構造設計に関すること

許容曲げ応力度を算定する2式で、値はどれくらい違うか?

許容曲げ応力度を算定するとき、fb=89000/(lb×h/Af)と、もう1つの新式を比較して大きい値を用いていると思います。

大きい値を用いて良いので、ほとんど、fb=89000/(lb×h/Af)式で許容応力度は決まります。新しい式はさらに低減されているからです。

では、両者ではどのくらい値が違うのか?整理しました。

スポンサーリンク

 

新式を用いた場合、7~9割程度許容応力度は低い。

下図は、横軸が梁断面(例えば200はH-200x100x5.5x8)、縦軸が許容曲げ応力度です。算定に必要な座屈長さLb=3000、補正係数C=1としました。赤色が旧式、青色が新式の値。

明らかに、新式の値は低いといえます。旧式の場合、H350からは上限の156に達したので一定です。

また、旧式のH250とH300で値が同じです。計算ミスかな、と思ったのですが分母の係数(梁せいと梁フランジ面積の比率)が全く同じ値になるためです。

新式では、H400以降値が低下しています。これは、H400より大きいサイズの断面二次半径が小さくなっているから。

次に旧式と新式で、許容曲げ応力度(新式÷旧式)の比率をグラフ化しました。

新式を使うと概ね7割くらい、許容曲げ応力度が低下します。一方、H300だけは旧式の耐力が大きくならないので、旧式と新式が近い値になったのです。

 

上記をみると、「比較して大きい値を用いてよい」ということはを旧式しか有り得ないことになります。小梁の設計なんて、皆さんギリギリの検定比(0.90)を狙って設計しているわけで、理論上、ほとんどの建物で小梁がNGになりかねませんし・・・。

今後も使うことがなさそうです。

それでは。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない
  2. 24才までに二級建築士を受けるならば、2人に1人は合格可能な件
  3. マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。
  4. 鉄骨造で注意したい、外壁による鉄骨梁のねじれについて
  5. 不静定次数を計算して、不安定、静定・不静定を判別する方法

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    RC梁せいはスパンの1/10で決めるのは、なぜ?

    ども、tyazukeです。RC規準を読み進めると、色々な発見が…

  2. 構造設計に関すること

    【技術大国の崩壊】構造設計者の倫理観 その2 東洋ゴムの件

    以前、『構造設計者の倫理観』というタイトルで記事を書きました。その数日…

  3. 構造設計に関すること

    手書き計算書はフリクションボールで作成しよう

    フリクションボール(こすって消えるボールペン)が発売されてから手書き計…

  4. 構造設計に関すること

    安全性の証明は不可能?世間を賑わせている杭の話。

    最近、世間を賑わせている杭の話、一体何が起きたのか調べて整理しました。…

  5. 構造設計に関すること

    柱脚の保有耐力接合の検討方法について

    『ブレース構造は必ず保有耐力接合にすること』は、ブレース構造を成立させ…

  6. 労働のこと

    10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた

    ども、tyazukeです。設計職はクリエイティブな仕事だと、僕…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  2. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  3. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  4. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
PAGE TOP