構造設計に関すること

許容曲げ応力度を算定する2式で、値はどれくらい違うか?

許容曲げ応力度を算定するとき、fb=89000/(lb×h/Af)と、もう1つの新式を比較して大きい値を用いていると思います。

大きい値を用いて良いので、ほとんど、fb=89000/(lb×h/Af)式で許容応力度は決まります。新しい式はさらに低減されているからです。

では、両者ではどのくらい値が違うのか?整理しました。

スポンサーリンク

 

新式を用いた場合、7~9割程度許容応力度は低い。

下図は、横軸が梁断面(例えば200はH-200x100x5.5x8)、縦軸が許容曲げ応力度です。算定に必要な座屈長さLb=3000、補正係数C=1としました。赤色が旧式、青色が新式の値。

明らかに、新式の値は低いといえます。旧式の場合、H350からは上限の156に達したので一定です。

また、旧式のH250とH300で値が同じです。計算ミスかな、と思ったのですが分母の係数(梁せいと梁フランジ面積の比率)が全く同じ値になるためです。

新式では、H400以降値が低下しています。これは、H400より大きいサイズの断面二次半径が小さくなっているから。

次に旧式と新式で、許容曲げ応力度(新式÷旧式)の比率をグラフ化しました。

新式を使うと概ね7割くらい、許容曲げ応力度が低下します。一方、H300だけは旧式の耐力が大きくならないので、旧式と新式が近い値になったのです。

 

上記をみると、「比較して大きい値を用いてよい」ということはを旧式しか有り得ないことになります。小梁の設計なんて、皆さんギリギリの検定比(0.90)を狙って設計しているわけで、理論上、ほとんどの建物で小梁がNGになりかねませんし・・・。

今後も使うことがなさそうです。

それでは。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 僕が思う、会社の飲み会に行くと損をする3つの理由
  2. ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話
  3. コンペで勝てない事務所に共通する3つのこと
  4. 建築を勉強したいなら、何県にある大学がおすすめ?
  5. 新入社員の約50%が3年以内に離職する建設業界って・・・

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    構造設計で使う計算ソフトって?SS3がほとんど!

    構造設計のほとんどが『一貫計算プログラム』と呼ばれるソフトを使っていま…

  2. 構造設計に関すること

    杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?

    ども、tyazukeです。皆さん杭頭補強筋の定着長さをどうやっ…

  3. 建設業界のこと

    僕が土木工学科から建築学科へ転科した理由とその後。

    僕は、高専(工業高等専門学校)に通っていましたが、そこには建築学科が無…

  4. 本の紹介

    【書評】図解・超高層ビルのしくみ、を読んで

    構造設計にかかわるものとして超高層は夢だ。僕も世間知らずの学徒のころ、…

  5. 構造設計に関すること

    構造設計にミスはつきもの

    仕事にミスは付き物。仕事をすればするほどミスが増えていきます。…

  6. 構造設計に関すること

    柱芯とブレース芯がズレたときの柱脚の設計について

    ブレース構造って面倒ですよね。納まりも考えることが多いし。ラーメン構造…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  2. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  3. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  4. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  5. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
PAGE TOP