建築のこと

これで成功できる!ノーマンフォスターの教え、戦略とは?

ども、tyazukeです。

イギリスの有名建築家ノーマンフォスター。

 

彼の名言にこんな言葉があります。

誰も進出していない領域でスタートをきる。そこを制覇すれば、多方面にも飛べる。

コレ、現代にも通用する戦略の1つなんですよ。

ということで今回は、ノーマンフォスターの名言について考えます。

スポンサーリンク

 

ノーマンフォスターの、成功の掴みかた

彼が建築家に成り立ての頃、仕事がなかったそうです。しかも、それぞれの建築家が得意分野を持っていて、簡単に参入できる状況じゃなかった。

そんな時、フォスターは「倉庫」の設計を見出した。その領域を制覇することで、多方面で活躍できる建築家になったのです。

 

まさに、まだ進出されてない領域を制覇した、ということ。

この考えは、建築家に限らず成功するために必要な戦略だと思うのです。

 

自分の立ち位置を決めるには、ライバルを知れ!

まだ進出されていない領域(分野)を知るためには、ライバルを知る必要があります。

例えば建築家の種類を細かくみていくと、「最先端技術に詳しい建築家」「木造に特化した建築家」「アルミ造に特化した建築家」・・・など思いつきますよね。

 

現状どのような建築家がいるのか、これを調べるだけで自分の立ち位置が明確になる。本当に一度、調べてみることをおすすめしますよ。

 

最速で、その分野の1位になれ。

新しい分野を見つけたら、最速でその分野の1位になってください。1位じゃなきゃ意味がありません。2位、3位でもダメ。1位のみが生存が約束されます。

 

「この分野なら、この人に聞けばなんでもわかる」ほどの専門家になってください。

 

なぜ「最速」である必要があるのか。それは、ビジネスの絶対的な法則に関係します。ビジネスで成功できる絶対的な法則とは、

  • 1番最初に始めること

です。もちろん後で参入しても技術があれば勝てます。しかし、手っ取り早いのは一番最初に始めること。

 

牛丼の吉野家も、ポテトチップスのカルビー、カレー専門店のココイチ。一番最初に始めたからこそ勝てました。

ですからスピードが命です。

 

「これだ!」と思ったらすぐに始める。そして1位をとる。

 

まとめ

ノーマンフォスターは当時、他の建築家が未進出だった「倉庫の設計」を制覇することで建築家として大成できました。

この法則は、何も建築だけでなくても通用することです。フォスターの名言に補足すると、最速で1位になることです。

それでは。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【徹底比較】一級建築士の定期講習費用が安い機関「9選」
  2. 建築系ブログを200記事書いたときのPVは?
  3. アマゾンの「Kindle Unlimited」が予想の斜め上を行き過ぎている件
  4. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない
  5. 転職サイトで総合資格のページを読んだら、ダメだしが凄い件

関連記事

  1. ブログ運営

    若い頃は暇で暇で仕事が欲しい、と思うくらいが丁度いい

    ども、tyazukeです。よく、若い頃は買ってでも苦労しろ、と…

  2. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について

    ども、tyazukeです。仕事の適性って見極めるのが本当に難し…

  3. ブログ運営

    建築業界でくすぶっている人の自分メディアのつくり方とメリット

    ども、tyazukeです。どんな仕事でもそうですが、上司や環境…

  4. 建築のこと

    【書評】平屋に暮らすー本当の豊かさを育む住まい20軒

    ども、tyazukeです。平屋で暮らすことに、僕は憧れています…

  5. 建築のこと

    隈研吾が設計した浅草文化観光センターと根津美術館に行ってきた

    ども、tyazukeです。サニーヒルズの記事から引き続き、東京…

  6. 建築のこと

    社会人で、AIJの会員を続けるメリットは?

    ども、tyazukeです。最近、理系の大学生はほとんどが大学院…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  2. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  3. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  4. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  5. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
PAGE TOP