構造設計に関すること

効率的な部材と断面性能、重量との関係について

ども、tyazukeです。

何十年も前にやりつくされた議論ですが、今回は「どの断面が効率的か?」ということを考察していきます。本当は、直感的に理解できれば良いのですが。

直感で理解する! 構造設計の基本

 

というわけで今回は、効率的な部材断面は何かという観点で、四角形~H型(ウェブ無し)の7種類を整理しました。

スポンサーリンク

 

効率的な部材の定義について考えた。

効率的な部材の整理方法ですが、まず断面二次モーメントI、断面係数Z,断面二次半径iが全ての種類で同じ値になるように、幅やせいを決めます。この時、断面積Aを算定しています。

断面は一様な材料(鋼)を使用すると考えれば、「断面積=メートル重量」と同義です。

 

さらに、「断面性能÷断面積」を計算してやれば、「同じ重量のとき、どの断面が効率的か?」という値が算出されます。

つまり、I/AとかZ/Aとかそんな値を、効率的な部材として定義し算定しました。

この値自体に意味はありませんので、あしからず。比較に意味があります。

 

断面二次モーメント 最も合理的な断面

「断面二次モーメント÷断面積」で比較したグラフが下図となります。最も合理的な断面は、H型鋼だと言えます。次いで、角型鋼管、鋼管。四角形、菱型、円柱、扇型の4種類はほぼ横並び。

柱、梁でもIは重要ですから、断面を小さくするならH型が効率的です。但し、柱の場合はX,Y方向加力を考えるのでH型は不利ですが。

 

断面係数 最も合理的な断面

同様に、断面係数を断面積で除した値を整理しました。この結果でも、先ほどのグラフと差異がありません。

1点、注意するのが四角形と菱型の違いです。断面二次モーメントは全く同じ値になる両者ですが、断面係数は菱型が4割程度小さくなります。

それはIの値が同じでも、中立軸から縁端までの距離が√2倍大きいからです。

つまり変形に対する性能は同じだが、応力に対する性能が落ちる、ということです。斜め方向加力の矩形柱に注意するのも、そのためです。

最後に、断面二次半径の比較です。H型鋼が特筆して大きいのですが、この値には意味がありません。つまり強軸方向の断面二次半径よりも弱軸回りのiが問題になるからです。

よって、iに関しては閉鎖断面の方が効果的で、角型鋼管を使用すれば、軸による値のバラつきがありません。例えば耐風梁に用いる際、H型鋼は中間に座屈止めが無いと座屈耐力を期待できませんが、角型鋼管ならスパンのまま飛ばせてしまいます。

 

まとめ

結局、僕たちが普段つかっているH型鋼と角型鋼管が最強でした。四角形と菱型の違いに注意ですね。

 

何度も言いますが、これらを直感で理解できると良いですよね。その助けになる本書。数式を使わず直観力が鍛えられる。本書を読めば、実務で10年は役立ちますよ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 鉄骨階段の、ササラの検討方法
  2. 杭施工誤差が生じた時の対処法について
  3. ブログを1ヶ月に100記事書いて感じたメリット、デメリット
  4. 確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話
  5. 不静定次数を計算して、不安定、静定・不静定を判別する方法

関連記事

  1. 建築のこと

    隈研吾氏に学ぶプレゼンの手法と喋り方のポイント

    ども、tyazukeです。建築家って本当に言葉巧みですよね~。…

  2. 構造設計に関すること

    杭施工誤差が生じた時の対処法について

    ども、tyazukeです。現場が始まると、色々と変更が生じます…

  3. 構造設計に関すること

    皆はどうしてる? 横補鋼材のお話。

    保有耐力横補鋼を満足していますか。確認申請や適合性判定で嫌とい…

  4. 構造設計に関すること

    一貫計算プログラムの違いで部材がNGになる?

    一貫計算プログラムの計算式に違いがあるって面白いですよね。ソフトの違い…

  5. 建築のこと

    ALC版の許容スパンは、同じ荷重でも各メーカーで違う件

    ども、tyazukeです。屋根や床にALC版を使うことがあります。荷重…

  6. 構造設計に関すること

    カラトラバの美しい建築をみよう。

    フランクゲーリーが『98%の建築はクソだ。』と言ったので糞じゃない建築…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  2. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  3. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  4. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
PAGE TOP