構造設計に関すること

管理人がCADを使うとき役に立った機能など

僕は学生の頃、明確に構造設計の道に進もうと思ったわけではありません。ただ漠然と『施工管理』は嫌だなあと思ったくらいで。『研究の道』もあるかなあと思っていました。

研究職はドクターが必須です。そんな経済的余裕もないし、消去法で設計の道に進みました。

で、学生時代に構造設計の勉強は0。当然、キャドも使えません。キャドの使い方は当時苦労しました。

スポンサーリンク

オートキャド派とjwキャド派に分けられる

設計事務所で使うキャドは、オートキャド派とjwキャド派に分けられます。僕が入社した事務所はオートキャドでした。一からの勉強です。

設計事務所は徒弟制度が色濃く残る業界です。OJTも無し。新人は自分で調べて能力を高めるしかありません。

 

構造図を描くために必要な機能は多くない。

プロが描く図面だから、大層な機能を使っているのだと思います。が、実際は学生さんの方がソフトに詳しかったり。僕たちは図面屋さんではありません。必要最低限の機能だけ知っていて問題ないです。

 

コレが役に立った!

CAD初心者だった僕が役に立った!と思った機能を紹介します。

 

・横ボタン付きのマウス

横ボタンが付いているマウスを使います。僕は、横ボタンに『削除』を設定しています。図面を描いているときはマウスを使います。

わざわざ持ち替えてキーボードのDeleteを押したくないです。横ボタンに削除を設定すれば、右手だけで描いたり消したりできます。

 

・Rejon(リージョン)→マウスプロパティ

オートキャドにリージョンというコマンドがあります。リージョンを使えば任意形状の断面係数を知ることができます。構造屋としては便利な機能です。

 

・反転機能

構造物って大抵がシンメトリーです。図面を描くときも半分だけ描いて後は省略、なんてことも昔はありました。今でも詳細図は、全て描きません。でも伏図や軸組図は描きますね。

もし、左右対称な構造なら反転機能を使えば作業スピードを半分にできます。だって、半分しか書かなくていいから。そもそも構造的に合理的な建物は、ほとんど左右対称。

オートキャドなら、『mi』とコマンドを入力すれば反転が使えます(反転機能はmirror)。

 

まとめ

いかがでしたか?習うより慣れろ、です。業務の中で色々触って使い方を勉強しましょう。今日紹介した機能は、全ておすすめできます。が、一番は『横ボタンのあるマウス』を使うことです。

図面を描くスピードが3割増しくらいで早くなるかなあと思います。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 有名建築家になるためのメディア戦略について
  2. 耐震性で決める、マンション・アパート選びのポイントについて
  3. 一級建築士を取得するより、総合資格学院の営業やった方が儲かるよ?
  4. 剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。
  5. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法

    ども、tyazukeです。変断面の断面係数を求めるとき、どう計…

  2. 雑学

    ぎっくり腰になった先輩が教えてくれた、正しい椅子の座り方2つ

    ども、tyazukです。普段ろくに運動をしないオフィスワーカー…

  3. 構造設計に関すること

    剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。

    ども、tyazukeです。剛度増大率とは、元々部材が持っている…

  4. 構造設計に関すること

    概算で行う 壁式構造の計算について

    壁式構造の設計したことありますか?皆さんもあんまり経験がないと思います…

  5. 建設業界のこと

    建築業界が紙媒体から脱却すべき2つの理由

    ども、tyazukeです。先日、進行中の物件の打合せに出向きま…

  6. 管理人のこと

    『美麗なるロットネス島と竹富島』。美景や動物をみて癒されましょう。

    数年前、オーストラリアのパースへ行きました(現地に住む友人へ会いに)。…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  2. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  3. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  4. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  5. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
PAGE TOP