構造設計に関すること

効率的な部材と断面性能、重量との関係について

ども、tyazukeです。

何十年も前にやりつくされた議論ですが、今回は「どの断面が効率的か?」ということを考察していきます。本当は、直感的に理解できれば良いのですが。

直感で理解する! 構造設計の基本

 

というわけで今回は、効率的な部材断面は何かという観点で、四角形~H型(ウェブ無し)の7種類を整理しました。

スポンサーリンク

 

効率的な部材の定義について考えた。

効率的な部材の整理方法ですが、まず断面二次モーメントI、断面係数Z,断面二次半径iが全ての種類で同じ値になるように、幅やせいを決めます。この時、断面積Aを算定しています。

断面は一様な材料(鋼)を使用すると考えれば、「断面積=メートル重量」と同義です。

 

さらに、「断面性能÷断面積」を計算してやれば、「同じ重量のとき、どの断面が効率的か?」という値が算出されます。

つまり、I/AとかZ/Aとかそんな値を、効率的な部材として定義し算定しました。

この値自体に意味はありませんので、あしからず。比較に意味があります。

 

断面二次モーメント 最も合理的な断面

「断面二次モーメント÷断面積」で比較したグラフが下図となります。最も合理的な断面は、H型鋼だと言えます。次いで、角型鋼管、鋼管。四角形、菱型、円柱、扇型の4種類はほぼ横並び。

柱、梁でもIは重要ですから、断面を小さくするならH型が効率的です。但し、柱の場合はX,Y方向加力を考えるのでH型は不利ですが。

 

断面係数 最も合理的な断面

同様に、断面係数を断面積で除した値を整理しました。この結果でも、先ほどのグラフと差異がありません。

1点、注意するのが四角形と菱型の違いです。断面二次モーメントは全く同じ値になる両者ですが、断面係数は菱型が4割程度小さくなります。

それはIの値が同じでも、中立軸から縁端までの距離が√2倍大きいからです。

つまり変形に対する性能は同じだが、応力に対する性能が落ちる、ということです。斜め方向加力の矩形柱に注意するのも、そのためです。

最後に、断面二次半径の比較です。H型鋼が特筆して大きいのですが、この値には意味がありません。つまり強軸方向の断面二次半径よりも弱軸回りのiが問題になるからです。

よって、iに関しては閉鎖断面の方が効果的で、角型鋼管を使用すれば、軸による値のバラつきがありません。例えば耐風梁に用いる際、H型鋼は中間に座屈止めが無いと座屈耐力を期待できませんが、角型鋼管ならスパンのまま飛ばせてしまいます。

 

まとめ

結局、僕たちが普段つかっているH型鋼と角型鋼管が最強でした。四角形と菱型の違いに注意ですね。

 

何度も言いますが、これらを直感で理解できると良いですよね。その助けになる本書。数式を使わず直観力が鍛えられる。本書を読めば、実務で10年は役立ちますよ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 一級建築士に落ちたときの1週間の過ごし方
  2. 冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。
  3. 【書評】本田正信VS石田三成
  4. 大学教授は上手い商売なのか
  5. 建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    支点の考え方と力の流れ方について。

    『支点』が学校の授業で軽く扱われています。今、授業を思い返してみてなん…

  2. 構造設計に関すること

    震度と計測震度ってどう違うの?

    今日は一般の方や意匠設計者向けの記事ですが、構造にお詳しい方も『へ~』…

  3. 構造設計に関すること

    地震にまつわる伝記 第一話 なゐ(い)ゆる国

    1.大鯰と大黒天 震災と復興1885年10月2日、江戸で大地震が発…

  4. 構造設計に関すること

    構造計算はいかに単純ミスを減らすか。

    構造計算は単純ミスをいかに減らすかが大切です。実は僕も単純ミス…

  5. 構造設計に関すること

    大学院まで卒業した僕が構造設計に向いていない3つの理由。

    来年、勤めているブラック事務所を辞めます。理由の半分は、田舎へのUター…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  2. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  3. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  4. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  5. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
PAGE TOP