建築のこと

構造設計者が独立したら、何棟設計すれば食えるのか?

ども、tyazukeです。

「構造設計は貴重だから、独立したらすぐに食えるよ」

そう言われたことがあります。

そんなことを言われても、羽振りの良い構造屋さんを僕は見たことがありません。むしろ、知り合いの構造屋さんは「貧乏暇なし」という感じで。

 

ということで今回は、構造設計者が独立したら、何棟設計すれば食えるのか考えてみました。

スポンサーリンク

 

構造設計者の報酬は、床面積や設計の難易度で決められることが多い

まず構造屋さんの設計料について。

これは、建築家や建築士(意匠屋)の工事費に対する10%という考え方では無いです

 

ほとんどの事務所が床面積と、設計の難易度(計算ルート)、構造種別(SかRCか)などで決めています。

例えば、ある構造設計事務所では、こんな料金体系です(鉄骨の料金で、カッコの中はRCの料金)。

  • 200㎡未満 18.0万円(RCなら25.0万円)
  • 200㎡ 22.4万円(RCなら29.1万円)
  • 250㎡ 24.2万円(RCなら31.5万円)

やっす!

200㎡の仕事で22万。経費を差っ引くとおよそ半分の11万円。一日3万円を稼ぐとして、この仕事にかけて良い日数は、3.5日。

 

どうですか?

3.5日で200㎡の計算書と図面を纏められそうですかね?

 

構造屋は薄利多売の世界

例えば、RC造の戸建て住宅でも、最近は150㎡で2000万円のローコスト住宅があります。これを構造屋が設計するなら、設計料は25万円です。

驚く程、薄利多売の世界だと思いませんか?

 

売上が25万円だとしても、やはり経費が発生しますので経費率は50%として、実際の所得は

  • 25*0.5=12.5万円

です。

厳しですねぇ。

 

とにかく構造屋は悲しいことに数、数、数なんですよ。

 

独立した構造屋が食っていくために必要な物件数

200平米未満の小さな物件を基準に考えましょう。料金体系は先に述べたとおりです。

 

鉄骨造のみ設計するとして、1物件につき18万円。一般的なサラリーマンの30~40代は500万円はもらっています。

つまり、食うために必要な物件数は

  • 500/(18*0.5)=55.6件⇒56件ほど

 

オワタ・・・/(^o^)\

コレみて、独立したら死んじゃうよって思ったら、独立は諦めてください。

 

さて、56件ということは、1物件にかけられる期間は、

  • 12/56=0.21ヶ月⇒4.5日(土日は休みと考える)

です。4.5日で計算やって図面を纏める必要があります。

 

200㎡未満の小ちゃな物件なら、できなくもないですが・・・きっついですねぇ。現実問題、いくら小さな物件でも年間56件も普通は設計できませんし。

 

しかも、年間に56件も設計して「やっと食っていけるレベル・・・」。

苦行ですよ。薄利多売すぎてヤバし。

 

まとめ

  • 構造設計の設計料は、メチャ安い
  • 構造設計は薄利多売の世界
  • 200㎡未満の物件なら、年間500万円の所得を得るために56物件の設計が必要

 

全く、これのどこが「食っていける」のでしょうかねぇ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築系ブログを200記事書いたときのPVは?
  2. 大学教授は上手い商売なのか
  3. 【一級建築士】テクニックだけで選択肢を減らす方法を考えてみた【構造】
  4. 露出柱脚のキレイな納め方のコツ。
  5. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない

関連記事

  1. 建設業界のこと

    日本のリフォーム住宅市場と今後について

    建築業界に携わっている人は2種類に分類できます。1つは、公共施設等の非…

  2. 構造設計に関すること

    数回の地震に耐える建築物の設計とは?

    熊本地震が起きて構造設計者が感じたこと。それは、『今後は数回の地震に耐…

  3. 建築のこと

    土木はダサい、建築はカッコいいはなぜか?

    ども、tyazukeです。僕が学生のころ、土木はダサい、建築は…

  4. 構造設計に関すること

    分かりやすい計算書の作り方について

    計算書の構成は何が正しいのでしょうか?働いて4年になりますが、いまだに…

  5. 労働のこと

    i-Constructionで職人さんの仕事はホワイトカラーになるか。

    いま、国土交通省が流行らそうとしている技術があります。それが『i-Co…

  6. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について

    ども、tyazukeです。マンションの壁が薄くて悩んでいません…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  2. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  3. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  4. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  5. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
PAGE TOP