建築のこと

サルでもわかる、建設と建築の根本的な違いについて

ども、tyazukeです。

建設と建築って何が違うの、という質問を一般の方から聞かれることがあります。

建築業界にいる僕らからすれば、「おいおいマジかよ」レベルなんですが、これが一般の方の認識です。ということで今回は、建設と建築の違いについて説明したいと思います。

スポンサーリンク

 

建築は、建物に関すること。

この一言で説明できます。

建築とは、建物に関することです。つまり橋やダム、道路は建築ではありません。建物ではないからね。建築とは、例えば住宅、ビル、図書館、美術館など。

冒頭で「説明します(キリッ)」と言った割には、大したこと言っていません。まぁ、それほどシンプルな意味なんです。

 

建設は、土木と建築に関すること

一方、建設とは建築と土木の両方に関すること。建築は、先に述べたように「建物に関すること」です。実は土木を一言で説明する方が難しいのですが、「市民が利用するインフラ」でしょうか。

道路、ダム、川、橋とかね。

ちなみに、土木を英訳すると「Civil engineering」。Civilは、まさしく「市民」を意味する言葉。土木≒市民工学なんですね。

 

建築の仕事は何をする?

建築に関する仕事は、主に建築物を建てるための「設計」「監理」「施工」があります。その他、これらの仕事に関わるサービスも含みます。

例えば建築物を建てる際、必ず日本の建築基準法に合致している確認を行います。この確認業務を行う民間業者もいるのです。

 

さらに細かく分類すれば、建築に関わる職種は本当に多種多様です。たった1つの電球も、家の明かりを照らす建築に関する仕事。

つまり、建築のお仕事は建物に関すること全般なんです。

 

余談ですが、これまで日本経済を建て直すとき、公共建築の投資が行われてきました(今ではバラマキ予算と言って揶揄されていますが)。

なぜ経済の建て直しに、公共建築へお金を使うのか。それは「建築」という1つのお仕事が非常に多様な職種と関わりを持っているからです。

 

建設の仕事は、建築と土木の両方

で、建設の仕事は言葉の意味そのまま。建築と土木、両方の仕事をするんです。

説明短いですが、これ以上言うことがありません。

 

まとめ

  • 建設は建築と土木の両方を意味する。
  • 建築は、建物に関する仕事。
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?
  2. 2年間総合資格に通った結果、100万円無駄にした話
  3. 地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話
  4. 僕がオーストラリアのパースで見た、緩い働き方
  5. 縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方

関連記事

  1. 建設業界のこと

    防腐処理していない木材を使って柱が折れた話

    誤解のあるタイトルですが、建物の話では無いのであしからず。以前、実家の…

  2. 建築のこと

    建築家の、「全て私がやりました」という風潮

    ども、tyazukeです。建築家は世間に対して説明不足だと思う…

  3. 雑学

    デスクワーカー必読!ダイエットしたいならTARZANを読もう。

    雑誌が好きです。あの雑多な情報を掲載している感じがすごく気持ちいいです…

  4. 建築のこと

    縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方

    ども、tyazukeです。今でも建築業界では紙の図面を沢山使います。打…

  5. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方

    tyazukeです。僕は設計事務所に勤めています。今年で6年目…

  6. 設計事務所に関すること

    こんな人には要注意!会社で関わらない方が良い人。

    4月ということで続けて新入社員の皆さんに向けた言葉を書きましょうか。学…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  3. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  4. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  5. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
PAGE TOP