建築屋さんの転職

最終更新日: 2019.10.29

有給が取りづらい?有給消化率98%の僕が伝える、取得理由と方法

ども、tyazukeです。あなたは

「有給が取りづらい」

と悩んでいませんか。実は、僕の勤めている会社もそうです。周りは「有給=病気のとき使うもの」という認識です。

けっして有給が取りやすい職場では無いですが、僕は20日以上あった有給を0.5日だけ残して使い果たしました

今回は、有給が取りづらいと悩む方に、有給消化率98%の僕が伝える、取得理由と方法についてお話しします。

ブラック企業だと有給中々とれないですよね。そんな方はホワイト企業に転職しましょう。

スポンサーリンク

有給が取りづらい理由

僕も入社して数年は有給が取りづらいと感じていました。理由は、

  • 周りが休んでいない
  • 仕事が忙しい
  • 周りに迷惑を掛けたくない
  • 何となく取りづらい雰囲気がある

などです。

特に、周りが休んでいないのに、自分だけが有給をとっていいのか?という気持ちはありました。また、仕事を平日に休むので周りに迷惑を掛けたくなかったです。

周りが有休をとらない=自分も有給をとりづらい

というのは、日本ではよくあること。ある調査では、日本の有給消化率が平均で50%以下、世界30カ国で最低だったそうです。

有給は従業員の権利

まず「有給=とってはいけない」という認識を外しましょう。有給は会社員の当然の権利です。全然とって問題なし。

むしろ最近は、国が有給をとることを推進していますよ。例えば、働き方改革の一環で、「有給休暇の年5日取得」が義務化されました。法律なので違反するとペナルティがあります。

昭和の発想的には「有給=病気でやすために取っておく」なんでしょうが、もう通用しません。遊びで有給使っても良いんです。積極的に休みましょう。

とはいえ、年20日以上ある有給休暇のうち5日では、まだまだ少ないですね。

 

ちなみに、僕の有給消化率は98%でした。

「元々有給が取りやすい環境なんでしょ」と思うかもしれませんが、けっしてそんなことはありません。事実、昨年以前は使いきれない有給が何日も残っていました。

有給取得のアドバイス

では、有給取得するためのポイント、取得理由、方法などをアドバイスします。

休むことに罪悪感を感じるな!

有給がとれない人の多くは、休むことに罪悪感を感じています

「皆が頑張って働いているのに、自分だけのんびり休んで良いのだろうか?」そんなジレンマですね。

 

これはただの唯の取り越し苦労です。自分が思っているより、皆何も思っていません。「へー有給とったんだぁ。どこか旅行でも行ったのかなぁ」くらい。

ましてや「ねぇねぇ、このまえ有給とったんでしょ?どこに行ったか教えて?ねぇ?教えて?」みたいな人は少ないと思いますよ。

 

だから気にせず、休みをとればいいのです。一番の敵は内なる自分ですよ。

僕も入社3年目くらいまでは周りを気にしていました。でも、自分が考えているより周りは自分に興味が無い、と気づきました。

それからは気にせず休みをとっています。

いっそのこと休み慣れしてしまえ

有給の申請をするとき、必ず上司の印鑑が必要ですよね。

これが一番の障壁になります。上司に、休み下さい、とは中々言い出せないもの。でもそれは最初だけです。

 

休み慣れしてしまえばいい。有給消化率98%の僕は毎月のように休みを申請していましたよ。初めての申請では「おっどこか行くの?」という感じ。

2度目は「最近休み多いね」、3,4度目になると「あれ、ちょっと休み多くない?」、以降は何も言われなくなりました。

 

僕が休むことが普通になってしまったんです。「あぁ、こいつは結構有給をとる奴なんだ」と。有給は、会社員の権利です。部下が有給を申請して、部下が断る理由はありません。

沢山休み申請しても、気にしない、気にしない。

結局、気にしているのは自分だけ

有給が取りづらい

という人は、自分でそう思い込んでいるパターンが結構多いです。僕もそうだったので、よくわかります。

何となく取りづらい空気、というのは自分が感じているだけです。実際にはそんなこと無いし、よっぽどのブラック企業やブラック上司がいない限り「有給とるなよ」とは言いません。

安心して有給をとってください。ちなみにブラック企業、ブラック上司に有給取得を止められた方は、コチラの記事も参考にどうぞ。

まとめ

今回は、有給がとりにくいと悩む人へのアドバイスを紹介しました。

初めの一歩が一番勇気いるんですよね。でもその一歩が踏み出せれば、次からは少し気持ちが楽になっています。それを繰り返せば有給消化率100%も夢じゃないですよ。

 

あと、ホワイト企業に入れば有給消化率100%の会社もありますよ。ホワイト企業への転職は下記の記事が参考になります。

ホワイト企業の特徴は?見分け方、残業時間や福利厚生のリアルな情報の調べ方

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築家の事務所へインターンに行き、何を学び何をしたのか書く。
  2. 剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。
  3. 確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話
  4. 不静定次数を計算して、不安定、静定・不静定を判別する方法
  5. 一級建築士はどんな人が落ちる?落ちたらどう過ごす?

関連記事

  1. 建築学生の就活

    【書評】建築に夢をみた、を読んで。

    安藤忠雄さんの著書です。随分前に執筆された本ですが、実はNHKのテレビ…

  2. 建築屋さんの転職

    建設業は人手不足?休日が少ない?土曜日を休める産業にするためには

    ども、tyazukeです。あなたは、 「建設業の人手不足は当…

  3. 建築屋さんの転職

    10年後の建設業界は?何が起こる?技能労働者と職人単価の関係

    ども、tyazukeです。「10年後の建設業はどうなる?」…

  4. 建築屋さんの転職

    設計事務所から帰れない?僕が実践した事務所から帰る方法3つ

    あなたは 「設計事務所から帰れなくて辛い」 「毎日遅く…

  5. 建築業界の分析

    コンペで勝てない事務所に共通する3つのこと

    ども、tyazukeです。コンペに参加しても中々勝てない。成果…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築屋さんの転職

    【一級建築士】個人設計事務所から中堅設計事務所へ転職した先輩の話【転職事情】
  2. 建築業界の分析

    設計事務所が生き残るセルフブランディングの重要性と、プロ級HPをつくる方法
  3. 建築業界の分析

    建築が分からない人の、建築倉庫の楽しみ方2つ
  4. 一級・二級建築士の勉強法

    一級建築士合格者が語る「時間の使い方」を分析してみた
  5. 建築屋さんの転職

    構造一級建築士の平均年収と、構造屋さんの年収の上げ方
PAGE TOP