建築のこと

サルでもわかる、建設と建築の根本的な違いについて

ども、tyazukeです。

建設と建築って何が違うの、という質問を一般の方から聞かれることがあります。

建築業界にいる僕らからすれば、「おいおいマジかよ」レベルなんですが、これが一般の方の認識です。ということで今回は、建設と建築の違いについて説明したいと思います。

スポンサーリンク

 

建築は、建物に関すること。

この一言で説明できます。

建築とは、建物に関することです。つまり橋やダム、道路は建築ではありません。建物ではないからね。建築とは、例えば住宅、ビル、図書館、美術館など。

冒頭で「説明します(キリッ)」と言った割には、大したこと言っていません。まぁ、それほどシンプルな意味なんです。

 

建設は、土木と建築に関すること

一方、建設とは建築と土木の両方に関すること。建築は、先に述べたように「建物に関すること」です。実は土木を一言で説明する方が難しいのですが、「市民が利用するインフラ」でしょうか。

道路、ダム、川、橋とかね。

ちなみに、土木を英訳すると「Civil engineering」。Civilは、まさしく「市民」を意味する言葉。土木≒市民工学なんですね。

 

建築の仕事は何をする?

建築に関する仕事は、主に建築物を建てるための「設計」「監理」「施工」があります。その他、これらの仕事に関わるサービスも含みます。

例えば建築物を建てる際、必ず日本の建築基準法に合致している確認を行います。この確認業務を行う民間業者もいるのです。

 

さらに細かく分類すれば、建築に関わる職種は本当に多種多様です。たった1つの電球も、家の明かりを照らす建築に関する仕事。

つまり、建築のお仕事は建物に関すること全般なんです。

 

余談ですが、これまで日本経済を建て直すとき、公共建築の投資が行われてきました(今ではバラマキ予算と言って揶揄されていますが)。

なぜ経済の建て直しに、公共建築へお金を使うのか。それは「建築」という1つのお仕事が非常に多様な職種と関わりを持っているからです。

 

建設の仕事は、建築と土木の両方

で、建設の仕事は言葉の意味そのまま。建築と土木、両方の仕事をするんです。

説明短いですが、これ以上言うことがありません。

 

まとめ

  • 建設は建築と土木の両方を意味する。
  • 建築は、建物に関する仕事。
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【一級建築士】地方ゼネコンから中堅設計事務所へ転職した先輩の話【転職事情】
  2. 有給消化率98%の僕が伝える、有給が取りにくいと悩む人へのアドバイス
  3. 建築屋さんが覚えるべき最低限の構造計画3つ
  4. 鉄骨階段の、ササラの検討方法
  5. 建築家の事務所へインターンに行き、何を学び何をしたのか書く。

関連記事

  1. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。

    ども、tyazukeです。僕は常々思っていたことがあります。「…

  2. 建設業界のこと

    僕が土木工学科から建築学科へ転科した理由とその後。

    僕は、高専(工業高等専門学校)に通っていましたが、そこには建築学科が無…

  3. 労働のこと

    安井建築設計事務所に転職した場合の年収について

    皆さん転職したいですか?組織設計事務所に新卒で就職された方は、…

  4. 労働のこと

    ムヒカ大統領に見習う、これからの生き方と建築業界。

    ども、tyazukeです。『人生で最も重要なことは何でしょうか…

  5. 構造設計に関すること

    【定期報告】ブレース構造からラーメン構造へ変更。【構造設計辞めたい】

    これまで構造設計辞めたい辞めたい言ってきましたが、定期報告しようと思い…

  6. 建設業界のこと

    建築業界が紙媒体から脱却すべき2つの理由

    ども、tyazukeです。先日、進行中の物件の打合せに出向きま…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  2. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  3. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  4. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  5. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
PAGE TOP