構造設計の話

最終更新日: 2017.09.3

アンカーボルトのABMとABR、この違い知っていましたか?

ども、tyazukeです。

鉄骨造の設計って柱脚をしっかりやらないとダメですよね。さて、柱脚はアンカーボルト、ベースプレートで構成されます。

その中でも、アンカーボルトはせん断力や引張力を負担するばかりか、建物の固さを決定づけるもの。

 

そんなアンカーボルトの種類には、大きく分けて2つある。1つはABM。もう1つがABR。今回は、両者の意外な違いについて考えます。

スポンサーリンク

 

ABMとABRって、そもそも何が違うの?

ABMは切削ねじといって、ねじ部分を機械加工したもの。鋼棒を機械で削ってつくったんですね。

ABRは転造ねじ。ねじ部分を、転造加工(塑性変形をりようした加工)します。ABRは、軸部の断面積とねじ部の断面積をあまり違わないように配慮しています。

そのため、ABRの軸部径は呼び径よりも大分小さい。例えばM20の軸径は18.2mmです。

 

「ABRは軸径が、呼び径より小さい」

はい、この事実をしっかりと暗記して次へどうぞ。

 

性能的に劣るABMだが、バネ剛性は大きくなる?

現在、アンカーボルトはABRが主流です。それは「伸び能力」の点で、ABMより優れているからで、先に述べた「切削ねじと、転造ねじの違い」が関係しています。

伸び能力が大きい、ということは塑性変形能力が大きい。つまり大きな耐力が期待できるわけです。

 

但し、軸部断面積がねじ部断面積と同程度に抑えられていますね?鉄骨造の柱脚のバネ剛性は、こんな式で求められました。

KBS = (E × nt × Ab × (dt + dc)2) ÷ (2 × Lb)

E : アンカーボルトのヤング係数(N/mm2)

nt : 引張側アンカーボルトの本数

Ab : 1本のアンカーボルトの軸断面積(mm2)

dt : 柱断面図心より引張側のアンカーボルト断面群の図心までの距離(mm)

dc : 柱断面図心より圧縮側の柱フランジ外縁までの距離(mm)

Lb : アンカーボルトの長さ(mm)

そう、バネ剛性は「軸部断面積」が重要なんです。つまり、降伏比を調整するため、軸部断面積を調整したABRを使うと剛性が落ちます。

ちょっとの違いかもしれませんが、層間変形角で悩んでいるなら大きな違いですね。

 

ABMは降伏比の制限で性能が劣りますが、ルート1やルート2など弾性設計で終了するルートでは活躍できるのでは、と思います。

 

まとめ

  • ABRは転造ねじ、ABMは切削ねじ
  • 柱脚のバネ剛性は、軸部断面積が重要
  • ABMの軸部断面積 > ABRの軸部断面積

久々の構造ネタでした~。

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 僕が思う、会社の飲み会に行くと損をする3つの理由
  2. 独立したい!建築業で独立する前に考えるべき4つのこと
  3. 会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは
  4. 建築士に向いていない性格は?働いて分かったこと、解決方法3つ
  5. 信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話

関連記事

  1. 構造設計の話

    意図なく部材を細くしたところで、良い建築はできないよ

    学生や社会人1年目、今でもそうですが細い柱って憧れますわ。100mm以…

  2. 構造設計の話

    屋根にALC版を使うときの、構造に関する注意点。

    屋根にALC版を使うことがあります。ALC版はRCスラブと似ているよう…

  3. 構造設計の話

    構造設計者に必要な3つのセンスとは?

    下手でも構造屋さんをやっていれば、何か感覚のようなものが身に付いてきま…

  4. 構造設計の話

    柱芯とブレース芯がズレたときの柱脚の設計について

    ブレース構造って面倒ですよね。納まりも考えることが多いし。ラーメン構造…

  5. 構造設計の話

    埋め込み柱脚にしたときの支点について

    ども、tyazukeです。これまで、柱脚の納まりを埋め込み柱脚…

  6. 構造設計の話

    【書評】ゼロからはじめる建築知識「建築構造」を読んで

    ゼロからはじめるシリーズ。今回は構造編を読んでみました。本当にこの本は…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築業界の分析

    伊東豊雄は、なぜ新しい建築を生み続けることができるのか?
  2. 一級・二級建築士の勉強法

    二級建築士になって転職すると、年収いくらになるのか?
  3. 設計事務所の実態

    自分で必要・不必要を判断してはいけない、という話
  4. 建築業界の分析

    設計事務所が生き残るセルフブランディングの重要性と、プロ級HPをつくる方法
  5. 建築業界の分析

    ALC版の許容スパンは、同じ荷重でも各メーカーで違う件
PAGE TOP