建築のこと

縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方

ども、tyazukeです。今でも建築業界では紙の図面を沢山使います。打ち合わせでも紙をバサッと広げて三角スケールで寸法を測ります。基本設計時の意匠図は寸法の描きこみが少ないので、三角スケールによる分一(※分一の意味は下記より)は当たり前にします。

紙の図面に三角スケールを当てて、寸法の明記が無い箇所の長さを測る行為を「分一(ぶいち)」といいます。

今回は、そんな三角スケールの使い方について説明します。※三角スケールは下画像のやつです(わからない人のために、念のため)。

スポンサーリンク

 

縮尺が合う図面の、三角スケールの使い方

これが三角スケールです。実務で良く使うスケールは15cmサイズです。

 

建築図面には縮尺が示されているので、仮に寸法線が入っていなくても分一で大体の寸法が分かります。例えば、1/100の図面があります。構造図の場合、伏図又は軸組図で使う縮尺です。

1/100の縮尺なら、三角スケールも1/100に合わせます。後は普通のスケール(定規)と同じように使うだけです。上図の三角スケールでは、下記の縮尺で測ることが可能です。

  • 1/100
  • 1/200
  • 1/300
  • 1/400
  • 1/500
  • 1/600

先に述べた通り建築図面には縮尺が書いてあります。大抵、図面の右下側に1/200とか1/100と書いてありますね。

 

次に三角スケールをみます。三角スケールは普通の定規と違って、様々なスケールに対応して寸法が分かるというもの。図面の縮尺が1/200なら、三角スケールでも1/200に縮尺を合わせます。

縮尺が合う図面では、図面に表記された寸法とスケールで測った寸法が一致します。例えば柱スパンが8.0mと寸法が描いてあります。次にスケールで測った場合も8.0mとなる。

これで縮尺が合う図面と確認できます。

では、上記の縮尺に外れた図面の場合、どのように分一で測るのでしょうか。実際の図面でも、三角スケールにない縮尺で図面が描かれることも多いです。

 

縮尺が合わない図面は、測りたい寸法に対して角度を付ける。

例えばA3で1/200の図面をA4で印刷した場合、縮小されて1/141のスケールとなります。

1/140というスケールは当然ありません。ではどうするか。個人的に盲点だったのですが、スケール自体を斜めにすればいいんです。

 

つまり、測りたい長さに対して、スケールをそのまま置くのではなく、45°ずらします。その斜めの長さを測れば、1/200の寸法が測れます。

ある寸法が分かっていて、縮尺が分からない時も、上記の方法で大体の縮尺が分かります。

三角スケールは建築業務で毎日使います。前述した縮尺の測り方はマスターしたいですね。前述しましたが、使いやすい三角スケールはやはり15cmサイズのもの。

これ以上大きくなると、持ち運びが不便だし使いづらいです。15cmの三角スケールはポケットサイズなので、胸ポケットにしまうこともできます。会社支給品となる場合が多いですが、まだ持っていない人は必ず購入しましょう。

シンワ測定 三角スケール 土地家屋調査士用 A-15 JIS 15cm 74969

 

まとめ

  • 縮尺が合わない図面の、三角スケールの測り方は下記の通り。
  • 縮尺が合わない図面は、測りたい寸法に対して角度を付ける。

考えて見れば単純なことです。変な縮尺になったら、スケールに角度をつけて縮尺を戻してあげる。

それでは。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方
  2. 24才までに二級建築士を受けるならば、2人に1人は合格可能な件
  3. 確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話
  4. 2年間総合資格に通った結果、100万円無駄にした話
  5. 社畜の僕が、毎日でもブログを更新できた4つの秘訣

関連記事

  1. ブログ運営

    環境が変われば未来が変わる、を実体験した話

    ども、tyazukeです。よく、環境を変えれば自分も変わる、と聞きます…

  2. 建築のこと

    建築の良さは目地で決まる?外壁と目地の関係性について

    街をフラフラと歩いていると沢山の建築物に出会います。そこで一番目に付く…

  3. ブログ運営

    有名建築家になるためのメディア戦略について

    ども、tyazukeです。建築家として有名になる方法は2つある…

  4. 建築のこと

    四号建物は構造計算書が必要ないのか?

    「四号建物は構造計算書が必要ない」。僕が1年目のころ、そういわれました…

  5. 建築のこと

    建築は道路に支配されている、と言う話

    ども、tyazukeです。日本の建築は、「外壁後退距離」という…

  6. 建築のこと

    アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?

    ども、tyazukeです。日本の近代建築をつくった巨匠前川國男…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  2. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  3. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  4. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
PAGE TOP