一級・二級建築士の勉強法

最終更新日: 2017.09.3

構造一級建築士の定期講習費用はいくら?どの機関が開催しているの?

ども、tyazukeです。

一級建築士と構造一級建築士、2つの資格を持っている人は、なんと2つの資格それぞれ定期講習を受ける必要があります。

構造一級建築士は構造設計という専門分野に特化した資格なので、という理由です。構造一級建築士の講習頻度は一級建築士よりも多くて3年以内となります。

今回はそんな構造一級建築士の定期講習費用や行っている機関について色々と調べてみました。

スポンサーリンク

 

そもそも、なぜ両方の定期講習必要なの?

チラッと書きましたが、建築士法の改定により構造一級建築士という余計な資格ができました。加えて一級建築士の資格には定期講習が必要になったのです。

構造一級建築士は、より専門性の高い資格のため一級建築士の定期講習とは別に、定期講習の受講が必要です。

 

講習機関、料金共に一級建築士の定期講習と違うので注意

構造一級建築士の定期講習は、一級建築士の定期講習と比較して、講習機関と料金共に違います。

構造一級というマニアックな資格を指導する先生が少ない、ということでしょうか。それではどうぞ。

 

2.(公財)建築技術教育普及センター

16,200 円(テキスト代、税含む)

9:50~17:30

 

1.(株)確認サービス

13,000円(テキスト代、税含む)

講習時間6時間以上

 

実は構造一級建築士の定期講習が行える機関は全国に2つしかありません。1つは公的機関の建築技術教育普及センター、2つめは確認サービス。

建築技術教育普及センターは殿様商売をしているだけあって、とっても費用が高い。16000円!も払うことに。一方、確認サービスは13000円で3000円も安いんですよ。

 

金額的に、建築技術教育普及センターで受講するメリットはほとんどありませんね~。但し、建築技術教育普及センターのテキストは偉い先生方が書いているみたいですよ。

HPから執筆した先生の名前を見ることができます。和田章先生の名前もありました。全く興味ありませんが。大先生の文章を読みたい人は良いかも。

 

まとめ

今回は構造一級建築士の定期講習費用や講習機関について調べてみました。建築技術教育センターはとにかく高い!高い!高い!

大先生の腰巾着以外の人、懸命な人は確認サービスが良いですよ。あえて高い機関に依頼するメリットなんてありませんからね。

では。

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【転職募集】建築の知識を活かしてIT業界で働きたい・・・!そんな君を応援したい!…
  2. 一級建築士に落ちたときの1週間の過ごし方
  3. 転職サイトで総合資格のページを読んだら、ダメだしが凄い件
  4. 百貨店ギフトカードは百貨店のレストランで使えるのか?
  5. 建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?

関連記事

  1. 一級・二級建築士の勉強法

    【一級建築士】独学で法規勉強したけどインデックスは必要ない件

    ども、tyazukeです。一級建築士で一番重要な科目といえば法…

  2. 建築業界の分析

    地盤調査報告書って誰かチェックしているの?

    地盤調査報告書のチェックって誰が行っているのでしょうか。お施主さんが確…

  3. 構造設計の話

    ブラック部長、計算書の構成は事務所で統一しませんか・・・?

    他の事務所がどうしているかわかりませんが、僕のいる事務所では、部長が計…

  4. 構造設計の話

    構造設計にミスはつきもの

    仕事にミスは付き物。仕事をすればするほどミスが増えていきます。…

  5. 構造設計の話

    【技術大国の崩壊】構造設計者の倫理観 その2 東洋ゴムの件

    以前、『構造設計者の倫理観』というタイトルで記事を書きました。その数日…

  6. 構造設計の話

    【毎日辛い】『構造設計をする』というモチベーションの保ち方

    意匠設計と違って圧倒的にモチベーションを保てないのが構造設計です。もく…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築業界の分析

    建築家の、「全て私がやりました」という風潮
  2. 建築屋さんの転職

    MIIDASで適正年収を調べたら、年収が1.7倍に増えた件
  3. 建築屋さんの転職

    設計事務所への就職はどう?種類、仕事内容、給料、労働環境など
  4. 建築屋さんの転職

    構造一級建築士の平均年収と、構造屋さんの年収の上げ方
  5. 構造設計の話

    袖壁の意味と効果、図解で説明してみた
PAGE TOP