構造設計に関すること

溶融亜鉛メッキ高力ボルト大臣認定品とする件

ども、tyazukeです。

1年間に1回は謎の独立庇を設計することがあります。誰が何のために、こんなちっぽけな仕事をとってきたのか、定かではありません。

「こんなの意匠設計者だけでやればいいのに」と、何度思ったことか。

 

で、独立庇は外部に面するので構造体を溶融亜鉛メッキにするわけです。柱・梁だけでなく高力ボルトも全部ね。

溶融亜鉛メッキ高力ボルトをF8Tと言います。今回は、F8Tにまつわる小ネタを1つだけ紹介しましょう。

スポンサーリンク

 

F8TはJIS規格に登録されていない

建築材料は一般的にJIS規格品か、JAS規格品、大臣認定品である必要があります。基本的に指定建築材料はJIS規格品です。

例えば六角タイプの高力ボルトはJIS高力ボルトと呼ばれています。一方、F8TはJIS規格品じゃないんですねー。意外と忘れがち。

そうすると何が起きるか。「F8Tの性能を証明する認定番号を明記しなさい」とか質疑がくるわけです。

建築基準法第82条一号~三号の構造計算による場合は、上記の性能とする旨は省略することが可能。ただし、四号建築物はF8Tの性能が確認できるよう、大臣認定品を使うことが原則です。

 

SCSS-H97はF10T用のことをお忘れなく

もう1つ紹介。

何も考えず保有耐力継手にできる優れものSCSS-H97は、F8Tには対応していません。それをよく知っている審査機関は真っ先に質問してきます。

僕たち設計者も忘れることなく、F8Tとして高力ボルトの耐力を低減した検討書を作っておきたいですね。

SCSSに明記されているボルト本数より少し増えるかな、と思います。又は全く変わらないことも。

 

まとめ

設計事務所に所属する営業マンたちよ。

余計な仕事を取ってくるんじゃない。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 家は影の下なのになぜ熱いのか?
  2. コンペで勝てない事務所に共通する3つのこと
  3. 地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話
  4. 失敗した部下の叱り方と、叱った後安心させるたった1つの方法
  5. 建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    武藤清の力学本は読み応えがあって良いですね。

    昔の力学本は読み応えがあってとても良いです。もちろん、過去の本…

  2. 構造設計に関すること

    【技術大国の崩壊】構造設計者の倫理観 その2 東洋ゴムの件

    以前、『構造設計者の倫理観』というタイトルで記事を書きました。その数日…

  3. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の重心位置を求める方法

    ども、tyazukeです。ある日、意匠設計部の上司から頼まれま…

  4. 構造設計に関すること

    基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?

    ども、tyazukeです。基礎の接地圧を計算するとき、e/Lを…

  5. 構造設計に関すること

    構造設計はリスクがあるけど、リターンは無いって話。

    ああ、仕事辞めたい。いや、構造設計辞めたい。そんなことを思って4年経過…

  6. 建設業界のこと

    構造を知らない役人への説明資料作成という不毛な作業

    確認申請を提出するとき、ほとんどがビューロベリタスやERIなどの民間業…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  2. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  3. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  4. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  5. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
PAGE TOP