建築のこと

屋根に折板を使うときの注意点3つ。

ども、tyazukeです。

鉄骨造の小さな建物だと、屋根に折板を使うことが多いです。折板は軽くて設計が簡単で、便利な代物です。

最もくわしい 屋根・小屋組の図鑑
ただし、設計は簡単ですがいくつか注意することがあります。今回は屋根に折板を使うときの注意点を3つ紹介します。

スポンサーリンク

 

折板は山高によって許容スパンが変わる

折板を用いるとき最も注意することは、小梁の配置です。

折板は鋼板を折り曲げて強度を高めた部材。何十メートルもスパンを飛ばすことができません。目安としては、せいぜい3.0m程度。

つまり3.0m以内ごとに小梁を設ける必要があります。

 

さらに折板の許容スパンは山高で変わります。山高とは折板の山になっている部分の高さのこと。当然ですが、山高が大きいほど許容スパンが長くなります。

意匠と構造、両方の要望を満足した山高を設定し、小梁のピッチを決めましょう。

 

折板方向と直交方向に小梁は設ける

折板は荷重の方向性があります。

水の流れる折板方向が、そのまま荷重の流れる方向です。つまり小梁は、折板方向と直交する方向に設けることが原則です。

 

折板から天井は吊れない。

東日本大震災で、折板から吊った天井が多数落ちたと聞きます。

以降、折板から直接天井を吊ることはやらなくなりました。実際僕は、いくつかの折板メーカーに問い合わせしましたが、全てNO.という答え。

天井をつけたいときは、天井受け材が別途必要です。母屋のような材料で十分でしょう。

 

昔の人は、当たり前に折板から天井吊っていたので、注意しましょう。

 

折板の水の流れ方向と直交方向は片持ちにできない。

折板の水の流れ方向は、いわゆる強軸方向なので、折板単体で片持ちにできます。各メーカーとも、山高の5倍と言われています。

一方、折板方向と直交方向は片持ちにできません。弱軸方向だからです。ですから、必ず片持ち梁を設けて折板を受けるようにしましょう。

 

まとめ

  • 折板は山高によって許容スパンが変わる
  • 折板方向と直交方向に小梁は設ける
  • 折板から天井は吊れない。
  • 折板の水の流れ方向と直交方向は片持ちにできない。

以上、折板を使うときの注意点でした。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 公務員になりたいなら、土木学科入学をおすすめする3つの理由
  2. 二級建築士の受験資格について
  3. 商売のカモにできる、建築学生の特徴について
  4. 縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方
  5. 2年間総合資格に通った結果、100万円無駄にした話

関連記事

  1. 労働のこと

    10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた

    ども、tyazukeです。設計職はクリエイティブな仕事だと、僕…

  2. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。

    ども、tyazukeです。僕は大学院で鉄骨造に関する研究室にい…

  3. 労働のこと

    中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?

    ども、tyazukeです。この記事を読んでいるということは、設…

  4. 構造設計に関すること

    擁壁の安定モーメントはどうやって算定する?

    僕のフリーアドレスに日建学院からのメールが入っていました。「構造計算 …

  5. 建設業界のこと

    構造を知らない役人への説明資料作成という不毛な作業

    確認申請を提出するとき、ほとんどがビューロベリタスやERIなどの民間業…

  6. 労働のこと

    構造設計がどんな仕事が知りたい?誤解されている点も説明するよ。

    このブログでは建設業界の労働環境に切り込んできました。また断片的に『構…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  2. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  3. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  4. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  5. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
PAGE TOP