構造設計の話

最終更新日: 2019.10.3

基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?

ども、tyazukeです。

基礎の接地圧を計算するとき、e/Lを算出しますよね。e=M/Nで、重心位置からNが作用する偏心距離。

Lは加力方向に対する基礎の長さです。このe/Lが0.166以下であれば、中立軸は基礎の外にあります。一方、0.166を超えると中立軸は基礎の内側に入っています。

鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説〈2010〉

 

中立軸が基礎の外、内で何がわかるのか?というと、全面圧縮か部分圧縮か?という判断基準になるのです。

さて、RC規準によればe/Lの許容値は1/3程度とされています。なぜ1/3までに抑えたほうが良いのか、RC規準に明確な答えは書いていないように思います。一体、e/Lの許容値はどこまで許されるのか?考えてみました。

スポンサーリンク

とりあえずe/Lを無視して考えてみる。

とりあえず!e/Lは無視して感覚的に考えます。そもそも、基礎の接地圧を検討する意味はなんでしょうか?地盤の圧壊と基礎の転倒のチェックということだと思います。どちらも、NGになれば建物が不安定な状態になるわけで無視できません。

地盤の圧壊は単純で、接地圧<支持力の関係であればOKです。基礎の転倒はどう考えればいいのでしょう?直接基礎は引抜側の反力は生じえませんから、部分圧縮の領域をどこまで許容するか?だと思います。なんとなく、半分以上が部分圧縮領域だと不安です(僕は)。

 

接地圧が生じていない範囲が半分以上ということは、半分以上は『基礎が浮いている』ということですよね。それはすぐにでも転倒しそうなんですけど。

接地圧の算定係数αを読み解く

接地圧の算定でαN/Aという式がありますよね。αの算定式をみると分母に3×(0.5-e/L)とあります。ここでようやくe/Lは0.5以内まで許されるんだ!ということに気が付きます。つまり、0.5を代入すると分母が0になってαが無限大になります。

αが無限大になられたら設計しようがありませんから、0.5以内はαの算定範囲内ということです。

 

さて、e/Lとは偏心距離と基礎長さの比率なので、e/L=0.49のときは基礎長さのほぼ半分ずれた位置にNが作用していることになります。つまり、長方形基礎だと重心位置は真ん中なので、真ん中から一番端部がNの作用点ということですね。

机上の計算では、これでも地盤の強度内に収まっていれば本当に良いのでしょうか?試に、基礎端にNが作用するときの接地圧分布を書いてみてください。半分どころか、ほとんど基礎は浮いている状態です。これで釣り合っているとは言えませんよね。

そうなると、やはり初めに書いた1/3という許容値が妥当のように思います。

計算上、e/Lは計算できるけど・・・?

計算上e/L=1/3を超えても算定可能です。しかし、e/Lが1/3を超えたときの接地圧分布をみると不安になってきます。僕だけでしょうか?所詮、釣り合うor釣り合わないなんて話は、僕らが想像で勝手に決めたことで実際はよくわかりません。

そもそも、接地圧を直線分布で仮定していること自体間違っているかもしれませんし。建物が思っている以上に変形してPδ効果で曲げが加算されるかもしれません。

e/Lは1/3に収めておくのが無難か。

部分圧縮領域が半分以下で、釣り合うイメージがわかないのでe/Lは1/3以下にするのが無難だと思いました。ただし、これは短期時の値だから終局時はどうだ?と聞かれると言葉に詰まります。

ま!そのへんは僕の理解力が足りないのですが、この世界分からなければ結局安全側に丸めるしかありません!最終的に、自分とどう折り合いをつけるかなんでしょうね。

 

ところで、RC直接基礎の設計方法を詳しく知りたい人は、鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説〈2010〉に書いてあるので必読です。むしろこの規準書以外に詳しく書いてある本が無いかも。

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【一級建築士】試験でうっかりミスをなくす正しい対処法
  2. 建築士に向いていない性格は?働いて分かったこと、解決方法3つ
  3. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。
  4. 一級建築士の定期講習費用は自己負担?会社が払ってくれないの?
  5. 信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話

関連記事

  1. 構造設計の話

    基礎が回転する耐震壁のD値の考え方について

    普通、建物の基礎は固定で計算します。ここで言う固定は「固定端」のように…

  2. 構造設計の話

    構造計算における定性的な性状を覚えることの重要性

    先日、古いRC規準(1988年版)を読んでいました。耐震壁が回転すると…

  3. 構造設計の話

    EV棟の設計マニュアル その1

    EV棟の設計を多くやりました。慣れたら簡単。でも既存との関係、転倒の検…

  4. 構造設計の話

    応力を算定する時本当に反力は必要なのか?

    今回の記事は、オチも何にもありませんので、あしからず。突然、学生時代か…

  5. 構造設計の話

    構造の歴史を振り返ろう。日本と米国のせん断力係数の違いについて

    まあ仰々しいタイトルをつけましたが、あまり深堀していないので、気軽に読…

  6. 構造設計の話

    鉄骨小梁の計算スパンとリブプレートを入れる理由

    鉄骨小梁を計算するときに、スパンはどのように考えていますか?普通にやる…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計の話

    溶融亜鉛メッキ高力ボルト大臣認定品とする件
  2. 建築業界の分析

    大学教授 兼 建築家(構造家)って何で許されてるの?
  3. 一級・二級建築士の勉強法

    【一級建築士】日建学院の総評から、H30年度試験の傾向を読み解いた
  4. 建築学生の就活

    大学で実験が好きだった学生に、おすすめしたい仕事3つ
  5. 建築屋さんの転職

    設計や仕事で失敗した?失敗の理由、失敗後の体験談、出した答えと現在
PAGE TOP