建築のこと

サルでもわかる、建設と建築の根本的な違いについて

ども、tyazukeです。

建設と建築って何が違うの、という質問を一般の方から聞かれることがあります。

建築業界にいる僕らからすれば、「おいおいマジかよ」レベルなんですが、これが一般の方の認識です。ということで今回は、建設と建築の違いについて説明したいと思います。

スポンサーリンク

 

建築は、建物に関すること。

この一言で説明できます。

建築とは、建物に関することです。つまり橋やダム、道路は建築ではありません。建物ではないからね。建築とは、例えば住宅、ビル、図書館、美術館など。

冒頭で「説明します(キリッ)」と言った割には、大したこと言っていません。まぁ、それほどシンプルな意味なんです。

 

建設は、土木と建築に関すること

一方、建設とは建築と土木の両方に関すること。建築は、先に述べたように「建物に関すること」です。実は土木を一言で説明する方が難しいのですが、「市民が利用するインフラ」でしょうか。

道路、ダム、川、橋とかね。

ちなみに、土木を英訳すると「Civil engineering」。Civilは、まさしく「市民」を意味する言葉。土木≒市民工学なんですね。

 

建築の仕事は何をする?

建築に関する仕事は、主に建築物を建てるための「設計」「監理」「施工」があります。その他、これらの仕事に関わるサービスも含みます。

例えば建築物を建てる際、必ず日本の建築基準法に合致している確認を行います。この確認業務を行う民間業者もいるのです。

 

さらに細かく分類すれば、建築に関わる職種は本当に多種多様です。たった1つの電球も、家の明かりを照らす建築に関する仕事。

つまり、建築のお仕事は建物に関すること全般なんです。

 

余談ですが、これまで日本経済を建て直すとき、公共建築の投資が行われてきました(今ではバラマキ予算と言って揶揄されていますが)。

なぜ経済の建て直しに、公共建築へお金を使うのか。それは「建築」という1つのお仕事が非常に多様な職種と関わりを持っているからです。

 

建設の仕事は、建築と土木の両方

で、建設の仕事は言葉の意味そのまま。建築と土木、両方の仕事をするんです。

説明短いですが、これ以上言うことがありません。

 

まとめ

  • 建設は建築と土木の両方を意味する。
  • 建築は、建物に関する仕事。
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 耐震性で決める、マンション・アパート選びのポイントについて
  2. 縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方
  3. 一級建築士に落ちたときの1週間の過ごし方
  4. 建築とテクノロジーのこれからに関する考察
  5. 建築系ブログを始めてわかった、未だによく分からないこと3つ。

関連記事

  1. 建設業界のこと

    建築設計・工事の手間は他業界の比じゃない。

    設計の仕事はトライ&エラーの連続と言います。が、建築設計は車業界や機械…

  2. 建築のこと

    建築屋さんが覚えるべき最低限の構造計画3つ

    ども、tyazukeです。意匠屋さんで、図面を描くときにRC壁…

  3. 建築のこと

    建築家の事務所へインターンに行き、何を学び何をしたのか書く。

    ども、tyazukeです。タイトル長くてすんません。僕は普通高…

  4. 建築のこと

    【書評】天下無双の建築学入門、を読んで

    またまた藤森氏の本を手にとった。彼の本を手に取ると、必ずやってしまうク…

  5. 労働のこと

    時間で変わると思っている?怒られる人は60歳になっても怒られるよ。

    いつの間にか28歳になりました。30歳を手前にして思うことがあります。…

  6. 建築のこと

    今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける

    ども、tyazukeです。「日本の技術力は一番!」「日本は最強…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  2. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  3. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  4. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  5. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
PAGE TOP