構造設計に関すること

天秤になる部材は気を付けよう。

最近読んだ本の紹介ばかりしていますが・・・。もちろん毎日構造設計もしています。基本的にこのブログは仕事で起きたこと、不満に思うこと、新しく勉強できたことを書いていまして。

この数週間、何も起こらなかったのは喜ぶべきか、悲しむべきか。

で、先日起きたことをちょっと紹介。皆さんも気を付けた方が良いことかも。

一見、なんてことは無い「天秤」になる部材。僕は危うく部材選定を誤るところでした。天秤になる部材とは、片持ち部材のように出寸法があって、その曲げを処理するため2つのピン支点で受ける形式のもの。

絵で示すと分かりやすいですが、改めて紹介するまでもありませんね。

スポンサーリンク

 

外力よりも大きくなる反力に注意しよう。

例えば、天秤になる梁は、真ん中の支点には外力よりも大きな反力が作用します。例えば、下記の条件をみてください。

  • 片持ち寸法=2.0m
  • 天秤部分の支点間距離=0.5m
  • 片持ち先端に作用する集中荷重=5kN

このとき、片持ち梁の検討はM=2.0×5.0=10kNmで確認すればOK。次に反力です。真ん中の支点に着目すると、その反力は10/0.35+5=34kNくらい発生しています。実に外力の7倍。

注意したいのは、この反力を受ける部材です。例えば、片持ちスラブを鉄骨部材でうけます。このとき、スラブを先端で受けられなくて、スラブ先端から控えた位置に鉄骨梁を配置します。この鉄骨梁が、上記で説明した「大きな反力」を受ける部材になるのです。

スラブ先端で受ければ問題にならないのに、先端から控えると途端に大きなメンバーになる。

天秤部材には気を付けよう、と思いました。いわゆる「逆せん断」が発生する部材です。逆せん断による増加応力は気づきにくいですし、「ウッカリ」しやすいもの。

もう1つ例を挙げると根巻き柱脚なんかもそうですね。

「なんか普段と違うなぁ」と思ったら徹底的に調べる方が吉。僕の場合、上司が見つけてくれましたが。なんか変だなと感じたら、やっぱりそこは計算するとNGになったり説明しにくい部分だったり。

繰り返しになりますが、注意したいものです。

それでは。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?
  2. 不静定次数を計算して、不安定、静定・不静定を判別する方法
  3. 土木はダサい、建築はカッコいいはなぜか?
  4. 怠け者は、ブログのジャンルを特化すべきだと思う3つの理由
  5. 社畜の僕が、毎日でもブログを更新できた4つの秘訣

関連記事

  1. 労働のこと

    10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた

    ども、tyazukeです。設計職はクリエイティブな仕事だと、僕…

  2. 構造設計に関すること

    鉄骨小梁のスパンと応力度の関係の勘所。

    RC小梁に比べて鉄骨小梁は部材選定に慎重になる必要があります。なぜなら…

  3. 建築のこと

    建築屋さんが覚えるべき最低限の構造計画3つ

    ども、tyazukeです。意匠屋さんで、図面を描くときにRC壁…

  4. 構造設計に関すること

    RC造ルート1の設計はAw=0の場合、適用できないから気をつけましょう

    1年目。入社して1ヶ月経った頃、隣の先輩にポイと図面を渡されました。「…

  5. 構造設計に関すること

    構造計算における定性的な性状を覚えることの重要性

    先日、古いRC規準(1988年版)を読んでいました。耐震壁が回転すると…

  6. 構造設計に関すること

    基礎が回転する耐震壁のD値の考え方について

    普通、建物の基礎は固定で計算します。ここで言う固定は「固定端」のように…

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  2. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった、一級建築士の合格率と難易度の推移
  3. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  4. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  5. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
PAGE TOP