建築業界の分析

最終更新日: 2019.10.7

構造設計者が独立したら、何棟設計すれば食えるのか?

ども、tyazukeです。

構造設計は貴重だから、独立したらすぐに食えるよ

と言われたことがあります。

そんなことを言われても、羽振りの良い構造屋さんを僕は見たことがありません。

むしろ、知り合いの構造屋さんは「貧乏暇なし」という感じで(該当者の方すみませんm(__)m)。

そこで今回は、構造設計者が独立したら、何棟設計すれば食えるのか考えてみました。下記の記事も参考にしてくださいねー。

スポンサーリンク

構造設計者の報酬は、床面積や設計の難易度で決められることが多い

まず構造屋さんの設計料について。

これは、建築家や建築士(意匠屋)の工事費に対する10%という考え方では無いです。

 

ほとんどの事務所が床面積と、設計の難易度(計算ルート)、構造種別(SかRCか)などで決めています。

例えば、ある構造設計事務所では、こんな料金体系です(鉄骨の料金で、カッコの中はRCの料金)。

  • 200㎡未満 18.0万円(RCなら25.0万円)
  • 200㎡ 22.4万円(RCなら29.1万円)
  • 250㎡ 24.2万円(RCなら31.5万円)

やっす!

200㎡の仕事で22万。経費を差っ引くとおよそ半分の11万円。一日3万円を稼ぐとして、この仕事にかけて良い日数は、3.5日。

 

どうですか?

3.5日で200㎡の計算書と図面をまとめられそうですか?まぁできるかもだけど、休んでいる暇ない感じでしょうか。計算はすぐだけど、図面描くのは意匠との兼ね合いもありますし。

確認申請とか雑務とか諸々考えると3.5日オーバーしそう。

構造屋は薄利多売の世界

例えば、RC造の戸建て住宅でも、最近は150㎡で2000万円のローコスト住宅があります。これを構造屋が設計するなら、設計料は25万円です。

驚く程、薄利多売の世界だと思いませんか?

 

売上が25万円だとしても、やはり経費が発生しますので経費率は50%として、実際の所得は

  • 25*0.5=12.5万円

です。

厳しですねぇ。とにかく構造屋は悲しいことに数、数、数なんだと思いました。

独立した構造屋が食っていくために必要な物件数

200平米未満の小さな物件を基準に考えましょう。料金体系は先に述べたとおりです。

 

鉄骨造のみ設計するとして、1物件につき18万円。一般的なサラリーマンの30~40代は500万円はもらっています。

つまり、食うために必要な物件数は

  • 500/(18*0.5)=55.6件⇒56件ほど

 

オワタ・・・/(^o^)\

コレみて、独立したら死んじゃうよって思ったら、独立は諦めてください。

 

さて、56件ということは、1物件にかけられる期間は、

  • 12/56=0.21ヶ月⇒4.5日(土日は休みと考える)

です。4.5日で計算やって図面を纏める必要があります。

 

200㎡未満の小ちゃな物件なら、できなくもないですが・・・きっついですねぇ。現実問題、いくら小さな物件でも年間56件も普通は設計できませんし。

 

しかも、年間に56件も設計して「やっと食っていけるレベル・・・」。苦行ですよ。薄利多売すぎてヤバい。

 

とはいえ、現実に独立して何十年も構造屋する人もいますね。200㎡とか小さい仕事はやらず、なるべく大きな仕事をとるように営業しているかと。

あとは「組織化して沢山物件こなす」という手段もありますね。いずれにしろ数が大事でしょうか。

 

もちろんアトリエ系構造設計事務所みたいに、優れた意匠屋さんと建築物を設計する場合もあります。

そういった事務所は付加価値が大きいので単価が全然違うかな。

独立した構造屋が食っていくための戦略

以上を整理すると、独立した構造屋が食っていくには

  1. 1人で数をこなす
  2. 組織化して数こなす(部下にやらせる)
  3. 付加価値のある設計をする

の3パターンくらいかと。平凡な構造屋さんは1で終了。営業や経営が上手い人は1⇒2へレベルアップ。

アトリエ系の人は3でいける(でも独立までがシンドイ)。

まとめ

  • 構造設計の設計料は、メチャ安い
  • 構造設計は薄利多売の世界
  • 200㎡未満の物件なら、年間500万円の所得を得るために56物件の設計が必要

当然、小さい物件だけでなく、大きい物件もやりながら稼いでいくのだと思います。

それでもリーマン構造屋さんより仕事をこなすわけで、大変そうですねぇ。ちなみに構造屋さんも今後はブランディングが重要。ということで下記の記事も併せて参考にしてください。

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 土木はダサい、建築はカッコいいはなぜか?
  2. 【転職募集】建築の知識を活かしてIT業界で働きたい・・・!そんな君を応援したい!…
  3. 【一級建築士】テクニックだけで選択肢を減らす方法を考えてみた【構造】
  4. どんな生き方をしたい?好きな仕事より、好きな生き方を考えよう
  5. 設計事務所が生き残るセルフブランディングの重要性と、プロ級HPをつくる方法

関連記事

  1. 構造設計の話

    数学苦手だった僕が構造設計者になって悩んだこと。

    僕は学生の頃から数学が苦手でした。数式やら公式を誘導するとか、正直わか…

  2. 建築業界の分析

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について

    1年目のとき、土間コンクリートとスラブの違いが分かりませんでした。…

  3. 構造設計の話

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。

    椀の上に箸をおくとき、本を積むとき、私たちは、『落ちないように、崩れな…

  4. 建築屋さんの転職

    組織設計事務所へ転職したときの待遇・年収と、転職に役立つおすすめサービス

    あなたは、「組織設計事務所への転職ってどうなの?待遇、年収は?…

  5. 構造設計の話

    大学院まで卒業した僕が構造設計に向いていない3つの理由。

    来年、勤めているブラック事務所を辞めます。理由の半分は、田舎へのUター…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築学生の就活

    大学で実験が好きだった学生に、おすすめしたい仕事3つ
  2. 建築屋さんの転職

    最近の若者は忍耐が無い?3年以内に仕事を辞める若者の気持ち
  3. 建築屋さんの転職

    【厳選】設計を辞める人におすすめの前職を活かす転職先5つと、僕がおすすめする転職…
  4. 構造設計の話

    ぎっくり腰になった先輩が教えてくれた、正しい椅子の座り方2つ
  5. 構造設計の話

    直感で構造設計を理解する方法とは?
PAGE TOP