建設業界のこと

建築士と建築家の間にある、絶対に超えられない壁とは。

一般の方には、建築士と建築家の違いが認知されていないように思います。実はこの違い、実務をしている僕らは結構敏感。なぜなら、建築士と建築家は、スッポンと月くらい違うからです。

ちなみに僕は『建築士』ではありません。一級の免許もっていないからね。

では、建築家?

『まさか』。あり得ません。でも、今の僕がどちらに近いかと言われると、やや建築士よりかもしれません。

何を言っているか、わからないと思いますが順を追って説明していきます。

スポンサーリンク

 

建築家は職業を表す言葉ではない。生き方だ!

建築士とは建築基準法でキチッと定められた職業です。士業と言われています。木造建築士、二級建築士、一級建築士の何れかを取得すれば建築士と言えるでしょう。

一方、建築家は一級建築士を持っていなくても成れる・・・と思います。なぜなら建築家の定義は、人それぞれ。そもそも職業を表す言葉ではないので、誰でも名乗って言い訳です。『作家』のように、個人的に名刺に書いてもよくね?と思います。

但し、建築士は努力すれば必ずなれますが、大成して大儲けできる建築家は、誰もが成れるとは限りません。それは作家として売れるかどうか、そんな話に近いのです。(ちなみに、一級建築士を持っていない建築家として安藤忠雄氏を例にしましたが、彼は一級もってました笑!教えてくれた『ヤドカリ構造設計者』さんSpecial Thanks!)

つまり建築家は、『独立して、自分で事務所を持って自由に建築活動を行う人』、だと僕は考えています。僕を始め、ほとんどの設計者は建築士です。それは、独立して自分の事務所を持っていないから。設計の仕事は職業としてやっているだけで、結局はただのサラリーマンなんですね。

一方、建築家は自分で事務所を持って生計を立てています。それに加えて『自由に建築活動を行う』ことが重要です。会社勤めのサラリーマンは、自由な建築活動を行えません。嫌な仕事を渋々行い、自分で仕事を選ぶことができません。とても自由な建築活動はできません。

建築士=建築設計を生業とした、ただのサラリーマン

これが本質。

結局、会社勤めをしている以上、建築士はただのサラリーマンです。先生と呼ばれて偉そうに踏ん反り返ったらダメですよ。あなたは、サラリーマンなのですから。自分の立場を弁えましょう。

 

建築士と建築家、年収の大きな違い

特に大きく違うのは年収でしょう。雇われの身である建築士は大手企業でもせいぜい1000万程度ですか。一方、建築家になれば、億という桁を稼いでも不思議ではありません。例えば、安藤忠雄氏や伊藤豊雄氏は年間数十件の物件を設計しています。しかも超大型の海外コンペに当選するので、設計料の次元が違います。

1物件で2000万とか、そのくらいは設計料もらえます。東京オリンピックという超大型の物件になると、土木工事並みに大きな建築工事です。設計料だけで数億、数十億という金額が動くわけで、恐ろしい世界です。

一方、建築家にもリスクはあります。前述した氏のように順調に成功できれば良いのですが、名前や実力が売れなかったときは悲惨です。小さな仕事で自転車操業するしかありません。それでも、1度社長になってしまえば建築士よりは金銭面で有利かと。でかい物件1つとれば、その年は業務終了ですから。

 

建築士 <<<<< 建築家 だと思って良い。

とりあえず、建築士よりも建築家の方が100倍優れていると思います。構造設計者や設備設計者も例外じゃありません。自分の事務所を持って設計を行い、創作活動を行う人々。それが建築家です。

あなたも目指すのであれば建築家を目指してください。間違っても雇われ建築士なんかに成らないほうが良いよ。もし成るなら、必ず建築に夢を持たないでください。仕事だと割り切りましょう。建築業界に下手な希望を持たないほうが賢明です。

下手に希望を持ってしまった者からの警告でした。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた
  2. 優しい性格の人は建築士に向いていない、たった一つの理由
  3. 鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法
  4. 本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 
  5. 社畜の僕が、毎日でもブログを更新できた4つの秘訣

関連記事

  1. 建築のこと

    これで悩まない!設計GLとKBMの関係について

    ども、tyazukeです。設計GLとKBMはどういう関係かイメ…

  2. 労働のこと

    『拓新産業』と『未来工業』にみるホワイト企業の共通点とは。

    おはようございます。今朝、久々に夢をみました。先輩から額面68万という…

  3. 建築のこと

    今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける

    ども、tyazukeです。「日本の技術力は一番!」「日本は最強…

  4. 建設業界のこと

    「哲学」から読み解く「建物の沈下」に関する諸問題

    その昔、哲学と科学は表裏一体でした。哲学者は科学者でもあったのです。一…

  5. 労働のこと

    大学で実験が好きだった学生に、おすすめしたい仕事3つ

    ども、tyazukeです。構造系の学生なら、大学で実験やってた…

  6. 建設業界のこと

    印象最悪! 兵庫県住宅建築総合センターへ行ってきた。

    僕は、設計した物件の半分以上が関西圏の建物で、なぜか兵庫県の物件に多く…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  2. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  4. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  5. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
PAGE TOP