構造設計に関すること

意図なく部材を細くしたところで、良い建築はできないよ

学生や社会人1年目、今でもそうですが細い柱って憧れますわ。100mm以下の柱で屋根を支える―部材を極限まで細くすることは、構造屋さんにとっては挑戦です。

構造屋としての楽しみもあれば、構造家の仲間入りができたような気がする。

でも、注意したいのが「意図なき細い部材」です。僕も同じ罠に引っ掛りました。1年目の頃の話です。

スポンサーリンク

 

丁度いい平屋建物で、細い柱にしてみた結果

丁度いい平屋建物の設計担当が回ってきました。1年目の半ばだったと思います。建物用途は店舗で、200㎡くらい。一部、ちょっとした休憩所を併設することになっていて、それは屋根だけをうける構造物。

上司と相談して、この休憩室は屋根だけを受けるのですから細い柱で設計することに。僕も大賛成で、「やってやる!」と思っていました。

 

とはいっても、構造的にチャレンジしたわけではなくて、荷重を丁寧に拾って柱は鋼棒を用いて断面を強くしただけ。

それでも構造図に描いた図面は思い切ったな、と思うくらい細い柱ができました。

事件が起きたのは施工後でした。

思っているほど良くないな・・・

 

竣工後、できあがった建物を見に行きました。だけど僕の想像と僅かに違ったのです。もっとスレンダーでカッコよく新建築の雑誌みたいに、なんて思っていました。

でも現実は、どこか野暮ったい。柱は確かに細いが、安っぽい。まるで仮設みたいだ。なぜだろう・・・。僕は外周を歩いてみました。あることに気づいたのです。

 

それは屋根の厚み。もっと見付けが薄い屋根を想像していたのに、柱の太さよりも厚い屋根がノッペリとみえている。なんだか野暮ったい原因はコレでした。そして、2つめの理由も気づきます。

それは、樋。柱と屋根があるなら樋がある。柱の横に取り付けられた樋は柱より大きくて、柱が安っぽく見えてしまう。

 

意図なく細い部材にするくらいならやめてしまえ

これらの反省は、「意図なく細くした部材」は何のデザイン性も無いのです。結局、建築物の外観は意匠設計者(建築家)が端を発します。構造設計者はそれに追従するのみで、有名な構造家だってそう。

佐々木睦老さんが平凡な意匠設計者と組んで、良い建築ができますか、ということ。構造屋だけ盛り上がっちゃって、意図なく細くした柱は全然カッコよくなかったのです。

 

もしかして、今担当している物件で部材を細くしようとしていますか?それは意匠屋の意図がありますか?

抜け殻みたいな建築になるので、皆さんも気をつけましょうぜ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない
  2. 建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。
  3. 日建学院の合格実績88.2%は色々誤魔化してるから気を付けような
  4. 社会人がお金を使わずに、1日を満足に過ごす思考法
  5. 鉄骨造で注意したい、外壁による鉄骨梁のねじれについて

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    数学苦手だった僕が構造設計者になって悩んだこと。

    僕は学生の頃から数学が苦手でした。数式やら公式を誘導するとか、正直わか…

  2. 構造設計に関すること

    ラーメン構造は必ず梁降伏にすべきなの?

    久々の更新で、今日はこんなテーマについて。先輩から、ラーメン構造は必ず…

  3. 構造設計に関すること

    片持ち柱の設計はどうすれば良い?

    ちょっとした庇をつくりたいとき、又は自転車の雨除けなど、片持ち柱の構造…

  4. 構造設計に関すること

    構造計算はいかに単純ミスを減らすか。

    構造計算は単純ミスをいかに減らすかが大切です。実は僕も単純ミス…

  5. 構造設計に関すること

    皆はどうしてる? 横補鋼材のお話。

    保有耐力横補鋼を満足していますか。確認申請や適合性判定で嫌とい…

  6. 構造設計に関すること

    武藤清の力学本は読み応えがあって良いですね。

    昔の力学本は読み応えがあってとても良いです。もちろん、過去の本…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  3. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  4. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  5. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
PAGE TOP