構造設計に関すること

溶融亜鉛メッキ高力ボルト大臣認定品とする件

ども、tyazukeです。

1年間に1回は謎の独立庇を設計することがあります。誰が何のために、こんなちっぽけな仕事をとってきたのか、定かではありません。

「こんなの意匠設計者だけでやればいいのに」と、何度思ったことか。

 

で、独立庇は外部に面するので構造体を溶融亜鉛メッキにするわけです。柱・梁だけでなく高力ボルトも全部ね。

溶融亜鉛メッキ高力ボルトをF8Tと言います。今回は、F8Tにまつわる小ネタを1つだけ紹介しましょう。

スポンサーリンク

 

F8TはJIS規格に登録されていない

建築材料は一般的にJIS規格品か、JAS規格品、大臣認定品である必要があります。基本的に指定建築材料はJIS規格品です。

例えば六角タイプの高力ボルトはJIS高力ボルトと呼ばれています。一方、F8TはJIS規格品じゃないんですねー。意外と忘れがち。

そうすると何が起きるか。「F8Tの性能を証明する認定番号を明記しなさい」とか質疑がくるわけです。

建築基準法第82条一号~三号の構造計算による場合は、上記の性能とする旨は省略することが可能。ただし、四号建築物はF8Tの性能が確認できるよう、大臣認定品を使うことが原則です。

 

SCSS-H97はF10T用のことをお忘れなく

もう1つ紹介。

何も考えず保有耐力継手にできる優れものSCSS-H97は、F8Tには対応していません。それをよく知っている審査機関は真っ先に質問してきます。

僕たち設計者も忘れることなく、F8Tとして高力ボルトの耐力を低減した検討書を作っておきたいですね。

SCSSに明記されているボルト本数より少し増えるかな、と思います。又は全く変わらないことも。

 

まとめ

設計事務所に所属する営業マンたちよ。

余計な仕事を取ってくるんじゃない。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. コンペで勝てない事務所に共通する3つのこと
  2. ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話
  3. 僕が思う、会社の飲み会に行くと損をする3つの理由
  4. 10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた
  5. 【一級建築士】総合資格のテキストを使った感想3つ

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    降伏比は何を意味するのか?SS400をルート3で使って良い?

    SN材(建築用鋼材)は降伏比の上限規定しています。なぜか?…

  2. 構造設計に関すること

    角鋼管柱に小梁を取り付ける時の、支点間距離の考え方

    鉄骨小梁を計算するとき、スパンは皆さんどう設定していますか?小…

  3. 構造設計に関すること

    腰壁の剛域はどうしていますか?

    普通、剛域の設定は一貫計算プログラムで自動設定していますよね。でも、時…

  4. 構造設計に関すること

    【RC規準のイロハ】壁部材の柱と梁の最少断面

    柱や梁を小さくしようと思ったとき、『どこまで小さくできるか?』考えたこ…

  5. 建築のこと

    鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法

    ども、tyazukeです。鉄骨造の納まりで注意することは、大梁…

  6. 構造設計に関すること

    震度と計測震度ってどう違うの?

    今日は一般の方や意匠設計者向けの記事ですが、構造にお詳しい方も『へ~』…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  2. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  3. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  4. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  5. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
PAGE TOP