建設業界のこと

建築士と建築家の間にある、絶対に超えられない壁とは。

一般の方には、建築士と建築家の違いが認知されていないように思います。実はこの違い、実務をしている僕らは結構敏感。なぜなら、建築士と建築家は、スッポンと月くらい違うからです。

ちなみに僕は『建築士』ではありません。一級の免許もっていないからね。

では、建築家?

『まさか』。あり得ません。でも、今の僕がどちらに近いかと言われると、やや建築士よりかもしれません。

何を言っているか、わからないと思いますが順を追って説明していきます。

スポンサーリンク

 

建築家は職業を表す言葉ではない。生き方だ!

建築士とは建築基準法でキチッと定められた職業です。士業と言われています。木造建築士、二級建築士、一級建築士の何れかを取得すれば建築士と言えるでしょう。

一方、建築家は一級建築士を持っていなくても成れる・・・と思います。なぜなら建築家の定義は、人それぞれ。そもそも職業を表す言葉ではないので、誰でも名乗って言い訳です。『作家』のように、個人的に名刺に書いてもよくね?と思います。

但し、建築士は努力すれば必ずなれますが、大成して大儲けできる建築家は、誰もが成れるとは限りません。それは作家として売れるかどうか、そんな話に近いのです。(ちなみに、一級建築士を持っていない建築家として安藤忠雄氏を例にしましたが、彼は一級もってました笑!教えてくれた『ヤドカリ構造設計者』さんSpecial Thanks!)

つまり建築家は、『独立して、自分で事務所を持って自由に建築活動を行う人』、だと僕は考えています。僕を始め、ほとんどの設計者は建築士です。それは、独立して自分の事務所を持っていないから。設計の仕事は職業としてやっているだけで、結局はただのサラリーマンなんですね。

一方、建築家は自分で事務所を持って生計を立てています。それに加えて『自由に建築活動を行う』ことが重要です。会社勤めのサラリーマンは、自由な建築活動を行えません。嫌な仕事を渋々行い、自分で仕事を選ぶことができません。とても自由な建築活動はできません。

建築士=建築設計を生業とした、ただのサラリーマン

これが本質。

結局、会社勤めをしている以上、建築士はただのサラリーマンです。先生と呼ばれて偉そうに踏ん反り返ったらダメですよ。あなたは、サラリーマンなのですから。自分の立場を弁えましょう。

 

建築士と建築家、年収の大きな違い

特に大きく違うのは年収でしょう。雇われの身である建築士は大手企業でもせいぜい1000万程度ですか。一方、建築家になれば、億という桁を稼いでも不思議ではありません。例えば、安藤忠雄氏や伊藤豊雄氏は年間数十件の物件を設計しています。しかも超大型の海外コンペに当選するので、設計料の次元が違います。

1物件で2000万とか、そのくらいは設計料もらえます。東京オリンピックという超大型の物件になると、土木工事並みに大きな建築工事です。設計料だけで数億、数十億という金額が動くわけで、恐ろしい世界です。

一方、建築家にもリスクはあります。前述した氏のように順調に成功できれば良いのですが、名前や実力が売れなかったときは悲惨です。小さな仕事で自転車操業するしかありません。それでも、1度社長になってしまえば建築士よりは金銭面で有利かと。でかい物件1つとれば、その年は業務終了ですから。

 

建築士 <<<<< 建築家 だと思って良い。

とりあえず、建築士よりも建築家の方が100倍優れていると思います。構造設計者や設備設計者も例外じゃありません。自分の事務所を持って設計を行い、創作活動を行う人々。それが建築家です。

あなたも目指すのであれば建築家を目指してください。間違っても雇われ建築士なんかに成らないほうが良いよ。もし成るなら、必ず建築に夢を持たないでください。仕事だと割り切りましょう。建築業界に下手な希望を持たないほうが賢明です。

下手に希望を持ってしまった者からの警告でした。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築を勉強したいなら、何県にある大学がおすすめ?
  2. ブログを1ヶ月に100記事書いて感じたメリット、デメリット
  3. 信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話
  4. アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?
  5. 未来の建築は、お金持ちだけに与えられる

関連記事

  1. 建築のこと

    建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。

    ども、tyazukeです。建築家の名言を調べていると、あること…

  2. 労働のこと

    設計を辞める人におすすめする、前職を活かす転職先5つ

    ども、tyazukeです。もう設計やめよう。そんな結論を出した…

  3. 建設業界のこと

    地盤調査報告書って誰かチェックしているの?

    地盤調査報告書のチェックって誰が行っているのでしょうか。お施主さんが確…

  4. 建設業界のこと

    構造を知らない役人への説明資料作成という不毛な作業

    確認申請を提出するとき、ほとんどがビューロベリタスやERIなどの民間業…

  5. 建設業界のこと

    大手設計事務所の図面を拝見。スッキリしてとても見やすい件。

    ひょんなことから、大手組織設計事務所さんの図面を手に入れました。といっ…

  6. 建設業界のこと

    「哲学」から読み解く建築に関する諸問題(建物の沈下等)

    久々にマイケルサンデル教授のジャスティスを読みました。学生時代に購入し…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  2. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  3. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  4. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  5. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
PAGE TOP