構造設計に関すること

【RC造の設計】鉄筋の剛性を考慮すると計算の収束が遅くなる件

RC造の建物は計算が色々と面倒です。僕が最近担当している物件でよく起きる問題が、『保有水平耐力』が足りないこと。

基本設計で設定した仮定断面の計算よりも荷重が大きくなっていることが原因です。仮定荷重の設定が甘かったかもしれません。

断面を大きくすれば良いですが、実施設計が進んでいる段階でそれはしたくない。ということで僕は『鉄筋の剛性も考慮する』をしています。

 

鉄筋の剛性を考慮すると保有水平耐力がアップ理屈。

一般にRCの剛性は、コンクリート断面だけを考慮します。しかし、実際には鉄筋が入っているので鉄筋の効果を考慮することも可能です。

鉄筋の剛性はコンクリートよりも10倍程度大きいため、小さな断面積でも剛性がアップします。

層間変形角により保有水平耐力が決まっているなら、鉄筋の剛性を考慮すれば『固い建物』になるので耐力が上昇するのです。

 

良いことばかりじゃない。

『鉄筋考慮』は保有水平耐力をアップさせる有効な方法です。が、良いことばかりじゃない。人生甘くありません。

鉄筋を考慮して剛性をアップさせると、当然1次設計まで影響ができます。今まで納まっていた部材がNGになる可能性があります。これだけで済めばいいですが、

1次設計NG→1次設計OK→部材の剛性が変わる(鉄筋考慮のため)→保有水平耐力再計算。

というループに嵌る可能性もあり、1度嵌ると結構大変。いつもの断面感覚もくるって、1次設計の計算も納まらなくなることも。

 

最後の手段にとっておこう。

初めから『鉄筋考慮』で計算すると手戻りが多くて大変です。そのため『鉄筋考慮』は最終手段としてとっておきましょう。でないと、2次設計も収束しづらいし時間を喰って障害ないですから。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法
  2. 建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。
  3. 10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた
  4. 怠け者は、ブログのジャンルを特化すべきだと思う3つの理由
  5. 家は影の下なのになぜ熱いのか?

関連記事

  1. 建設業界のこと

    【建築界の常識】なぜ適判員は事務所に来てくれないのか?【世間の非常識】

    当たり前のことを知人に話していたとき『それ、おかしくない?』、と言われ…

  2. 建築のこと

    クレーンの衝撃力を設定する基礎項目について

    ども、tyazukeです。クレーンが走行する場合、それを受ける…

  3. 建設業界のこと

    【逮捕】建築士の『注意力不足』は犯罪です。【嫌だ】

    建築士の皆さんお元気でしょうか?年末に近づいてきまして、嫌でも忙しくな…

  4. 構造設計に関すること

    構造設計の仕事は『質を重視』と『量をこなす』どちらが大事か?

    ブラック事務所に入所して早6年。1年目から、もう辞めると言い続けてまだ…

  5. 構造設計に関すること

    カラトラバ「石を吊るすだけでも表現方法になりうる。」

    何のことだ、と思われたかもしれません。「石を吊るすだけでも表現…

  6. 建設業界のこと

    将来、構造設計の仕事は無くなる?人の手より機械の手。

    ごめんなさいね。毎回暗い話が多くて。でもネガティブなのは性分なので。割…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  2. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  3. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  4. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
PAGE TOP