構造設計に関すること

鉄骨小梁のスパンと応力度の関係の勘所。

RC小梁に比べて鉄骨小梁は部材選定に慎重になる必要があります。なぜなら、鉄骨梁は「たわみやすい、揺れやすい」からです。だからこそ、応力度と変形の両方をチェックします。

さて、応力度と変形2つの判定が必要ということは、部材選定のときどちらで決まるのか?判断する必要があります。

大体、何メートルくらいから変形量で決まるのか?それとも応力度で部材決定する必要があるのか?鉄骨小梁のスパンと応力度の関係の勘所を整理しました。

 

下図はスパンと変形角(スパン÷変形量)の関係です。スパンを4、6、8・・・ 20mまで増やしました。縦軸は変形角、2500までとしました。Hは梁せいを示していて、H200はH-200x100x5.5x8です。

荷重はw=18.0kN/m(6.0kN/㎡×3m負担幅。住居並みのTLを想定)、等分布荷重です。赤線は変形角の下限値1/250のライン。建築基準法で守るべき変形量の最低値。

整理した結果、いずれの梁せいでも同じようなグラフになります(当然ですが)。H200~250ならスパン6mは変形量で決まりそう。H300は8mのスパンで変形量が厳しい。12mスパンになると、H150~600の半分以上が変形量を満足せず、16mになれば全ての梁で変形を満足しませんでした。

 

以上をおさえて、スパンと応力度の関係をみていきましょう。縦軸は応力度です。横軸はスパン。赤線は長期許容応力度156です。

スパン4mなら、ほとんど応力度はOk。ただし、H150,200は応力度がNG。スパンと変形角の図と逆の結果です。つまり、4m程度のスパンでは変形よりも応力度に注意した方が良いということ。

スパン6mは、H250、300もNGに。一方、変形角の図ではOKです。つまり、6mスパンでも変形量より応力度に注意します。8mスパンでも、変形量よりも応力度が決まりそう。12m以上では、ほとんどの部材がNGになります。変形角の図でも同じような結果が得られました。

スポンサーリンク

 

応力度と変形角は表裏一体に近い。応力度でNGなら変形量も厳しい。

結局、応力度と変形角の結果は表裏一体に近いものでした。要するに、応力度が厳しければ変形量も厳しくなる、と。また変形角でOKでも、応力度でNGになる部材も多くありました。

まぁ、断面二次モーメントと断面係数は同じような係数ですからね(Z=I/y)。

また小梁で12m以上のスパンは、工夫しないと飛ばせません。今回H600まで整理したので、それ以上の部材にするか、スラブの剛性を考慮する、2方向ビームにする等。

真新しい勘所は得られませんでしたが、応力度と変形角が表裏一体ということは、両方注意しなければならない証。応力度をみたら変形角も合わせてチェックしましょう。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?
  2. 怠け者は、ブログのジャンルを特化すべきだと思う3つの理由
  3. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない
  4. 百貨店ギフトカードは百貨店のレストランで使えるのか?
  5. 一級建築士に落ちたときの1週間の過ごし方

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    角パイプの柱は要注意。新しい板厚は納期が遅い。

    鉄骨造の柱でコラム(BCRやBCP)は最も一般的ですね。H鋼で柱を造る…

  2. 構造設計に関すること

    増打ちによる水勾配があるスラブの、固定荷重の考え方について

    例えば屋根、1階の床は集水する目的で水勾配をつけます。構造設計の実務を…

  3. 建築のこと

    ALC版の許容スパンは、同じ荷重でも各メーカーで違う件

    ども、tyazukeです。屋根や床にALC版を使うことがあります。荷重…

  4. 構造設計に関すること

    柱芯とブレース芯がズレたときの柱脚の設計について

    ブレース構造って面倒ですよね。納まりも考えることが多いし。ラーメン構造…

  5. 構造設計に関すること

    杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?

    ども、tyazukeです。皆さん杭頭補強筋の定着長さをどうやっ…

  6. 構造設計に関すること

    菱形と正方形では、どちらが強いのか?

    菱形と四角形では断面係数が違います。どの程度違うのか?…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  2. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  3. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  4. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  5. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
PAGE TOP