構造設計に関すること

3人の構造家と1人の研究者と会った話。

社会人になりたてのころ、構造家と構造系研究者が集まる会食に参加したことがあります。なぜ、自分がそんな高尚な場に呼ばれたのか、と言えば大学院時代の先生が数合わせに呼んでくれたのです。

その会食は、それは凄まじいメンツが揃っておりまして、佐々木睦朗氏、今川憲英氏、佐藤淳氏、など等。研究者で言えば、大森博司氏など等。

規準書や雑誌に出てくる人ばかりです。

で、この会食では席が決められていて、訳も分からず自分のテーブルに着きました。

なんとそこのテーブルには・・・

佐々木睦朗氏、今川憲英氏が並んで目の前にいるではありませんか!

 

佐々木さんはハットを被って登場され、佇んでおられます。その隣の今川氏と談笑しておられました。僕を始め、そのテーブルにいた研究者の方々も戦々恐々というか縮こまっているというか、覇気で抑えつけられたかのような雰囲気でした。

会食が始まると早速名刺交換の嵐、「あなたは何をやっているのか?」、「私はこんな研究を」とか構造の話題は尽きません。一方、僕は1年目のペーペーですから、話題に入れず・・・。結局、この二人とは話すことも目を合わすこともありませんでした。

ただ、二人の話は少し聞いておりまして、「最近の研究はどうのこうの・・・注目している構造は・・・コソコソ・・・」話しています。たまに、「柱脚の研究?何でそんなツマランことをやっているのだ」と佐々木さんの声を聴いたり。

今となっては貴重な体験でした。

 

会食も進み、皆さん席を移動します。僕も同じテーブルは何なので、別のテーブルに行くとそこには佐藤淳さんが!

またこの人も、怒気というか覇気を纏っておられて、近寄りがたい。でも案外見た目は、近所のオジサンって感じでしたけどね。

で、佐藤淳さんが右手にいるとすれば、その手前には大森博司先生が!とても優しそうな好々爺と言った感じで、名刺交換をさせていただきました(僕の名刺など、ゴミ箱ポイでしょうが・・・)。

 

中々、貴重な体験でした。皆さん「構造」に燃えていて、僕も感化されたような・・・。そんな懐かしい思い出です。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?
  2. 杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?
  3. 会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは
  4. ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話
  5. 1物件の設計完了に必要な日数は、どう計算すれば良いか?

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について

    ども、tyazukeです。弱軸回りに荷重を受ける部材ってありま…

  2. 管理人のこと

    大学院を卒業した僕が、高卒ブラック部長から怒られたことを纏めた。

    大事な新卒カードを使って入社した先が、中小組織設計事務所だったことに心…

  3. ブログ運営

    【祝】200記事。これまでの記事を振り返ってみよう。

    運営して1年。重い腰を上げて本格的にブログを始めて2カ月ほど。ついに記…

  4. 構造設計に関すること

    この世から、構造設計者だけが無くなった世界。

    事務所で数字を眺めていると、ふと、思うことがあります。この世から、構造…

  5. 建築のこと

    メーカー5社の、既製柱脚の性能の違いを比較してみた

    ども、tyazukeです。鉄骨造で一番既製品が使われる箇所の1…

  6. 管理人のこと

    本は目的を持って読むと効果が表れる件

    図書館へ行き、気に入った本を手に取る。(中々、面白そうだ)…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  2. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  3. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  4. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  5. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
PAGE TOP