構造設計に関すること

武藤清の力学本は読み応えがあって良いですね。

昔の力学本は読み応えがあってとても良いです。

もちろん、過去の本ですから基準法にそぐわない説明も多々あるのですが(例えばせん断力係数の考え方など)、力学に関してはほとんど一緒。

何がおすすめかって、「不静定問題を頑張って手でとこうとする」点ですね。最近のRC基準や黄色本を読んでいても、応力算定については何も言及していません。

でも昔の本を読むと、例えば「ラーメン構造の解析方法云々・・・」など、今では当たり前に解かれている構造形式を、とても丁寧に説明しているんですよね。

で、僕たち世代は手で計算することをあまり知らないので、とても勉強になる。最近、武藤清先生の本を愛読していますが、構造設計法が確立された系譜などが書いてあって、すーと文章が頭に入ってくる感じ。

 

普段何気なく使っている「Co=0.2」も、こんな理由があったのか!とかね。今は、構造設計法がほとんど確立されていて、僕たちは昔に何があったのか、知るよしがありません。

でもそれって、とても不平等。

「10」ある知識を僕たちは「10」のまま無理やり覚えていかなきゃならない。学校と違って時間の制約がありますから、体系的に覚えることはできませんし。

でも、昔の人たちは「1」→「2」→「3」・・・と知識を積み上げていける。理解がスムーズなんです。そういった意味でも、昔の本を読むのはとてもおすすめ。

スポンサーリンク

 

旧市街地建築物法の震度をK=0.1

例えば・・・旧市街地建築物法の震度をK=0.1としていた根拠について。

昔は、「設計に採用されていた外力より大きな力がかかっても、材料の安全率もあるし、部材の余裕度もある。耐力に見込んでいない壁もある、だからK=0.1でOK」という考え方をしていたみたいですね。

なんともザックリな設計方針です。今では、材料の安全率に過度な期待はしていません。また、耐力に見込んでいない壁は、むしろ剛性として評価しなきゃならない。

随分と精密な設計になりました。

 

柱の断面算定はX方向とY方向を別々に考える。

地震力はあらゆる方向から作用します。しかし、全ての方向に対して計算するのは時間的制約からも不可能です。

そのため、X,Yの2方向で検討すればOKと考えられています。

ここまでは現在でも同じ考えですが、昔は、X、Y方向のそれぞれで検討すればOKなのです。その理由は、「終局強度から考えると斜め方向の強度の低下は問題にならない・・・」というもの。

一方、今ではX,Y方向の二軸曲げを考慮して断面算定しますね。

 

とにかく武藤本がおすすめ。

現代の耐震設計の祖を気付いた人物ですから、とにかく武藤先生の本はおすすめ。良い写真が見つからなかったのですが、とりあえず「武藤清」と冠がついた本を買えば間違いないですよ。

読めば読むほど面白く奥深さを知ることができます。

それでは、また明日。

あ、今日からお休みに入ります。ブログや記事の執筆等は休みなく通常営業ですが。

良いお年をお迎えくださいね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築屋さんが覚えるべき最低限の構造計画3つ
  2. アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?
  3. ブログを書く時の、ネタ集めの方法とは?
  4. 会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは
  5. 【一級建築士】実力を発揮する試験当日の過ごし方

関連記事

  1. 建設業界のこと

    防腐処理していない木材を使って柱が折れた話

    誤解のあるタイトルですが、建物の話では無いのであしからず。以前、実家の…

  2. 構造設計に関すること

    構造設計者って独立しても儲からない?

    忘年会シーズンですね。僕も先日、協力会社の方と忘年会でした。…

  3. 構造設計に関すること

    構造設計者に必要な3つのセンスとは?

    下手でも構造屋さんをやっていれば、何か感覚のようなものが身に付いてきま…

  4. 構造設計に関すること

    【初心者必見】構造設計でミスした前後ですべき3つのこと

    ども、tyazukeです。どんな仕事でもミスは付き物です。10…

  5. 構造設計に関すること

    構造計算における定性的な性状を覚えることの重要性

    先日、古いRC規準(1988年版)を読んでいました。耐震壁が回転すると…

  6. 構造設計に関すること

    構造設計はリスクがあるけど、リターンは無いって話。

    ああ、仕事辞めたい。いや、構造設計辞めたい。そんなことを思って4年経過…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった、一級建築士の合格率と難易度の推移
  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  3. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  4. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  5. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
PAGE TOP