本の紹介

【書評】構造計画の原理と実践で分かった構造家の考え。

ども、tyazukeです。

構造設計は大まかに捉えると、2つの過程が見えてきます。1つが構造計画、2つ目が構造計算。理想は構造計画に重きを置き、それに基づいて構造計算を行うことです。

しかし、構造設計の手法としては、構造計画が軽んじられている場合も多々あります。理由は一貫計算プログラムの普及です。

柱、梁の断面、荷重を入力すれば勝手に計算できるので、極論を言えば構造計画しなくても設計はできます。

 

電算入力し、NGになる部材を大きくして、後はTry and Errorの繰り返し。しかも計算速度は格段に向上していますから、時間もかかりません。

本書は、そういったブラックボックス化した構造計算とは真逆の、構造計画を大事にした構造設計事例をまとめた本です。

構造計画の原理と実践

 

構造計画の手法が明記されている珍しい本

本書は、現在の構造設計を危惧するかのように「構造計画」の原理が説明されています。そもそも、構造計画は個人で異なるため、この手の本は出版されませんでした。珍しいタイプの本です。

本書の著者は、JSCAの会長でもある金箱さんです。彼の豊富な設計作品を例にして、「この建物は、こんな風に構造計画しました」という金箱さんの頭のプロセスが見えるから面白いです。

 

ところで金箱さんの事務所からは、実力ある構造家が次々と輩出されています。ブラックボックス化した電算ばかり使わない設計姿勢とか、構造計画を大事にする思想が組織づくりには大事かも。

下記の記事では、優秀な構造家が育つ組織の在り方について言及しました。参考にどうぞ。

優秀な構造家が育つ、組織の在り方とは?

 

先人の知恵を取り入れよう。

学ぶは、真似ることから始まります。構造計画も先人の真似をして昇華していくことを考えれば、この本はぜひシリーズ化して、色んな構造設計者で構造計画の原理と実践について解説してもらいたいですね。

あと僕は、構造家の中ではカラトラバが好きですねぇ。有機的な建築が世界的に高評価を得ています。

下記の記事は、そんなカラトラバの、設計の流儀が分かる一冊。ちなみに翻訳は偶然にも金箱さんです。あわせて参考にしてください。

【書評】建築家の講義 サンチャゴ・カラトラバ

というわけで、今回は以上です。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 有給消化率98%の僕が伝える、有給が取りにくいと悩む人へのアドバイス
  2. 杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?
  3. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。
  4. クレーンの衝撃力を設定する基礎項目について
  5. マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】作家の支出、を読んで

    小説家らしからぬ本を小説家が書いた。TVドラマでも有名な「全てがFにな…

  2. 本の紹介

    【書評】刑事ドラマ・ミステリーがよくわかる 警察入門、を読んで。

    たまには嗜好を変えた本を読んでみた。テーマは「警察」。なぜ、こんな本を…

  3. 本の紹介

    【書評】もっと知りたい!リフォーム&中古住宅売買の基礎知識、を読んで。

    今日は、こんな本を読んでみました。まず頁をめくり、「はじめに」…

  4. 本の紹介

    【書評】建材・設備はどこで何から作られているのか、を読んで。

    「その手があったか。」―この本を手に取ったとき、そう思いました。まぁ読…

  5. 本の紹介

    【書評】意識すれば普段の生活をアウトドアに!「人間の基本」を読んで。

    僕は田舎生まれ、田舎育ち。でも今は都会に住んでいます。都会で仕事し…

  6. 本の紹介

    【書評】やっぱりやらなきゃ耐震リフォーム、を読んで。

    「本」というのは、何か目的があって書かれている。目的は人それぞ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  2. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  3. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  4. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
PAGE TOP