労働のこと

建築家として独立して食べていくために必要な物件数は?

ども、tyazukeです。

将来は建築家として独立しよう。そんな野望を胸に働いている方もいるでしょう。

あるいは、学生さんで将来建築家になりたい、と思う方も。

 

では、一体独立して食べていくためには、年間にいくつ設計をすればよいのでしょうか。今回は、建築家として独立したとき、食べていくために必要な物件数を紹介します。

スポンサーリンク

 

設計料は1物件につき工事費の10%が相場

設計料は1物件につき、工事費の10%が相場です。

 

仮に住宅ベースで考えます。住宅の工事費は1000~3000万円で上下します。平均的な数値として2000万円としましょう。

 

つまり1物件の設計料は、

  • 2000万円×0.1=200万円

となります。

 

経費は売上の20~50%が相場

設計事務所の経費は、売上の20~50%が相場です。所員がいるなら給料が発生します。PCや印刷機、ソフトウェア、諸々の経費がかかります。

所員がいないなら経費は多くかかりません。

 

仮に経費を売上の50%と考えます。すると手元に残るのは100万円

意外と少ないことに驚きましたか?

 

建築家が食べていくために必要な物件数

住宅の設計は、1ヶ月で済むものではありません。

基本設計~実施設計まで1年間要する場合もあります。最低でも3~6ヵ月はかかるでしょう。

 

お分かりのように、1物件の設計では食べていけないので、建築家は数件を掛け持ちしています。しかし業務の期間が長く、手間がかかる仕事ですから1人だけで仕事をするなら、1年間に3~5件の平行作業が限界でしょうか。

 

1件について200万の売り上げ、それを年間5件行います。すると、

  • 200×5=1000万円

が売り上げ。

 

但し、先に述べたように半分は経費として消えていきますので、手元に残るのは

  • 500万円

30~40代のサラリーマンと同程度の報酬です。これを多いとみるか、少ないとみるか人それぞれですが、もう一つ判断材料を書いておきます。それは業務のスピードです。

毎日忙しく働いて500万円なら安い気がしますし、ノンビリ働いて500万円なら十分でしょう。

 

さて、1年間に5物件を設計するということは、1物件にかかる期間は、

  • 12/5=2.4カ月

です。

 

つまり、2カ月半で戸建て住宅をポンポン生産できる人は食えます。「この期間で楽勝」というなら、楽勝に食っていけるでしょう。

逆に、「いやいや厳しすぎる!」というなら、年間に5件も設計できない、ということです。

 

まとめ

  • 戸建て住宅を年間5件設計すれば、サラリーマン(30~40代)とトントン。
  • 2ヶ月半で戸建て1棟を楽勝で設計できるなら、独立しても楽勝に食える。
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 社会人がお金を使わずに、1日を満足に過ごす思考法
  2. 一級建築士を取得するより、総合資格学院の営業やった方が儲かるよ?
  3. 何度読んでもハマった、池井戸潤のおすすめ小説3つ。
  4. サルでもわかる、建設と建築の根本的な違いについて
  5. 未来の建築は、お金持ちだけに与えられる

関連記事

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の勉強が加速する、短期間で効率的に終わらせる勉強法

    ども、tyazukeです。そろそろ一級建築士を取りたいなぁ、と…

  2. 建築のこと

    今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける

    ども、tyazukeです。「日本の技術力は一番!」「日本は最強…

  3. 構造設計に関すること

    えーーっと。会社員と独立した設計者を比較しないでください。

    ウチの事務所は構造部の規模が小さくて、結構外注を使います。僕の場合、外…

  4. 労働のこと

    i-Constructionで職人さんの仕事はホワイトカラーになるか。

    いま、国土交通省が流行らそうとしている技術があります。それが『i-Co…

  5. ブログ運営

    建築系ブログを400記事書いたときのPVは?

    ども、tyazukeです。ブログもついに400記事を達成しまし…

  6. ブログ運営

    建築系ブログを100記事書いたときのPVと反省点3つ

    ども、tyazukeです。ブログを書き続けて2年経ちました。当…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  2. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  3. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  4. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  5. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
PAGE TOP