建設業界のこと

印象最悪! 兵庫県住宅建築総合センターへ行ってきた。

僕は、設計した物件の半分以上が関西圏の建物で、なぜか兵庫県の物件に多く当たります。で、本当に嫌なのが、『兵庫県住宅建築総合センター』へ適合性判定を出さにゃならんこと。長いので『センター』と書いておきます。構造屋さんなら、ここの悪名高さはご存知の通りですが、一度もセンターへ行ったことが無かったので、初めて足を踏み入れた時は緊張しました。

忘れもしません。その日、一日中衝撃だったことを、書いておきます。

スポンサーリンク

 

適判員が足を椅子の上に乗せ、睨みつける事案が発生。

この日、センターへ訪れた理由は、追加説明書の添付でした。メールでのやり取りで、既に適判員からOKは貰っていたのです。ですから、正直、少し軽い気持ちで行きました。

確か、三ノ宮にあるビルの7階だったと思います。兵庫県住宅建築総合センターという看板がある部屋へ入ると、真っ先に目に入ったのが・・・

イスに足を乗せたまま、こちらを睨みつける適判員の姿

でした。一瞬、目を疑う光景でした。だって、あり得ないですよね? 日本の会社で、仕事中にイスの上に足を乗せてボケーとしているなんて。僕が受付で立っているときも、その姿勢を崩すことなく、

『何しに来たんや? ワレ』

と、言わんばかりの表情でじっと睨みつけてきます。足はイスの上に乗せたまま(足の裏がコチラへ向いています)。幸い、受付には女性の方が見えたので、僕は『〇〇の件で追加説明書を持って伺いました』と説明し、担当の方は別だったので良かったです。が、こんな人間として不適格な者が、建物が適格かどうかを判定しているのか、と絶句したのです。

今、適判機関は各県に複数社されています。以前の独占状態が見直されたのです。しかし、兵庫県ではなぜか『兵庫県住宅建築総合センター』しか無く、上記に述べたようなサービスの低下が起きています。設計事務所はお金を払っている側です。そのお客様に対し、足の裏を向けて踏ん反り返る姿が正しいと言えるのでしょうか?

兵庫県には、早期に別の適判機関が設立されることを望みます。おそらく『兵庫県住宅建築総合センター』の仕事量は半分以下になるでしょう。

それほど酷い対応だったのです。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。
  2. 一級建築士の定期講習費用は自己負担?会社が払ってくれないの?
  3. 日建学院の合格実績88.2%は色々誤魔化してるから気を付けような
  4. 信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話
  5. マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    吹き抜け部の移行せん断力による、剛床の確認について

    均等にフレームが組まれたラーメン構造の場合、吹き抜け部があっても特に問…

  2. 労働のこと

    僕が体験した図面のチェック体制が整っていない環境と危険性

    他事務所さんの話を聞いて一番ギャップを感じることが、『仕事はチームです…

  3. 構造設計に関すること

    腰壁の剛域はどうしていますか?

    普通、剛域の設定は一貫計算プログラムで自動設定していますよね。でも、時…

  4. 建築のこと

    メーカー5社の、既製柱脚の性能の違いを比較してみた

    ども、tyazukeです。鉄骨造で一番既製品が使われる箇所の1…

  5. 本の紹介

    【書評】初めての建築構造設計

    入社したての頃、右も左も分からない状態で構造設計をしていました。僕が入…

  6. 本の紹介

    直感で構造設計を理解する方法とは?

    構造設計を長年続けると「直感」が身につく。ぱっと図面や建物を見…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  2. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  3. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  4. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  5. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
PAGE TOP