構造設計に関すること

杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?

ども、tyazukeです。

皆さん杭頭補強筋の定着長さをどうやって決めていますか?

杭頭を固定とするためには、杭を所定の長さ埋め込む方法と、杭頭補強筋を基礎部に定着させる方法があります。

 

で、杭頭補強筋を基礎部に定着させるとき、必要な長さを定着させるのですが、一体いくつ定着させれば良いのか明確な基準が無いように思います。

杭基礎施工便覧

 

例えば、一般的に行われている方法は杭頭から「40d」直線定着させるもの(国交省の基準だったかなぁ・・・)。

しかし、建築学会の配筋指針を読むとコレが「L2」になっています。L2の定着長さを読めば30d。またフック付き定着とすれば20dです。

 

なぜそんなに考え方が違うのか理解できませんが、せっかく建築学会が最新の知見を更新しているのに、それに国の基準や各省が追従しなければ全く意味がありませんね。

スポンサーリンク

 

RC規準より計算で確認する方法

RC規準2010年版から計算で確認する方法はどうでしょうか。例えば、鉄筋径D19の場合、40dだと

L=40×19=760mmです。

次に計算で確認すると、

L=1.25x345x19/10×1.35=606mm<40d

となり、40dよりも短くなります(なるはず・・・)。もちろん簡単のため、40dとしても結果安全側なので良いかもしれませんが、いたずらにコンクリートボリュームが増えるし。

計算で確認する方法があるのなら、余分に定着長さをとらなくても良いのでは、と思います。

 

公共工事仕様書が優先

とは言ったものの、公共物件の場合、物件がどのような仕様で設計するのか示した仕様書がすべてです。

設計者の判断によるものもあれば、直線定着40dを推奨するものもあって、考え方がバラバラ。

 

設計者側としては、とても困ります。それに各都道府県でも統一した見解がありませんよね。杭頭補強に限った話ではないのですが。

これが建築の良いところであり悪い部分です。土木なら「右にならえ」と親方が言えば、皆が倣う。でも建築は左向いたり、前や後ろを向く連中がいる。

全く困った話です。

ところで杭関係の話題として、杭の施工誤差も忘れてはならないポイントです。今回の話題とは直接関係ないですが、下記の記事に詳細をまとめています。合わせて参考にしてください。

杭施工誤差が生じた時の対処法について

今回説明しきれなかった杭の設計・施工方法は、下記の本が参考になります。実務者向けの本ながら、理論もガッツリ書いてあります。

1つ注意点は、日本道路協会から出版された土木系の図書ということ。建築と若干考え方の違いがあることをお忘れなく。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について
  2. youtuberが凄い理由と、建築家がクソな理由
  3. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?
  4. 確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話
  5. 剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    【初心者必見】構造設計でミスした前後ですべき3つのこと

    ども、tyazukeです。どんな仕事でもミスは付き物です。10…

  2. 構造設計に関すること

    2本打ち杭基礎のねじり曲げの検討について

    最近の傾向として、杭は複数本打つよりも高支持力の杭にして1本打ちとする…

  3. 構造設計に関すること

    擁壁の安定モーメントはどうやって算定する?

    僕のフリーアドレスに日建学院からのメールが入っていました。「構造計算 …

  4. 構造設計に関すること

    RC梁せいはスパンの1/10で決めるのは、なぜ?

    ども、tyazukeです。RC規準を読み進めると、色々な発見が…

  5. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目

    ども、tyazukeです。僕自身、建築設計を辞めようと思うこと…

  6. 構造設計に関すること

    柱脚の保有耐力接合の検討方法について

    『ブレース構造は必ず保有耐力接合にすること』は、ブレース構造を成立させ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  2. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  3. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  4. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  5. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
PAGE TOP