構造設計に関すること

「佐野震度」について。昔の本は本当に勉強になる、その2

引き続き、前回の記事から↓

武藤清の力学本は読み応えがあって良いですね。

昔と今で大きく違っている設計方針が「震度(せん断力係数)」の設定方法です。家屋耐震構造論では、震度K=0.1でした。

当時でも、K=0.3という実験データや観測地は得られていたのものの、終局強度もあり、安全率もあり、部材の余裕度もあるので、K=0.1で問題ないとしたのです。

 

この頃、構造設計者のよりどころは家屋耐震構造論に書かれていた佐野利器先生の震度法。中々面白いので一部を紹介します。

  1. へい・壁・煙突は、地震時の荷重を分布水平力とすること。
  2. 建築物の場合は、各階床位置に集中水平力を加えること。
  3. 通常は水平震度だけを考慮し、上下震度は長期荷重に対する耐力上の安全率があるからこれを無視する。

1の考え方は今でも同じですね。工作物の設計で、擁壁の自重は分布荷重です。2は今でも同じ。数十年前から今まで考え方が全く同じなんて、すごいですね。

ただし、柱の自重は分布しているので、水平力も分布荷重として作用しそうなのですが・・・。全体重量からみれば僅かなので影響は少ないかもしれません。計算が煩雑になりますし。

3番は比較的最近までこうでしたね。平成19年の告示で大きく変わったかと思いますが、2m以上の片持ち部材は鉛直震度を考慮して設計します。

 

今の耐震設計の根幹をつくった「佐野震度」。今とほとんど変わらない地震力の考え方は、改めて、佐野先生の研究成果が確かだったことを裏付けていますね。

それでは。

 

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 二級建築士の受験資格について
  2. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない
  3. 公務員になりたいなら、土木学科入学をおすすめする3つの理由
  4. 【一級建築士】実力を発揮する試験当日の過ごし方
  5. 業界人が教える、大手ゼネコンの初任給と特徴をランキングにしました。

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】建築構造計画入門 松井源吾

    建築構造は計画が最も重要であると、松井源吾先生が著書の中で述べています…

  2. 構造設計に関すること

    2本打ち杭基礎のねじり曲げの検討について

    最近の傾向として、杭は複数本打つよりも高支持力の杭にして1本打ちとする…

  3. 構造設計に関すること

    武藤清の力学本は読み応えがあって良いですね。

    昔の力学本は読み応えがあってとても良いです。もちろん、過去の本…

  4. 構造設計に関すること

    手書き計算書はフリクションボールで作成しよう

    フリクションボール(こすって消えるボールペン)が発売されてから手書き計…

  5. 構造設計に関すること

    【初心者必見】構造設計でミスした前後ですべき3つのこと

    ども、tyazukeです。どんな仕事でもミスは付き物です。10…

  6. 構造設計に関すること

    【技術大国の崩壊】構造設計者の倫理観とは?

    構造設計者としての倫理観はどうやって磨いていますか?学生の授業…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  2. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  4. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
PAGE TOP