建築のこと

屋根に折板を使うときの注意点3つ。

ども、tyazukeです。

鉄骨造の小さな建物だと、屋根に折板を使うことが多いです。折板は軽くて設計が簡単で、便利な代物です。

最もくわしい 屋根・小屋組の図鑑
ただし、設計は簡単ですがいくつか注意することがあります。今回は屋根に折板を使うときの注意点を3つ紹介します。

スポンサーリンク

 

折板は山高によって許容スパンが変わる

折板を用いるとき最も注意することは、小梁の配置です。

折板は鋼板を折り曲げて強度を高めた部材。何十メートルもスパンを飛ばすことができません。目安としては、せいぜい3.0m程度。

つまり3.0m以内ごとに小梁を設ける必要があります。

 

さらに折板の許容スパンは山高で変わります。山高とは折板の山になっている部分の高さのこと。当然ですが、山高が大きいほど許容スパンが長くなります。

意匠と構造、両方の要望を満足した山高を設定し、小梁のピッチを決めましょう。

 

折板方向と直交方向に小梁は設ける

折板は荷重の方向性があります。

水の流れる折板方向が、そのまま荷重の流れる方向です。つまり小梁は、折板方向と直交する方向に設けることが原則です。

 

折板から天井は吊れない。

東日本大震災で、折板から吊った天井が多数落ちたと聞きます。

以降、折板から直接天井を吊ることはやらなくなりました。実際僕は、いくつかの折板メーカーに問い合わせしましたが、全てNO.という答え。

天井をつけたいときは、天井受け材が別途必要です。母屋のような材料で十分でしょう。

 

昔の人は、当たり前に折板から天井吊っていたので、注意しましょう。

 

折板の水の流れ方向と直交方向は片持ちにできない。

折板の水の流れ方向は、いわゆる強軸方向なので、折板単体で片持ちにできます。各メーカーとも、山高の5倍と言われています。

一方、折板方向と直交方向は片持ちにできません。弱軸方向だからです。ですから、必ず片持ち梁を設けて折板を受けるようにしましょう。

 

まとめ

  • 折板は山高によって許容スパンが変わる
  • 折板方向と直交方向に小梁は設ける
  • 折板から天井は吊れない。
  • 折板の水の流れ方向と直交方向は片持ちにできない。

以上、折板を使うときの注意点でした。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 杭施工誤差が生じた時の対処法について
  2. 建築系ブログを200記事書いたときのPVは?
  3. 自分の生き方に満足できていますか?
  4. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?
  5. 優しい性格の人は建築士に向いていない、たった一つの理由

関連記事

  1. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士の定期講習費用はいくら?どの機関が開催しているの?

    ども、tyazukeです。一級建築士と構造一級建築士、2つの資…

  2. 構造設計に関すること

    擁壁の安定モーメントはどうやって算定する?

    僕のフリーアドレスに日建学院からのメールが入っていました。「構造計算 …

  3. 構造設計に関すること

    片持ち梁が付かない出隅片持ちスラブについて

    片持ち部材は怖いですよね。固定端の1つで成立している部材ですから。その…

  4. 建築のこと

    隈研吾氏に学ぶ、社員を大事にするちょっとした心遣い

    ども、tyazukeです。建築家って基本は自分勝手で偏屈で僕は…

  5. 労働のこと

    構造一級建築士の平均年収とは?

    ども、tyazukeです。構造設計者にとって、構造一級建築士の…

  6. 未分類

    そで壁柱の曲げ耐力 完全塑性理論について

    鉄骨と違ってRCは分からないことが沢山あります。最近、耐震補強の物件を…

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  2. 二級建築士の試験勉強

    【二級建築士】鉛直荷重に関する問題の解き方
  3. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  4. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  5. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
PAGE TOP