Kindle Unlimitedで建築系雑誌や電子書籍を無料で100冊以上読んだ話

設計や仕事で失敗した?失敗の理由、失敗後の体験談、出した答えと現在

ブラック体験談

ども、Tです。あなたは

  • 「設計で失敗続き」
  • 「仕事で失敗した」

と思っていませんか。僕は7年間設計事務所で働いていました(※2019年に退職)。毎日失敗続き、怒られてばかり。本当に辛かったです。

辛くて会社を無断欠勤したこともあります。死にたいくらい悩みました。今回は、仕事で失敗続きだった僕の体験談、失敗の理由、出した答えと現在についてお話しします。

こちらも参考にどうぞ⇒ 建築設計を辞めたい3つの理由と、答えを導く3チェック、実際に僕が退職して思うこと

スポンサーリンク

設計に失敗はつきもの

失敗は、働く上で一番のストレスです。失敗を起こした瞬間もストレスですが、自分だけ失敗に気づいて、報告にブルブル震えたり、後で「失敗した!」と気づいた瞬間等、関わる全てがストレスです。

仕事に失敗が無く、全てが円滑に進むのなら、これほど素晴らしいことはありません。

設計業務においても失敗は必ずあります。細かいミスは毎日起きているでしょう。失敗すると、注意力が低下します。

科学的な根拠は持っていませんが、経験上そうです。

頭は混乱し、失敗が頭を埋め尽くします。注意力、思考力が低下して、新たな失敗を引き起こすのです。1度あることは、2度ある、3度あるとはよく言ったものです。

失敗したからって、死んではダメだよ

僕はこれまで沢山の失敗をしてきました。

365日怒られてきたと思います。辛いとき、苦しいときは沢山ありました。死んでしまいたいと思うこともあったかなぁ。

実際に行動を移さなかったのは、『自分よりキツイ失敗をした人がまだいる』と思えたこと。自分はまだましなんだなぁ、という俗な感情ですが、とても気持ちが楽になります。

 

もしあなたが『死にたい』くらい仕事で悩んでいるなら、このブログを読んで気を晴らしてください。これは、僕の5年間の会社員生活で、我ながら凄い失敗談です(読み返すと完全に社会不適合者)。

死んじゃうくらいなら、仕事なんて辞めればいいんです。バックれたっていいんです。『行きたくない!』って叫びましょう。

※ちなみに2019年に退職済です。退職してよかったです!⇒ 【さらば建築業界】退職できました。【ありがとう建築】

僕が仕事で失敗した理由

下記の2つが理由として大きかったかなぁと思います。

  • 人に聞けなかった

僕は人に聞くのが苦手でした。というより、上司が怖い人で全然聞けなかったです。

今でも思い出すのですが、新入社員の頃、分からないことがあったので質問したら

「俺に聞くな!」

と怒られました笑。あまりにも驚いて、(この会社って質問NGなのかなぁ・・・)と深層心理に植え付けられたかもしれません。

以降、上司には中々質問できない雰囲気でしたね。これは僕だけでは無く、他の社員もそんな感じでした。

 

新入社員の頃なんて何も分かりません。でも聞けません。仕方なく見様見真似で仕事をしていました。もちろん上司のチェックを受けて失敗続き。

まぁ、そりゃ失敗するわ。

設計や仕事で失敗続き、僕の体験談

そんな失敗続きの状態が5年くらい続きます。

もう本当にしんどくなって、仕事とか会社とか、どうでもよくなりました。そのときの体験談をベスト3でまとめました笑

  • 朝礼後、会社が嫌になって逃亡!その後、1週間欠勤生活!
  • 上司から怒られ続け、怒りがマックス。大声を出して逃亡!
  • 先方との打ち合わせ。会社が嫌になりバックれる!

タイトル読んだだけでも凄いですよね。今なら笑い話にできるんですが、当時は必至でしたよ、もう・・・。

解説しますね。

朝礼後、会社が嫌になって逃亡!その後、1週間欠勤生活!

僕は入社してからの5年間、上司との関係が悪くて、怒られ続けていました。いつもなら、ムカつきながらも我慢我慢。上司の大声にも素直に従います。

しかし、5年間の鬱憤が溜まっていたのでしょうか。僕は朝礼後、嫌になって自宅に帰ってしまいました。

 

意外にも『僕が居ない』ことは、午後まで気づかれず、僕は1日欠勤しました(金曜日)。携帯の電源を切って、そのまま土日へ突入。さらに次の週も5日間休みます。

途中で携帯の電源を入れると連絡の嵐。結局、無断欠勤は有休で処理し、さらに次の週から出勤しました。

この時、退職の旨を伝えにいく覚悟で行きました。

 

でも出社すると・・・何だか空気に飲まれてしまって。一応、仕事に対する責任もありますし。結局「退職したい」とは言えず、そのまま仕事を続けることに。

上司との関係はより悪くなる一方です。

上司から怒られ続け、怒りがマックス。大声を出して逃亡!

