労働のこと

建築や構造に関する『熱』が薄れていく中で・・・。

以前からブログで書いている通り、僕は建築や構造に関する『熱』を既に失っています。このまま設計事務所で働いていいのか?、正直疑問です。もちろん、世間には不満をもって働いている人の方が大半でしょう。ですから、僕の不満も言ってみれば『普通』かもしれません。

分かってはいるのですが・・・。

ところで、『熱』が覚めた要因はいくつかあります。と言うより、そもそも建築や構造が好きじゃなかったかもしれませんが。ともかく、『熱』が覚めたキッカケを少し紹介します。

  1. 過労で体調を崩し気味になってしまった。
  2. ツマラナイ業務が大半だった。
  3. 建物が出来上がって、感動しない自分がいた。
  4. 誰にも喜ばれない仕事だと気づいた。

この4つです。設計者の皆さんなら、『あるある』と頷いてくれるかもしれません。僕は去年、潰瘍で仕事を休みがちになってしまいました。ピロリ菌はおらずストレスが原因だったのです。生きるためには体が一番大事です。それは、仕事の何十、何百倍も大切。ですから、過労して体調壊すまで働く仕事はないと気づいてしまいました。

2つ目は、ツマラナイ仕事が大半だったことです。規模は小さい上に、やたらと細かくややこしい改修設計業務。大量の書類作成。これらは、時間がかかるだけの仕事です。

3つ目は、建物が出来上がって感動しない自分に気付いた瞬間です。それは1年目でした。初めて小さな小屋を1人で設計しました。100㎡に満たない建物ですが、時間だけは一人前にかかってしまいました。それは苦労した物件です。設計が終わって、正直な感想が『やっと早く帰れる』だったのです。また、その建物が出来上がった日、僕は見学に行きました。が、何も感じませんでした。このとき、僕はモノづくりに興味がないんだなぁ、と知りました。

最後に、構造設計という仕事が『誰にも喜ばれない』ことが嫌になりました。意匠設計は、綺麗な外観や内観にすると喜んでもらえます。僕たち構造設計者の仕事は、『何事も起きないように』建物を設計する仕事です。建物は変形しなくて当たり前、歩いて振動しなくて当たり前。当たり前をつくる仕事なんです。『床が抜けない建物を創ってくれてありがとう!』とは、言われませんよね。

本当に、孤独な仕事です。

スポンサーリンク

 

建築や構造に関する『熱』が薄れていく中で・・・。

ところで、再来年に30歳になります。建築や構造への熱が薄れていく中で、『普段の生活』を大切にして生きたいなぁと思っています。設計事務所で働く皆さんは、日々の生活を大切にしているように見えません。

他の方がどうかは知りません。少なくとも、僕が居る事務所の上司や先輩を見ていると、『こんな人生を歩みたくない』と思ってしまいます。

毎日、毎日、膨大な業務をこなして土曜日も出勤して、まさに血反吐を吐いてる方沢山います。仕事は生活のためかもしれませんが、日々の食事、睡眠、家族との時間、それら全ては、未来に当たり前にあるとは言えません。

自分自身、『潰瘍』になったとき、そう思ったのです。

僕たちは、当たり前にあると思っている『未来』のために、一生懸命働いています。でも、そのために日々の生活をないがしろにしているのです。未来は、『今この瞬間』の積み重ねに過ぎません。当たり前にあるハズの未来は、急に病気になって無くなるかもしれない。交通事故を起こすかもしれない。不運の事故が起こるかもしれない。何が起こるか、わからないのです。

そんなことを思っているとき、思い出したのが『田舎の両親』でした。毎日家族で食卓を囲んで、休日も家族と一緒に遊ぶ。その平凡な生活が、素晴らしいと思うようになりました。

再来年30歳になります。田舎生まれ、田舎育ちの僕は、やっぱり田舎に戻って平穏に暮らそう。そう思っています。構造設計は辞めています。できれば、文筆の仕事を続けていて、静かに暮らしたいものです。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法
  2. 建築を勉強したいなら、何県にある大学がおすすめ?
  3. 建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?
  4. ブログの長続きの秘訣は、思いついたことを書くこと。
  5. 家は影の下なのになぜ熱いのか?

関連記事

  1. 労働のこと

    半沢直樹に学ぶ、利益追求と公共性の話

    池井戸潤さんの社会派小説が好きで数冊持っています。中でも「銀翼のイカロ…

  2. 建設業界のこと

    【逮捕】建築士の『注意力不足』は犯罪です。【嫌だ】

    建築士の皆さんお元気でしょうか?年末に近づいてきまして、嫌でも忙しくな…

  3. 構造設計に関すること

    RC屋外階段の設計方法について

    例えばRC造のマンション、学校等には屋外階段が設けられています。避難の…

  4. 構造設計に関すること

    ブラック部長、計算書の構成は事務所で統一しませんか・・・?

    他の事務所がどうしているかわかりませんが、僕のいる事務所では、部長が計…

  5. 構造設計に関すること

    弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について

    ども、tyazukeです。弱軸回りに荷重を受ける部材ってありま…

  6. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目

    ども、tyazukeです。僕自身、建築設計を辞めようと思うこと…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  2. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  3. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  4. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  5. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
PAGE TOP