構造設計に関すること

数学苦手だった僕が構造設計者になって悩んだこと。

僕は学生の頃から数学が苦手でした。数式やら公式を誘導するとか、正直わからん。じゃあ、なぜ構造設計者になったの?と聞かれると、情けない話『流れるところに行きついた。』という感じ。

設計事務所に希望を持っていなかったし、大企業に行く志もなかった。構造設計も、まぁ流れるままに。ただ、施工管理はやりたくない、公務員はダサそう、研究者は捨てがたいが金銭面で難、ということで設計者になったのです。

正直、5年目になった今でも分からないことだらけ。

設計は答えがなくて、ひたすらベストに近いベターを探す業務。正解に見えて不正解もあるし、設計は本当に難しい。『だからこそ、やりがいがある!』と思えればいいのだけど、僕は、仕事をさっさと終えたい派なので、手戻りが多い設計は本当に苦痛でしかないのです。

さて、数学苦手だったのなら、構造設計者になって悩んだか?と聞かれると、正直数学関係で悩んだことは一度もありません。

と、いうより構造設計という仕事の認識が皆違う。大学の先生も間違っている。まぁ、彼らは一度も実務をせずドクター⇒先生になった人たちだからしょうがないけど。

スポンサーリンク

 

数学?何それ?んなもん使わないよ。

数学なんて使いません。僕らが使うのは算数です。

コレマジです。

数学なんて高尚なものを使うなんておこがましい。僕も構造設計をする前は、さぞ大層な数式を駆使して理論をどうのこうのする、と思っていました。でも、実際に使うのは『四則演算のみ』。要するに足し算、引き算、掛け算、割り算ね。

だから、まず1つ言いたいこと。数学なんて出来なくても楽勝で構造設計者になれる!むしろ、物理的な感性が大事。

僕は物理的な感性も欠けているのですが、例えば、物の静的な運動のイメージが出来る人。こういう人たちは構造設計者に向いています。そういったセンス的なものを磨く方法ってあんまり思いつかないのですが、経験ですかね。子供の頃、ピタゴラスイッチをシコタマ作るとか。

 

悩んだことは結局、聞く力。

改めて『図太い人、図々しい人』尊敬します。皮肉じゃなくて、本当に。普通、聞けませんよ。親ほど年が離れた他人に、1日に何度も何度も質問するなんて。

でも、これが出来る人が成長する人なんです。職場環境の運もあります。僕みたいに、同僚ナシで、すぐ上司が60過ぎの部長なんて日には最悪です。知識量のレベルが違いすぎて、こっちが聞きたいことの意図が分かってくれない。

おまけに、聞きづらい。非常に聞きづらい。もし、30才くらいの先輩にあったのならラッキー。そんなに年が離れていないので、ズケズケと質問できるかもしれません。

聞けば聞くほど理解は進みます。おまけに上司とのコミュニケーションも進むので連携もスムーズ。いいこと尽くしです。

僕は出来ませんでしたけど。

 

コミュ力あるやつなら誰でも構造設計できるわ。

社会にでて5年経過しますが、コミュ力こそ正義です。構造設計をやる上でも例外ではありません。数学の能力なんて0でもいい。コミュ力100あるなら、僕はそっちの人材を登用しますわ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 社会人がお金を使わずに、1日を満足に過ごす思考法
  2. 一級建築士に落ちたときの1週間の過ごし方
  3. 日建学院の合格実績88.2%は色々誤魔化してるから気を付けような
  4. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について
  5. 建築家の事務所へインターンに行き、何を学び何をしたのか書く。

関連記事

  1. 建築のこと

    メーカー5社の、既製柱脚の性能の違いを比較してみた

    ども、tyazukeです。鉄骨造で一番既製品が使われる箇所の1…

  2. 一級建築の試験勉強

    主要構造部と構造耐力上主要な部分は何が違うの?

    現在、絶賛一級建築士の勉強中です。何を隠そう僕は一級建築士を無取得組で…

  3. 建築のこと

    隈研吾氏に学ぶプレゼンの手法と喋り方のポイント

    ども、tyazukeです。建築家って本当に言葉巧みですよね~。…

  4. 構造設計に関すること

    杭施工誤差が生じた時の対処法について

    ども、tyazukeです。現場が始まると、色々と変更が生じます…

  5. 建設業界のこと

    印象最悪! 兵庫県住宅建築総合センターへ行ってきた。

    僕は、設計した物件の半分以上が関西圏の建物で、なぜか兵庫県の物件に多く…

  6. 労働のこと

    構造設計がどんな仕事が知りたい?誤解されている点も説明するよ。

    このブログでは建設業界の労働環境に切り込んできました。また断片的に『構…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  2. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  3. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  4. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  5. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
PAGE TOP