建築のこと

屋根に折板を使うときの注意点3つ。

ども、tyazukeです。

鉄骨造の小さな建物だと、屋根に折板を使うことが多いです。折板は軽くて設計が簡単で、便利な代物です。

最もくわしい 屋根・小屋組の図鑑
ただし、設計は簡単ですがいくつか注意することがあります。今回は屋根に折板を使うときの注意点を3つ紹介します。

スポンサーリンク

 

折板は山高によって許容スパンが変わる

折板を用いるとき最も注意することは、小梁の配置です。

折板は鋼板を折り曲げて強度を高めた部材。何十メートルもスパンを飛ばすことができません。目安としては、せいぜい3.0m程度。

つまり3.0m以内ごとに小梁を設ける必要があります。

 

さらに折板の許容スパンは山高で変わります。山高とは折板の山になっている部分の高さのこと。当然ですが、山高が大きいほど許容スパンが長くなります。

意匠と構造、両方の要望を満足した山高を設定し、小梁のピッチを決めましょう。

 

折板方向と直交方向に小梁は設ける

折板は荷重の方向性があります。

水の流れる折板方向が、そのまま荷重の流れる方向です。つまり小梁は、折板方向と直交する方向に設けることが原則です。

 

折板から天井は吊れない。

東日本大震災で、折板から吊った天井が多数落ちたと聞きます。

以降、折板から直接天井を吊ることはやらなくなりました。実際僕は、いくつかの折板メーカーに問い合わせしましたが、全てNO.という答え。

天井をつけたいときは、天井受け材が別途必要です。母屋のような材料で十分でしょう。

 

昔の人は、当たり前に折板から天井吊っていたので、注意しましょう。

 

折板の水の流れ方向と直交方向は片持ちにできない。

折板の水の流れ方向は、いわゆる強軸方向なので、折板単体で片持ちにできます。各メーカーとも、山高の5倍と言われています。

一方、折板方向と直交方向は片持ちにできません。弱軸方向だからです。ですから、必ず片持ち梁を設けて折板を受けるようにしましょう。

 

まとめ

  • 折板は山高によって許容スパンが変わる
  • 折板方向と直交方向に小梁は設ける
  • 折板から天井は吊れない。
  • 折板の水の流れ方向と直交方向は片持ちにできない。

以上、折板を使うときの注意点でした。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 僕が思う、会社の飲み会に行くと損をする3つの理由
  2. 新入社員の約50%が3年以内に離職する建設業界って・・・
  3. 鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法
  4. アマゾンの「Kindle Unlimited」が予想の斜め上を行き過ぎている件
  5. 建築は自然を壊しているのでは、と言う話

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    人は何キロの衝撃で死に至るのか?地震と圧死の関係について

    地震で、頭上に物が落下すれば生命の危機です。地震による死亡被害で、溺死…

  2. 建築のこと

    ご老人のテクノロジーに対する見解に、一言申す。

    ども、tyazukeです。アナログ派のご老人に困ったことはあり…

  3. 構造設計に関すること

    埋め込み柱脚にしたときの支点について

    ども、tyazukeです。これまで、柱脚の納まりを埋め込み柱脚…

  4. 構造設計に関すること

    設計ミスをした先輩。会社と社長は守ってくれなかった。

    僕の先輩の悲しい話。先輩はそれはもう働き者です。僕が勤めている事務所に…

  5. ブログ運営

    若い頃は暇で暇で仕事が欲しい、と思うくらいが丁度いい

    ども、tyazukeです。よく、若い頃は買ってでも苦労しろ、と…

  6. 労働のこと

    50㎡の建物が確認申請を出すまで1年かかって病んだ件。

    仕事は早く終わるほど精神衛生上良いものです。僕が入所しているブラック事…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  2. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  3. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  4. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  5. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
PAGE TOP