構造設計に関すること

管理人がCADを使うとき役に立った機能など

僕は学生の頃、明確に構造設計の道に進もうと思ったわけではありません。ただ漠然と『施工管理』は嫌だなあと思ったくらいで。『研究の道』もあるかなあと思っていました。

研究職はドクターが必須です。そんな経済的余裕もないし、消去法で設計の道に進みました。

で、学生時代に構造設計の勉強は0。当然、キャドも使えません。キャドの使い方は当時苦労しました。

スポンサーリンク

オートキャド派とjwキャド派に分けられる

設計事務所で使うキャドは、オートキャド派とjwキャド派に分けられます。僕が入社した事務所はオートキャドでした。一からの勉強です。

設計事務所は徒弟制度が色濃く残る業界です。OJTも無し。新人は自分で調べて能力を高めるしかありません。

 

構造図を描くために必要な機能は多くない。

プロが描く図面だから、大層な機能を使っているのだと思います。が、実際は学生さんの方がソフトに詳しかったり。僕たちは図面屋さんではありません。必要最低限の機能だけ知っていて問題ないです。

 

コレが役に立った!

CAD初心者だった僕が役に立った!と思った機能を紹介します。

 

・横ボタン付きのマウス

横ボタンが付いているマウスを使います。僕は、横ボタンに『削除』を設定しています。図面を描いているときはマウスを使います。

わざわざ持ち替えてキーボードのDeleteを押したくないです。横ボタンに削除を設定すれば、右手だけで描いたり消したりできます。

 

・Rejon(リージョン)→マウスプロパティ

オートキャドにリージョンというコマンドがあります。リージョンを使えば任意形状の断面係数を知ることができます。構造屋としては便利な機能です。

 

・反転機能

構造物って大抵がシンメトリーです。図面を描くときも半分だけ描いて後は省略、なんてことも昔はありました。今でも詳細図は、全て描きません。でも伏図や軸組図は描きますね。

もし、左右対称な構造なら反転機能を使えば作業スピードを半分にできます。だって、半分しか書かなくていいから。そもそも構造的に合理的な建物は、ほとんど左右対称。

オートキャドなら、『mi』とコマンドを入力すれば反転が使えます(反転機能はmirror)。

 

まとめ

いかがでしたか?習うより慣れろ、です。業務の中で色々触って使い方を勉強しましょう。今日紹介した機能は、全ておすすめできます。が、一番は『横ボタンのあるマウス』を使うことです。

図面を描くスピードが3割増しくらいで早くなるかなあと思います。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 1物件の設計完了に必要な日数は、どう計算すれば良いか?
  2. 大手設計事務所と中堅設計事務所の建築は何が違うのか?
  3. 社会人がお金を使わずに、1日を満足に過ごす思考法
  4. 日建学院の合格実績88.2%は色々誤魔化してるから気を付けような
  5. 自分の生き方に満足できていますか?

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    基礎が回転する耐震壁のD値の考え方について

    普通、建物の基礎は固定で計算します。ここで言う固定は「固定端」のように…

  2. 労働のこと

    建築士が成長するための、たった一つの能力について

    ども、tyazukeです。建築士が成長するために、必要な能力っ…

  3. 構造設計に関すること

    EV荷重の設定はどうすればいい?

    ども、tyazukeです。EV荷重の設定悩んだことはありません…

  4. 構造設計に関すること

    ねじり曲げを受ける部材の対処法とねじれ曲げ耐力の算定

    ども、tyazukeです。確認申請や適合性判定で『ねじれません…

  5. 建設業界のこと

    【逮捕】建築士の『注意力不足』は犯罪です。【嫌だ】

    建築士の皆さんお元気でしょうか?年末に近づいてきまして、嫌でも忙しくな…

  6. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?

    ども、tyazukeです。RC部材に曲げ応力が作用するとひび割…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  2. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  3. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  4. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
PAGE TOP