建築屋さんの転職

最終更新日: 2019.10.29

ホワイト企業の特徴は?見分け方、残業時間や福利厚生のリアルな情報の調べ方

ども、tyazukeです。あなたは

  • 「ホワイト企業に入りたいけど特徴はある?」
  • 「ホワイト企業の見分け方を知りたい」

と思っていませんか。ホワイト企業の特徴や見分け方が分かれば、ブラック企業に入社することも無いですよね。

実は、僕も同じことを考えています。ブラック企業に勤めているので、早く抜け出したいです⇒ ブラック企業に入社したらどうなる?僕の体験と新入社員の結末

今回はホワイト企業の特徴、見分け方、残業時間や福利厚生のリアルな情報の調べ方について、僕が調べた情報をお伝えします。

スポンサーリンク

ホワイト企業の特徴と見分け方

ホワイト企業の特徴を下記に示します。※参考にした企業は、既にホワイト企業として名高い未来工業です。

  • 完全週休二日制、休日出勤ゼロ
  • 有給休暇の完全消化
  • 残業ゼロ
  • 頻繁に転職募集をしない
  • 福利厚生が充実している
  • 上司が部下に思想、やり方を押し付けることはNG

それぞれ解説しますね。

完全週休二日制、休日出勤ゼロ

休みが多いことがホワイト企業の特徴です。例えば岐阜県にある未来工業は、有給を除く年間休日が140日。もちろん休日出勤もゼロ。忙しくても平日に終わらせて休日はしっかり休む。合理的で効率の良い働き方ですよね。

ブラック企業の場合、長時間の残業や休日出勤を強いられます。体がクタクタに疲れているので、効率も良くなりません。

参考までに、僕が勤めているブラック企業は年間休日が110日です。

有給休暇の完全消化

元々の休みが多い上に、有給休暇の完全休暇を達成している企業は絶対にホワイトです。そもそも有給休暇は従業員の権利。だけど、何となく回りの人が使ってないから使いづらい。

ブラック企業だと「有給休暇は病気の時にのみ使って良し」みたいな風潮ありますし・・・。

 

有給休暇がしっかりとれる会社は、誰か休んでも周りがフォローする体制ができています。それに心の余裕があるから「誰々は有給を沢山取得している」という妬みも無いでしょう。

とはいえ、有給休暇の完全消化は極々稀なケースだと思います。有給休暇の完全消化は難しくても、せめて半分以上の有給休暇をとれる会社がいいですね。

残業ゼロ、少ない

残業ゼロ又は少ない会社はホワイト企業です。定時か定時ちょっと過ぎくらいに帰る会社がいいですね。

(そんな会社無いよ・・・)

いやあるんですよ笑

岐阜県の未来工業を調べてください。残業ゼロを実践している日本一ホワイトな企業です。世の中には残業ゼロのホワイト企業はあります。

ただホワイト企業は社員の定着率が良いので、中々、人が辞めません。つまり、転職募集をしません。だから我々の目に留まらないんです。

前述した未来工業の中途採用は、全然募集していませんよ。

頻繁に転職募集をしない

色々な企業がキャリア採用(中途採用)を随時行っています。これって深読みすると、「この会社はいつでも人手不足ですよー」と言ってるようなもの。

社員の入れ替わりが激しいのはブラック企業の典型例です。

一方、ホワイト企業は新卒で入社した社員の定着率が良いので、中々人が辞めません。社員が辞めないので、転職募集をする必要が無いんです。

もし、頻繁に転職募集をしない会社が、キャリア採用を募集したら大チャンス。速攻で応募してください。

福利厚生が充実している

福利厚生が充実しているのもホワイト企業の特徴ですね。例えば、海外旅行に連れて行ってくれるとか。社食やジム完備とか。

福利厚生は、社員の暮らしをより良くし、より仕事へのモチベーションを高めるもの。福利厚生が充実した企業はホワイトですよ。

例えば世界のトヨタの福利厚生をみてください⇒ https://toyota-saiyo.com/environment/welfare.html

求人情報だけでホワイト企業は見分けられない

求人情報だけでは、ホワイト企業とブラック企業の判断は付きません。例えば、この求人情報をみてブラック、ホワイト判断できますか?

正直、どうみてもブラックって感じですよね笑。でもこの会社ホワイト企業なんです。建設業界のニュースにもなったホワイト企業で「拓新産業」という会社です。

拓新産業さんは平成元年から、完全週休二日・有給の完全消化・残業ゼロ・休日出勤ゼロを実現している会社です。

この通り企業情報、求人情報からホワイト企業を見つけるのは困難です。

企業のリアルな情報は口コミを調べること

では、どうすべきか。是非、企業の口コミを調べてください。例えば、先ほど紹介した拓新産業の口コミがこちら。

「有給消化率100%って本当?」と思ったかもしれませんが、口コミを見れば本当だとわかりますね。口コミサイトにも色々ありますが、僕は「キャリコネ」という転職口コミサイトを使っています。

キャリコネは

  • 企業の口コミ(評判、年収、残業時間)がわかる
  • 大手転職サイトの求人情報を一括検索
  • 面接試験の対策レポートが見れる

無料です。企業の口コミが見れること、大手転職サイト一括検索も凄い機能。転職サイトごとに求人種類や数が違うので、色々な転職サイトに登録しがち。でも管理が大変だし、何より面倒です。

ところがキャリコネを登録しておけば、大手16社、約20万件以上の求人を一括検索できます。気になる企業の口コミを調べて、残業時間、年収、口コミを調べられるので、とりあえず、キャリコネを登録しておいて損は無いです。

\無料で企業の口コミをチェックするなら/

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。
  2. 信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話
  3. 【一級建築士】実力を発揮する試験当日の過ごし方
  4. 図面の縮尺がわからない?縮尺が合わない図面の三角スケールの使い方
  5. サルでもわかる、建設と建築の根本的な違いについて

関連記事

  1. 建築屋さんの転職

    10年後の建設業界は?何が起こる?技能労働者と職人単価の関係

    ども、tyazukeです。「10年後の建設業はどうなる?」…

  2. 建築学生の就活

    久米設計の年収は?20代と30代の年収、中堅事務所からの転職は可能?

    ども、tyazukeです。あなたは「久米設計の年収は?」…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築屋さんの転職

    最近の若者は忍耐が無い?3年以内に仕事を辞める若者の気持ち
  2. 一級・二級建築士の勉強法

    二級建築士の難易度と必要な勉強時間は?学科試験って本気出せば〇日で受かる?
  3. 構造設計の話

    Autocadで変断面の重心位置を求める方法
  4. 建築業界の分析

    設計事務所が生き残るセルフブランディングの重要性と、プロ級HPをつくる方法
  5. 建築業界の分析

    隈研吾が感激したデンマーク料理店Nomaの3つのポイント
PAGE TOP