構造設計に関すること

3人の構造家と1人の研究者と会った話。

社会人になりたてのころ、構造家と構造系研究者が集まる会食に参加したことがあります。なぜ、自分がそんな高尚な場に呼ばれたのか、と言えば大学院時代の先生が数合わせに呼んでくれたのです。

その会食は、それは凄まじいメンツが揃っておりまして、佐々木睦朗氏、今川憲英氏、佐藤淳氏、など等。研究者で言えば、大森博司氏など等。

規準書や雑誌に出てくる人ばかりです。

で、この会食では席が決められていて、訳も分からず自分のテーブルに着きました。

なんとそこのテーブルには・・・

佐々木睦朗氏、今川憲英氏が並んで目の前にいるではありませんか!

 

佐々木さんはハットを被って登場され、佇んでおられます。その隣の今川氏と談笑しておられました。僕を始め、そのテーブルにいた研究者の方々も戦々恐々というか縮こまっているというか、覇気で抑えつけられたかのような雰囲気でした。

会食が始まると早速名刺交換の嵐、「あなたは何をやっているのか?」、「私はこんな研究を」とか構造の話題は尽きません。一方、僕は1年目のペーペーですから、話題に入れず・・・。結局、この二人とは話すことも目を合わすこともありませんでした。

ただ、二人の話は少し聞いておりまして、「最近の研究はどうのこうの・・・注目している構造は・・・コソコソ・・・」話しています。たまに、「柱脚の研究?何でそんなツマランことをやっているのだ」と佐々木さんの声を聴いたり。

今となっては貴重な体験でした。

 

会食も進み、皆さん席を移動します。僕も同じテーブルは何なので、別のテーブルに行くとそこには佐藤淳さんが!

またこの人も、怒気というか覇気を纏っておられて、近寄りがたい。でも案外見た目は、近所のオジサンって感じでしたけどね。

で、佐藤淳さんが右手にいるとすれば、その手前には大森博司先生が!とても優しそうな好々爺と言った感じで、名刺交換をさせていただきました(僕の名刺など、ゴミ箱ポイでしょうが・・・)。

 

中々、貴重な体験でした。皆さん「構造」に燃えていて、僕も感化されたような・・・。そんな懐かしい思い出です。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築家の事務所へインターンに行き、何を学び何をしたのか書く。
  2. 一級建築士合格者が語る、「合格後の変化」
  3. 露出柱脚のキレイな納め方のコツ。
  4. 【書評】本田正信VS石田三成
  5. 総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    地震にまつわる伝記 第一話 なゐ(い)ゆる国

    1.大鯰と大黒天 震災と復興1885年10月2日、江戸で大地震が発…

  2. 管理人のこと

    『美麗なるロットネス島と竹富島』。美景や動物をみて癒されましょう。

    数年前、オーストラリアのパースへ行きました(現地に住む友人へ会いに)。…

  3. 構造設計に関すること

    概算で行う 壁式構造の計算について

    壁式構造の設計したことありますか?皆さんもあんまり経験がないと思います…

  4. 構造設計に関すること

    基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?

    ども、tyazukeです。基礎の接地圧を計算するとき、e/Lを…

  5. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の重心位置を求める方法

    ども、tyazukeです。ある日、意匠設計部の上司から頼まれま…

  6. 構造設計に関すること

    増打ちによる水勾配があるスラブの、固定荷重の考え方について

    例えば屋根、1階の床は集水する目的で水勾配をつけます。構造設計の実務を…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  2. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  3. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  4. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  5. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
PAGE TOP