建築業界の分析

最終更新日: 2017.09.23

これで成功できる!ノーマンフォスターの教え、戦略とは?

ども、tyazukeです。

イギリスの有名建築家ノーマンフォスター。

 

彼の名言にこんな言葉があります。

誰も進出していない領域でスタートをきる。そこを制覇すれば、多方面にも飛べる。

コレ、現代にも通用する戦略の1つなんですよ。

ということで今回は、ノーマンフォスターの名言について考えます。

スポンサーリンク

 

ノーマンフォスターの、成功の掴みかた

彼が建築家に成り立ての頃、仕事がなかったそうです。しかも、それぞれの建築家が得意分野を持っていて、簡単に参入できる状況じゃなかった。

そんな時、フォスターは「倉庫」の設計を見出した。その領域を制覇することで、多方面で活躍できる建築家になったのです。

 

まさに、まだ進出されてない領域を制覇した、ということ。

この考えは、建築家に限らず成功するために必要な戦略だと思うのです。

 

自分の立ち位置を決めるには、ライバルを知れ!

まだ進出されていない領域(分野)を知るためには、ライバルを知る必要があります。

例えば建築家の種類を細かくみていくと、「最先端技術に詳しい建築家」「木造に特化した建築家」「アルミ造に特化した建築家」・・・など思いつきますよね。

 

現状どのような建築家がいるのか、これを調べるだけで自分の立ち位置が明確になる。本当に一度、調べてみることをおすすめしますよ。

 

最速で、その分野の1位になれ。

新しい分野を見つけたら、最速でその分野の1位になってください。1位じゃなきゃ意味がありません。2位、3位でもダメ。1位のみが生存が約束されます。

 

「この分野なら、この人に聞けばなんでもわかる」ほどの専門家になってください。

 

なぜ「最速」である必要があるのか。それは、ビジネスの絶対的な法則に関係します。ビジネスで成功できる絶対的な法則とは、

  • 1番最初に始めること

です。もちろん後で参入しても技術があれば勝てます。しかし、手っ取り早いのは一番最初に始めること。

 

牛丼の吉野家も、ポテトチップスのカルビー、カレー専門店のココイチ。一番最初に始めたからこそ勝てました。

ですからスピードが命です。

 

「これだ!」と思ったらすぐに始める。そして1位をとる。

 

まとめ

ノーマンフォスターは当時、他の建築家が未進出だった「倉庫の設計」を制覇することで建築家として大成できました。

この法則は、何も建築だけでなくても通用することです。フォスターの名言に補足すると、最速で1位になることです。

それでは。

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【転職募集】建築の知識を活かしてIT業界で働きたい・・・!そんな君を応援したい!…
  2. 【一級建築士】地方ゼネコンから中堅設計事務所へ転職した先輩の話【転職事情】
  3. 建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?
  4. アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?
  5. 建築の将来は?10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた

関連記事

  1. 建築屋さんの転職

    TPPに参加すると建設業界が危ない

    今日、トランプ氏が『TPP離脱を表明した』という報道をみました。この前…

  2. 建築業界の分析

    クレーンの衝撃力を設定する基礎項目について

    ども、tyazukeです。クレーンが走行する場合、それを受ける…

  3. 建築業界の分析

    建築は自然を壊しているのでは、と言う話

    ども、tyazukeです。地盤調査報告書を読んでおりまして、ふ…

  4. 建築業界の分析

    駐輪場の屋根は、折板ではなくテントを張れば良いんじゃない?

    ども、tyazukeです。駐輪場を設計する機会がありました。片…

  5. 建築業界の分析

    街中にある、とんでも建築を見つけたよ。

    街中にあるとんでも建築。絶対に設計してはならない、と思いつつこっそり見…

  6. 建築業界の分析

    木造住宅は、本当は強い?熊本の地震が教えてくれたこと

    「木造住宅は、構造設計(計算)を行う必要がない」一般の方が聞け…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計の話

    RC梁せいはスパンの1/10で決めるのは、なぜ?
  2. 建築学生の就活

    建築屋さんがもっとWEBで情報発信すべき3つの理由
  3. 一級・二級建築士の勉強法

    一級建築士の勉強法。独学か予備校か?
  4. 建築学生の就活

    建築業界でくすぶっている人の自分メディアのつくり方とメリット
  5. 建築業界の分析

    隈研吾氏に学ぶプレゼンの手法と喋り方のポイント
PAGE TOP