構造設計に関すること

【技術大国の崩壊】構造設計者の倫理観 その2 東洋ゴムの件

以前、『構造設計者の倫理観』というタイトルで記事を書きました。その数日後、エンジニアの倫理観が問われた事件が起きたのです。

事件が起こる前、僕はこのように書きました。『エンジニアの倫理観は薄氷の上に成り立っている。』

スポンサーリンク

 

起きてしまった偽装事件

そして現実に起きてしまった東洋ゴムの免震ゴム偽装事件です。東日本大震災の月日から2日後の発表だけに、世間の人々にも強烈な印象を与えたでしょう。

 

大臣認定品の偽装とは?

今回は『大臣認定品』が偽装されました。大臣認定品とは簡単に言えば国土交通大臣のお墨付きの製品です。

建築基準法で網羅できていない新技術や構造方法は大臣認定を取得します。取得すれば、建築設計で用いることが可能です。

大臣がお墨付きを出した製品が偽装されたわけですから国交省も怒り狂っています。予想通り、国交省は免震ゴムの大臣認定品を取消しました。

つまり、東洋ゴムの免震装置を使用している建物は違法建築に変わったのです。

国交省では、「大臣認定不適合や大臣認定不正取得は、国民の不信・不安を高めることにつながり、断じてあってはならない」と判断。既に大臣認定を受けている全ての免震ゴムについて調査を実施する。

とのことです。

 

違法⇒適法建築物にするためには?

手段は2つです。

1.現状の免震ゴムの性能で建物が安全であることを証明する

2.再び大臣認定を取り直して、免震ゴムを取り換える。

恐らく取り替え工事となるでしょう。

 

東洋ゴムは何を偽装したのか?

簡単に言います。東洋ゴム側が数値を誤魔化して審査側を騙した。

審査する側がいとも簡単に騙されたと思いますが高度な計算になるほど中身が見えづらい。審査期間を長くかけることはできません。そのため審査側も細かい中身の数字までチェックしていません。

せいぜい計算のコンセプトや、考え方、ざっと数字を当たってチェック終了です。

 

倫理観について。僕の単純な疑問。

『エンジニアの倫理観はどうやって磨けばよいか?』ということ。

東洋ゴム事件に関しては、『製品の納期』が担当者の技術者倫理を壊しました。仕事の納期が倫理観を脅かすという事例は珍しくない話です。

だから今回の事件も『そりゃ起きるよな』と内心思っているはずです。

国が取り組みことは東洋ゴムを罰するだけではありません。『技術者倫理を組織的に実施できるような組織環境を創ること』だと思います。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 日建学院の合格実績88.2%は色々誤魔化してるから気を付けような
  2. 会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは
  3. 信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話
  4. 今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける
  5. アマゾンの「Kindle Unlimited」が予想の斜め上を行き過ぎている件

関連記事

  1. 建設業界のこと

    印象最悪! 兵庫県住宅建築総合センターへ行ってきた。

    僕は、設計した物件の半分以上が関西圏の建物で、なぜか兵庫県の物件に多く…

  2. 構造設計に関すること

    カラトラバ「石を吊るすだけでも表現方法になりうる。」

    何のことだ、と思われたかもしれません。「石を吊るすだけでも表現…

  3. 構造設計に関すること

    管理人がCADを使うとき役に立った機能など

    僕は学生の頃、明確に構造設計の道に進もうと思ったわけではありません。た…

  4. 構造設計に関すること

    片持ち梁のハンチ部は断面算定を忘れないように。

    意匠上の納まりで先端を絞ってほしい、と言う要望があります。鉄骨でもRC…

  5. 構造設計に関すること

    剛体について 計算外とは何か?

    実務をしてから驚いたことの1つ、それが『計算外』という言葉です。計算外…

  6. 建築のこと

    袖壁の意味と効果について

    ども、tyazukeです。他業界の人と話していると、ついつい専…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  2. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  3. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  4. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
PAGE TOP