説明した通り、上司との関係は最悪です。

ある日、怒られている僕は、押さえていた怒りが爆発しました。部長の目の前で大声を出して、その場から走って立ち去ります。部長は茫然としたでしょう。

午後は当然欠勤。

逃げ出した後『やってしまった感』は否めなかったですが、やってしまったものはしょうがない・・・。

一度大事件を起こしているので、「またか」みたいな感じで、軽く済まされた記憶があります。

先方との打ち合わせ。会社が嫌になりバックれる!

先方との打ち合わせで東京へ出張予定の日。土日を使っても資料作成が間に合わず、絶望します。前日の夜中になった頃、悪魔のささやき『このまま寝てしまったらどうなるかなぁ?』と思ってしまいます。

次の日、連絡入れず欠勤。

その後、資料作成を行い、再度打ち合わせに行くことに。この日から、いよいよ僕の精神状態が危ない、ということで、かなり気を使われました。

というか、よくクビにならないなぁと思いました。※結局、自分で退職しました⇒ 【さらば建築業界】退職できました。【ありがとう建築】

何度も言うけど、死んではダメだよ

というわけで、僕の体験談を見て頂いた通り悲惨ですよね笑

失敗して死にたいくらい苦しいかもしれません。でも死んではダメです。僕みたいに「突然会社をバックレて」しまっていいんです。

 

あなたは、『生きるか死ぬか』の瀬戸際なんです。銃口を頭に向けられたとき、『あぁやばいなぁ、返り血が汚くないかなぁ。』とか考えますか?

考えないですよね?

僕だったら、とにかく走って逃げるか、撃たれる前に銃を確保するとか、『死なない選択』をします。

 

あなたが無断欠勤して会社に与える損害なんて、たかが知れています。それを言うなら、あなたがこのまま生きて子供をつくって、日本の生産人口を増やした方が、どれだけ日本社会に貢献することか。

今、日本では年間3万人の方が自殺でなくなっています(交通事故の5倍!)。少子高齢化社会では、これこそ、日本の国益を落としている要因でしょう。だから、死んではダメです。もちろん、これからあなたにやって来る、楽しい未来のためにも。

 

仕事なんて簡単に辞められますよ。会社に行きたくないのなら、辞表届を郵送で送っても良いんですよ。

最近は退職代行「EXIT」 ってサービスもあります。退職のもろもろを代行できるサービスです。ネット上で即日退職可能ですよ。

今すぐ会社を辞めたいなら⇒ 退職代行「EXIT」

僕が出した答えは「退職」そして「転職」

僕も失敗続きで色々ありました。結果、

「退職」

することにしました。会社はどうしたって変わりません。上司も変わりません。僕が変わるか、環境を変えるか。この2択でした。

だったら「辞めよう」と思いました。そんなわけで2019年に退職し現在に至ります。

退職⇒転職した現在はどんな感じ?

ものすごくストレスが減りました笑。やっぱり前の職場はブラックな面があったんだなぁと思います。

退職して本当に良かったですね。

転職するならブラックは避けよう

もちろん退職して転職するなら、次はブラックを避ける必要があります。

でも、これが難しい。転職サイトの企業情報をみても良く分かりません。企業情報は、企業側の都合のいいことしか書いて無いですからね。

ですから、転職エージェントの意見、転職口コミサイトなど、転職のプロや実際に働いた人のリアルな意見を集めましょう。

転職に役立つおすすめサービス

転職を考えたら、まずは転職サービスを利用するのが定石。とはいえ、転職サービスは山のようにあります。

僕が調べた転職に役立つおすすめサービスを一覧にしました。参考にしてください。

まずは転職サイトに登録が必須!

転職サイトの登録は必須です。リクナビnext、doda、マイナビ転職。この辺りは誰でも知ってる大手転職サイト。とりあえず登録しても損はないでしょう。

見落としがちだけどおすすめの転職サイトが「キャリコネ」です。

キャリコネでは

  • 企業の口コミ(評判、年収、残業時間)がわかる
  • 大手転職サイトの求人情報を一括検索
  • 面接試験の対策レポートが見れる

無料で使えます。

企業の口コミが見れること、大手転職サイト一括検索も凄い機能です。転職サイトごとに求人種類や数が違うので、色々な転職サイトに登録しがち。でも管理が大変だし、何より面倒。

ところがキャリコネを登録しておけば、大手16社、約20万件以上の求人を一括検索できます。他の転職サイトは必要ないかも。

\無料で企業の口コミをチェックするなら/

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

タイトルとURLをコピーしました