造の基礎は正真正銘の名著だった。
  5. 一級建築士合格者が語る、「合格後の変化」

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    数学苦手だった僕が構造設計者になって悩んだこと。

    僕は学生の頃から数学が苦手でした。数式やら公式を誘導するとか、正直わか…

  2. 構造設計に関すること

    下階ブレース無し構造は逆せん断に気をつけよう。

    ども、tyazukeです。逆せん断って嫌ですよねぇ。ちょっと得…

  3. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選

    ども、tyazukeです。これまで僕が読んできた構造力学の本。…

  4. 建設業界のこと

    構造を知らない役人への説明資料作成という不毛な作業

    確認申請を提出するとき、ほとんどがビューロベリタスやERIなどの民間業…

  5. 構造設計に関すること

    ねじり曲げを受ける部材の対処法とねじれ曲げ耐力の算定

    ども、tyazukeです。確認申請や適合性判定で『ねじれません…

  6. 構造設計に関すること

    構造計算における定性的な性状を覚えることの重要性

    先日、古いRC規準(1988年版)を読んでいました。耐震壁が回転すると…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  3. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  4. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  5. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
PAGE TOP