建築のこと

屋根に折板を使うときの注意点3つ。

ども、tyazukeです。

鉄骨造の小さな建物だと、屋根に折板を使うことが多いです。折板は軽くて設計が簡単で、便利な代物です。

最もくわしい 屋根・小屋組の図鑑
ただし、設計は簡単ですがいくつか注意することがあります。今回は屋根に折板を使うときの注意点を3つ紹介します。

スポンサーリンク

 

折板は山高によって許容スパンが変わる

折板を用いるとき最も注意することは、小梁の配置です。

折板は鋼板を折り曲げて強度を高めた部材。何十メートルもスパンを飛ばすことができません。目安としては、せいぜい3.0m程度。

つまり3.0m以内ごとに小梁を設ける必要があります。

 

さらに折板の許容スパンは山高で変わります。山高とは折板の山になっている部分の高さのこと。当然ですが、山高が大きいほど許容スパンが長くなります。

意匠と構造、両方の要望を満足した山高を設定し、小梁のピッチを決めましょう。

 

折板方向と直交方向に小梁は設ける

折板は荷重の方向性があります。

水の流れる折板方向が、そのまま荷重の流れる方向です。つまり小梁は、折板方向と直交する方向に設けることが原則です。

 

折板から天井は吊れない。

東日本大震災で、折板から吊った天井が多数落ちたと聞きます。

以降、折板から直接天井を吊ることはやらなくなりました。実際僕は、いくつかの折板メーカーに問い合わせしましたが、全てNO.という答え。

天井をつけたいときは、天井受け材が別途必要です。母屋のような材料で十分でしょう。

 

昔の人は、当たり前に折板から天井吊っていたので、注意しましょう。

 

折板の水の流れ方向と直交方向は片持ちにできない。

折板の水の流れ方向は、いわゆる強軸方向なので、折板単体で片持ちにできます。各メーカーとも、山高の5倍と言われています。

一方、折板方向と直交方向は片持ちにできません。弱軸方向だからです。ですから、必ず片持ち梁を設けて折板を受けるようにしましょう。

 

まとめ

  • 折板は山高によって許容スパンが変わる
  • 折板方向と直交方向に小梁は設ける
  • 折板から天井は吊れない。
  • 折板の水の流れ方向と直交方向は片持ちにできない。

以上、折板を使うときの注意点でした。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築とテクノロジーのこれからに関する考察
  2. ご老人のテクノロジーに対する見解に、一言申す。
  3. 建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?
  4. 本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 
  5. 【書評】耐震構造の基礎は正真正銘の名著だった。

関連記事

  1. 建築のこと

    サルでもわかる、建設と建築の根本的な違いについて

    ども、tyazukeです。建設と建築って何が違うの、という質問…

  2. 建設業界に関するニュースのこと

    豊洲新市場の件は、『技術論』や『正しい・間違い』の問題じゃない。

    連日、豊洲新市場の件が報道されていますが・・・マスコミも飽きませんねぇ…

  3. 構造設計に関すること

    構造設計者なら知っておきたい、重力とは何か?

    ほとんどの物には必ず重量があります。重量は、物質の質量×重力加速度9.…

  4. 建築のこと

    袖壁の意味と効果について

    ども、tyazukeです。他業界の人と話していると、ついつい専…

  5. 構造設計に関すること

    基礎が回転する耐震壁のD値の考え方について

    普通、建物の基礎は固定で計算します。ここで言う固定は「固定端」のように…

  6. 建築のこと

    【書評】平屋に暮らすー本当の豊かさを育む住まい20軒

    ども、tyazukeです。平屋で暮らすことに、僕は憧れています…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  2. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  3. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  4. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  5. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
PAGE TOP