生きる知恵

有給消化率98%の僕が伝える、有給が取りにくいと悩む人へのアドバイス

ども、tyazukeです。

去年のことですが、僕は20日以上あった有給を0.5日だけ残して使い果たしました。有給消化率98%です。

 

「元々有給が取りやすい環境なんでしょ」と思うかもしれませんが、けっしてそんなことはありません。

事実、昨年以前は使いきれない有給が何日も残っていましたし。

今回は、そんな僕が有給消化率98%を達成した理由を紹介します。

スポンサーリンク

 

休むことに罪悪感を感じるな!

有給がとれない人の多くは、休むことに罪悪感を感じています。

「皆が頑張って働いているのに、自分だけのんびり休んで良いのだろうか?」そんなジレンマですね。

 

これはただの唯の取り越し苦労です。自分が思っているより、皆何も思っていません。「へー有給とったんだぁ。どこか旅行でも行ったのかなぁ」くらい。

ましてや「ねぇねぇ、このまえ有給とったんでしょ?どこに行ったか教えて?ねぇ?教えて?」みたいなウザイ会社の人はいません。

 

だから気にせず、休みをとればいいのです。一番の敵は内なる自分ですよ。

僕も入社3年目くらいまでは周りを気にしていました。でも、自分が考えているより周りは自分に興味が無い、と気づきました。

それからは気にせず休みをとっています。

 

いっそのこと休み慣れしてしまえ

有給の申請をするとき、必ず上司の印鑑が必要ですよね。

これが一番の障壁になります。上司に休み下さい、とは中々言い出せないもの。でもそれは最初だけです。

 

休み慣れしてしまえばいい。有給消化率98%の僕は毎月のように休みを申請していましたよ。初めての申請では「おっどこか行くの?」という感じ。

2度目は「最近休み多いね」、3,4度目になると「あれ、ちょっと休み多くない?」、以降は何も言われなくなりました。

 

僕が休むことが普通になってしまったんです。「あぁ、こいつは結構有給をとる奴なんだ」と。有給は、会社員の権利です。部下が有給を申請して、部下が断る理由はありません。

沢山休み申請しても、気にしない、気にしない。

 

まとめ

今回は、有給がとりにくいと悩む人へのアドバイスを紹介しました。

初めの一歩が一番勇気いるんですよね。でもその一歩が踏み出せれば、次からは少し気持ちが楽になっています。

それを繰り返せば有給消化率100%も夢じゃない!

なんてね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 有給消化率98%の僕が伝える、有給が取りにくいと悩む人へのアドバイス
  2. 僕がオーストラリアのパースで見た、緩い働き方
  3. 大学教授は上手い商売なのか
  4. 鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法
  5. ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話

関連記事

  1. 生きる知恵

    会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは

    ども、tyazukeです。会社をズル休みした経験ありますか?…

  2. 建築のこと

    地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

    ども、tyazukeです。日本は地震国です。地震によって大きな…

  3. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について

    ども、tyazukeです。マンションの壁が薄くて悩んでいません…

  4. 労働のこと

    中小企業こそ、社員教育を徹底しないと死ぬぞ。

    ども、tyazukeです。僕が勤める中小組織設計事務所は、新入…

  5. ブログ運営

    絞っても何も出ませんってくらい、アウトプットしたか?

    ども、tyazukeです。筋トレには「ワークアウト」という専門…

  6. ブログ運営

    ブログを1ヶ月に100記事書いて感じたメリット、デメリット

    ども、tyazukeです。9月は自分の中で目標がありまして、そ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  2. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  3. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  4. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  5. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
PAGE TOP