建築のこと

建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。

ども、tyazukeです。

「あいつ、建築辞めるってよ」というタイトルで毎日記事を更新させてもらってますけども。

そうなんです、僕建築を辞めるんですよ。

 

そのキッカケが、「僕ってモノづくり苦手だなぁ・・・いや、嫌いだなぁ」という、心の声に気付いたこと。

一方、このようなブログを毎日、毎日更新しているうちに、もしかしたら僕は、建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない、と思うようになってきたんですねぇ。

 

狭い意味で建築を辞める(建築設計事務所を退職するし、建築業界も去る)けど、「建築について思考する」は辞めないかもしれません。

ということで今回は、「建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない」について。

考えていることを書いていきます。

スポンサーリンク

 

建築≠モノづくり、と言う意識が芽生えた

僕が建築に対する一つの誤解は、建築≒モノづくりと考えていたことでした。でも、色々調べてみると、どうやらそうではない。

 

むしろ、

建築≠モノづくり

が本質じゃないか、と思うようになったのです。建築に関する問題定義を、アレコレ考えるのも建築してるし、建築に関する本を書くことも建築してるじゃないか、と。

 

計算して図面を描いて、ただそれだけが建築というのなら、建築家が夢想し思いを巡らせている時間は何なのだ、と。

 

建築家の思考を探る、のが楽しい

特に最近興味を持っているのは、建築家について。正直、建築よりも建築家の方が面白いのです。

近代建築を気付いたコルビュジェ、コルビュジェやレーモンドに師事した前川國男、世界の丹下と呼ばれた丹下健三など、建築家を挙げればきりがありません。

 

彼らは一人ひとりが哲学者のように、確固たる思想を持って建築に向き合っています。その思考を探るというか、当時どのように建築と向き合っていたのか、調べると中々面白いのです。

例えば、前川國男さんが「建築は芸術でなくていい」とか「むしろ建築ですら、無くたって構わない」などと発言していた、ということは僕にとって驚きでした。

 

そんな前川さんの発言の裏には、戦後の焼け野原に、何百万戸の住宅を供給するという命題に対する合理主義があったわけです。

というように、建築家の思考は大変面白く、学ぶ価値があるものです。

何より、それらが楽しいのです。

 

建築家のスタイルをとらえたい

建築家にはスタイルがあります。安藤忠雄なら打放しコンクリートの建築、ゲーリーなら自由曲面。

以前、コルビュジェは「建築のスタイルなど、帽子に付いた羽根ほどしか価値の無い物だ」と言っています。

 

それほど多くの建築家には、どこか枠にハメて見られてしまう「スタイル」は嫌なものであるようです。

伊東豊雄さんも「僕はスタイルにハメて見られたくない」と言っていますし。

 

一方で、日本人は型にはめて分類するのが好きな民族です。血液型診断という何の根拠もない、性格診断が流行るほどですから。

僕もそんな民族の一人で、どうにかして建築家をスタイルにはめ込みたい。そう考えています。

 

建築家の系譜をつくりたい。

建築家の系譜も興味が尽きない話題の1つです。

連綿と続く建築家の師弟関係は、ストーリーすら感じます。

 

現代で言えば伊東豊雄さんの事務所から輩出された建築家が、日本の建築界で多く活躍されています。

一方で、同世代の建築家の安藤忠雄さんは、後身に目立った活躍をする建築家が少ないように思います。

 

この違いは何なのか。それは、先に述べたスタイルの話にも通じているかもしれない。そう思うのです。

 

まとめ

最近考えていることを書きました。

建築の魅力って、図面を描いて、計算して、分野間の調整をして、というようなモノづくりだけじゃないと思います。

 

今回書いたようなことは、今年のフィールドワークとしてやっていこうかな、と考えています。

では。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 一級建築士合格者が語る、「合格後の変化」
  2. 失敗した部下の叱り方と、叱った後安心させるたった1つの方法
  3. 【一級建築士】テクニックだけで選択肢を減らす方法を考えてみた【構造】
  4. 怠け者は、ブログのジャンルを特化すべきだと思う3つの理由
  5. 杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?

関連記事

  1. 建設業界のこと

    日本のリフォーム住宅市場と今後について

    建築業界に携わっている人は2種類に分類できます。1つは、公共施設等の非…

  2. 一級建築の試験勉強

    大学教授 兼 建築家(構造家)って何で許されてるの?

    ども、tyazukeです。学生のころから不思議に思っていた存在…

  3. 建設業界のこと

    全ての建物で実物大実験ができないだろうか?

    土木・建築業界が他の産業と違って特殊な点の1つが、リハーサルができない…

  4. 建築のこと

    建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?

    ども、tyazukeです。家、ビル、体育館。ありとあらゆる建物…

  5. 建築のこと

    建築家の事務所へインターンに行き、何を学び何をしたのか書く。

    ども、tyazukeです。タイトル長くてすんません。僕は普通高…

  6. 建設業界のこと

    建築士と建築家の間にある、絶対に超えられない壁とは。

    一般の方には、建築士と建築家の違いが認知されていないように思います。実…

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  2. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  3. 労働のこと

    所員はミタ!転職した方が良い設計事務所の特徴3つ
  4. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  5. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
PAGE TOP