構造設計に関すること

数学苦手だった僕が構造設計者になって悩んだこと。

僕は学生の頃から数学が苦手でした。数式やら公式を誘導するとか、正直わからん。じゃあ、なぜ構造設計者になったの?と聞かれると、情けない話『流れるところに行きついた。』という感じ。

設計事務所に希望を持っていなかったし、大企業に行く志もなかった。構造設計も、まぁ流れるままに。ただ、施工管理はやりたくない、公務員はダサそう、研究者は捨てがたいが金銭面で難、ということで設計者になったのです。

正直、5年目になった今でも分からないことだらけ。

設計は答えがなくて、ひたすらベストに近いベターを探す業務。正解に見えて不正解もあるし、設計は本当に難しい。『だからこそ、やりがいがある!』と思えればいいのだけど、僕は、仕事をさっさと終えたい派なので、手戻りが多い設計は本当に苦痛でしかないのです。

さて、数学苦手だったのなら、構造設計者になって悩んだか?と聞かれると、正直数学関係で悩んだことは一度もありません。

と、いうより構造設計という仕事の認識が皆違う。大学の先生も間違っている。まぁ、彼らは一度も実務をせずドクター⇒先生になった人たちだからしょうがないけど。

スポンサーリンク

 

数学?何それ?んなもん使わないよ。

数学なんて使いません。僕らが使うのは算数です。

コレマジです。

数学なんて高尚なものを使うなんておこがましい。僕も構造設計をする前は、さぞ大層な数式を駆使して理論をどうのこうのする、と思っていました。でも、実際に使うのは『四則演算のみ』。要するに足し算、引き算、掛け算、割り算ね。

だから、まず1つ言いたいこと。数学なんて出来なくても楽勝で構造設計者になれる!むしろ、物理的な感性が大事。

僕は物理的な感性も欠けているのですが、例えば、物の静的な運動のイメージが出来る人。こういう人たちは構造設計者に向いています。そういったセンス的なものを磨く方法ってあんまり思いつかないのですが、経験ですかね。子供の頃、ピタゴラスイッチをシコタマ作るとか。

 

悩んだことは結局、聞く力。

改めて『図太い人、図々しい人』尊敬します。皮肉じゃなくて、本当に。普通、聞けませんよ。親ほど年が離れた他人に、1日に何度も何度も質問するなんて。

でも、これが出来る人が成長する人なんです。職場環境の運もあります。僕みたいに、同僚ナシで、すぐ上司が60過ぎの部長なんて日には最悪です。知識量のレベルが違いすぎて、こっちが聞きたいことの意図が分かってくれない。

おまけに、聞きづらい。非常に聞きづらい。もし、30才くらいの先輩にあったのならラッキー。そんなに年が離れていないので、ズケズケと質問できるかもしれません。

聞けば聞くほど理解は進みます。おまけに上司とのコミュニケーションも進むので連携もスムーズ。いいこと尽くしです。

僕は出来ませんでしたけど。

 

コミュ力あるやつなら誰でも構造設計できるわ。

社会にでて5年経過しますが、コミュ力こそ正義です。構造設計をやる上でも例外ではありません。数学の能力なんて0でもいい。コミュ力100あるなら、僕はそっちの人材を登用しますわ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 2年間総合資格に通った結果、100万円無駄にした話
  2. 公務員になりたいなら、土木学科入学をおすすめする3つの理由
  3. 耐震性で決める、マンション・アパート選びのポイントについて
  4. 建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?
  5. 僕が思う、会社の飲み会に行くと損をする3つの理由

関連記事

  1. 未分類

    そで壁柱の曲げ耐力 完全塑性理論について

    鉄骨と違ってRCは分からないことが沢山あります。最近、耐震補強の物件を…

  2. 構造設計に関すること

    支点の考え方と力の流れ方について。

    『支点』が学校の授業で軽く扱われています。今、授業を思い返してみてなん…

  3. 構造設計に関すること

    EV棟の設計マニュアル その1

    EV棟の設計を多くやりました。慣れたら簡単。でも既存との関係、転倒の検…

  4. 構造設計に関すること

    構造設計の仕事は『質を重視』と『量をこなす』どちらが大事か?

    ブラック事務所に入所して早6年。1年目から、もう辞めると言い続けてまだ…

  5. 建築のこと

    建築屋さんが覚えるべき最低限の構造計画3つ

    ども、tyazukeです。意匠屋さんで、図面を描くときにRC壁…

  6. 構造設計に関すること

    露出柱脚のキレイな納め方のコツ。

    ども、tyazukeです。ご存知の通り柱脚には3種類あります。…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  2. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  3. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  4. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  5. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
PAGE TOP