建設業界のこと

大手設計事務所の図面を拝見。スッキリしてとても見やすい件。

ひょんなことから、大手組織設計事務所さんの図面を手に入れました。といっても、変なルートから入手したわけではなく、今、進めている案件の参考図として借用しただけです。豊洲の件で、流行の日○設計さんですよ~。

僕は豊洲の件を良く知らないのでコメントしません。ブログでも取り上げたくないし。ただ、構造設計の担当者に一言だけ・・・、

生きろ!

さて、ウチみたいなブラック事務所にとって大手さんは雲の上の存在で、図面も参考になります。大手規模になると内規(社内ルール)があって、建築基準法より厳しい基準で設計していることもありますからね。

例えば、仕口内への梁筋の水平定着長さLa。通常、柱せいの3/4倍ですが、標準図見ますと4/5倍と、安全側の数字で明記されていました。後は、スラブのかぶり厚さ。建築基準法に定めるかぶり厚20mm+5mmが設計かぶり厚になっています。普通、施工精度は10mmみるのですが。監理がしっかりしているのでしょう。

で、図面をぱらぱら~とみてましたら、気づきました。大手って全然図面描かないんですね(褒めてる)。

スポンサーリンク

 

詳細図にあまり描きこみしない。

ブラック事務所なので公共物件を多く扱います。一方、大手は民間物件が多いですよね。公共物件は結構沢山描きこみます。と、いうのも役所から結構細かい部分まで納まり図を求められるのですよ。細かいところまで漏れなく見積もりに計上したい、という理由らしいです。

ま、事務所としてのクセかもしれませんが。ブラック事務所の場合は、軸組図に胴縁描く細かさです。

今回拝見した図面をみると、例えば階段詳細図が構造図に描いてありませんでした。ブラック事務所なら描かないと『わからん』と言ってくるので描きますが、確かに意匠図をみれば一応事足ります。ただ溶接記号までは描けません。これは監理の方がしっかり指導するのでしょう。

多分、外注使っているんだろうけど。

 

ただただ、羨ましい。

大手さんの図面を見て思うこと。ただただ羨ましいです。細かいところは現場で納めてくれ、と言えるのが素晴らしい。やっぱりネームバリューって重要ですよね。もちろん、監理がしっかりしていると思うのですが。

標準図がしっかり描いてあることも印象的でした。アレもコレも標準図にすれば楽だな、と勉強にもなりましたね。詳細図も拝見しましたが、スタッドの描きこみもしていないし、継手の仕様も描いていません。確かに、リストに描いてあるので問題ないです。描かないことが不整合防止につながりますね。

 

図面を描かないことも、不整合を無くす方法の1つ

図面は描けば描くほど、時間をかければかけるほど、不整合や間違いが多くなります。この当たり、役所の人間は勘違いしているのかも。手を掛けるほど図面が良くなっていくと思っているようです。

実際は逆で、設計図を触るほど図面は汚れていきます。図面を描けばチェックする箇所が増え、不整合の元になります。時間をかけて図面をさわっていくほど、関連個所への修正を忘れて不整合になります。

ブラック事務所でも図面を描かない方針にしたいですね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件
  2. 本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 
  3. 業界人が教える、大手ゼネコンの初任給と特徴をランキングにしました。
  4. 鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法
  5. 一級建築士の定期講習費用は自己負担?会社が払ってくれないの?

関連記事

  1. 労働のこと

    ホテル会社を4つも経営。沖縄の老舗ゼネコン「屋部土建」【勝手に会社紹介 第二回】

    今回も沖縄の会社を紹介します。その名も、「屋部土建」さん。…

  2. 構造設計に関すること

    ブラック部長、計算書の構成は事務所で統一しませんか・・・?

    他の事務所がどうしているかわかりませんが、僕のいる事務所では、部長が計…

  3. 労働のこと

    大学で実験が好きだった学生に、おすすめしたい仕事3つ

    ども、tyazukeです。構造系の学生なら、大学で実験やってた…

  4. 労働のこと

    建築設計のライフワークバランスって?

    文字通り、ワーク(仕事)とライフ(生活?人生?)のバランスのこと。建築…

  5. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目

    ども、tyazukeです。僕自身、建築設計を辞めようと思うこと…

  6. 労働のこと

    建設業を土曜日が当たり前に休める産業にするために、できること。

    ども、tyazukeです。建通新聞の社説より、抜粋しました。…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  2. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  3. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  4. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  5. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
PAGE TOP