構造設計に関すること

天秤になる部材は気を付けよう。

最近読んだ本の紹介ばかりしていますが・・・。もちろん毎日構造設計もしています。基本的にこのブログは仕事で起きたこと、不満に思うこと、新しく勉強できたことを書いていまして。

この数週間、何も起こらなかったのは喜ぶべきか、悲しむべきか。

で、先日起きたことをちょっと紹介。皆さんも気を付けた方が良いことかも。

一見、なんてことは無い「天秤」になる部材。僕は危うく部材選定を誤るところでした。天秤になる部材とは、片持ち部材のように出寸法があって、その曲げを処理するため2つのピン支点で受ける形式のもの。

絵で示すと分かりやすいですが、改めて紹介するまでもありませんね。

スポンサーリンク

 

外力よりも大きくなる反力に注意しよう。

例えば、天秤になる梁は、真ん中の支点には外力よりも大きな反力が作用します。例えば、下記の条件をみてください。

  • 片持ち寸法=2.0m
  • 天秤部分の支点間距離=0.5m
  • 片持ち先端に作用する集中荷重=5kN

このとき、片持ち梁の検討はM=2.0×5.0=10kNmで確認すればOK。次に反力です。真ん中の支点に着目すると、その反力は10/0.35+5=34kNくらい発生しています。実に外力の7倍。

注意したいのは、この反力を受ける部材です。例えば、片持ちスラブを鉄骨部材でうけます。このとき、スラブを先端で受けられなくて、スラブ先端から控えた位置に鉄骨梁を配置します。この鉄骨梁が、上記で説明した「大きな反力」を受ける部材になるのです。

スラブ先端で受ければ問題にならないのに、先端から控えると途端に大きなメンバーになる。

天秤部材には気を付けよう、と思いました。いわゆる「逆せん断」が発生する部材です。逆せん断による増加応力は気づきにくいですし、「ウッカリ」しやすいもの。

もう1つ例を挙げると根巻き柱脚なんかもそうですね。

「なんか普段と違うなぁ」と思ったら徹底的に調べる方が吉。僕の場合、上司が見つけてくれましたが。なんか変だなと感じたら、やっぱりそこは計算するとNGになったり説明しにくい部分だったり。

繰り返しになりますが、注意したいものです。

それでは。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話
  2. 杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?
  3. 建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。
  4. アマゾンの「Kindle Unlimited」が予想の斜め上を行き過ぎている件
  5. 未来の建築は、お金持ちだけに与えられる

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    人は何キロの衝撃で死に至るのか?地震と圧死の関係について

    地震で、頭上に物が落下すれば生命の危機です。地震による死亡被害で、溺死…

  2. 構造設計に関すること

    鉄骨造で注意したい、外壁による鉄骨梁のねじれについて

    ども、tyazukeです。RCに比べて、鉄骨造はねじれの耐性が…

  3. 建設業界のこと

    僕が土木工学科から建築学科へ転科した理由とその後。

    僕は、高専(工業高等専門学校)に通っていましたが、そこには建築学科が無…

  4. 建設業界のこと

    未来の働き方をするために、設計者が変わっていくこと。

    このブログで『設計職』は生産性の最底辺にある仕事だと説明しました↓…

  5. 構造設計に関すること

    許容曲げ応力度を算定する2式で、値はどれくらい違うか?

    許容曲げ応力度を算定するとき、fb=89000/(lb×h/Af)と、…

  6. 構造設計に関すること

    鉄骨梁上の床スラブにおける有効幅の勘所

    鉄骨造の建物では、床にRCを用いることが一般的です。室内環境や、床剛性…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  2. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  3. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  4. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  5. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
PAGE TOP