労働のこと

建築家として独立して食べていくために必要な物件数は?

ども、tyazukeです。

将来は建築家として独立しよう。そんな野望を胸に働いている方もいるでしょう。

あるいは、学生さんで将来建築家になりたい、と思う方も。

 

では、一体独立して食べていくためには、年間にいくつ設計をすればよいのでしょうか。今回は、建築家として独立したとき、食べていくために必要な物件数を紹介します。

スポンサーリンク

 

設計料は1物件につき工事費の10%が相場

設計料は1物件につき、工事費の10%が相場です。

 

仮に住宅ベースで考えます。住宅の工事費は1000~3000万円で上下します。平均的な数値として2000万円としましょう。

 

つまり1物件の設計料は、

  • 2000万円×0.1=200万円

となります。

 

経費は売上の20~50%が相場

設計事務所の経費は、売上の20~50%が相場です。所員がいるなら給料が発生します。PCや印刷機、ソフトウェア、諸々の経費がかかります。

所員がいないなら経費は多くかかりません。

 

仮に経費を売上の50%と考えます。すると手元に残るのは100万円

意外と少ないことに驚きましたか?

 

建築家が食べていくために必要な物件数

住宅の設計は、1ヶ月で済むものではありません。

基本設計~実施設計まで1年間要する場合もあります。最低でも3~6ヵ月はかかるでしょう。

 

お分かりのように、1物件の設計では食べていけないので、建築家は数件を掛け持ちしています。しかし業務の期間が長く、手間がかかる仕事ですから1人だけで仕事をするなら、1年間に3~5件の平行作業が限界でしょうか。

 

1件について200万の売り上げ、それを年間5件行います。すると、

  • 200×5=1000万円

が売り上げ。

 

但し、先に述べたように半分は経費として消えていきますので、手元に残るのは

  • 500万円

30~40代のサラリーマンと同程度の報酬です。これを多いとみるか、少ないとみるか人それぞれですが、もう一つ判断材料を書いておきます。それは業務のスピードです。

毎日忙しく働いて500万円なら安い気がしますし、ノンビリ働いて500万円なら十分でしょう。

 

さて、1年間に5物件を設計するということは、1物件にかかる期間は、

  • 12/5=2.4カ月

です。

 

つまり、2カ月半で戸建て住宅をポンポン生産できる人は食えます。「この期間で楽勝」というなら、楽勝に食っていけるでしょう。

逆に、「いやいや厳しすぎる!」というなら、年間に5件も設計できない、ということです。

 

まとめ

  • 戸建て住宅を年間5件設計すれば、サラリーマン(30~40代)とトントン。
  • 2ヶ月半で戸建て1棟を楽勝で設計できるなら、独立しても楽勝に食える。
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【一級建築士】実力を発揮する試験当日の過ごし方
  2. 建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。
  3. 【一級建築士】地方ゼネコンから中堅設計事務所へ転職した先輩の話【転職事情】
  4. 一級建築士を取得するより、総合資格学院の営業やった方が儲かるよ?
  5. 確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話

関連記事

  1. 建築のこと

    ご老人のテクノロジーに対する見解に、一言申す。

    ども、tyazukeです。アナログ派のご老人に困ったことはあり…

  2. 構造設計に関すること

    設計者による考えの違いって、本当に邪魔くさいな。

    設計者による考えの違いって本当に邪魔くさいと思うことがあります。僕が1…

  3. 設計事務所に関すること

    設計事務所の給料の実際は??

    設計事務所の給料って実際いくらなんでしょ?HPを見ても『社内規定による…

  4. 労働のこと

    その働き方、何歳まで続けるつもりですか?

    僕は何歳まで働くのだろう?と思うことがあります。事務所をみると、60歳…

  5. 建築のこと

    サルでもわかる、建設と建築の根本的な違いについて

    ども、tyazukeです。建設と建築って何が違うの、という質問…

  6. 建築のこと

    伊東豊雄は、なぜ新しい建築を生み続けることができるのか?

    ども、tyazukeです。伊東豊雄さんのこと。彼の事務所運営術…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  2. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  3. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  4. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  5. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
PAGE TOP