建築のこと

隈研吾氏に学ぶプレゼンの手法と喋り方のポイント

ども、tyazukeです。

建築家って本当に言葉巧みですよね~。特に有名建築家になると、プレゼン能力で仕事をとる人もいるそうで。

実際に講演会を聞きに行くと、「先生の話はやっぱり素晴らしいですなぁ」と思ってしまいます。

 

今回は、有名建築家の1人「隈研吾氏」の講演会をみた、プレゼンの手法と喋り方のポイントについて考えていきますね。

スポンサーリンク

 

早口にならない

隈研吾氏の穏やかな話しぶりは、聞く人に安心感を与えます。けっして慌てることがありません。堂々とした口調です。

喋りかける相手が、その言葉を頭の中で処理する前に喋るのはNG。畳みかけるように話しても、何も頭に残りません。

ゆっくりと、スムーズに。堂々とした喋り方を心がけましょう。

 

言葉に抑揚ををつける

ココは重要だ、という言葉に対してはアクセントをつけます。例えば、今回聞いた講演会は「小さな建築」ですが、これに関係するキーワードや「小さな建築」は強く、前後の言葉弱くする。

こうすれば、喋りかける相手に「ポイントを理解させる」ことができます。

 

結論を説明し、根拠となるエピソードを紹介する

プレゼンでは、相手を納得させることが何よりも大切です。

 

今回聞いた講演会で、隈研吾氏が言うには世界は小さな建築に向かっていて、世界はデンマークに注目しているそうです。

いかに隈研吾氏の言葉といえど、「世界はデンマークに注目している」という言葉そのまま信じるには、説得力にかけます。なぜ北欧の小さな国を世界が注目しているんだろう、と思いますよね?

 

隈氏は、その疑問を補うように「その一例を挙げますと~」と根拠になるエピソードを説明します。

このエピソードを説明することで、「世界はデンマークに注目している」という隈氏の考えに説得力が生まれました。

 

このプレゼン手法はとても効果的です。つまり、まず結論を述べ、その後に結論の根拠を述べるのです。

 

一見、主題と関係の無い話を最初にする

一見、主題と関係の無い話を最初にすることも、聞き手の興味を引くためには大切です。隈氏は「デンマークが世界的に注目されている」という話をしたあと、Nomaという料理店に言ったことを紹介します。

食べ物の話、料理の話は一見関係ないですが、聞き手の興味を引くには丁度いい手法です。

 

いきなり建築の話をしては、聞き手も緊張をしてしまいます。その前に、クッション材となるような話やエピソードを1つ追加するだけで、聞き手はリラックスして聞いてくれます(食前酒のようなものですね)。

もちろん全く関係のない話をしてはいけません。それでは話のストーリーや辻褄が合わないからです。話の主題と一見関係のないように思えて、裏で繋がっているエピソードがベストです。

 

特に、食べ物の話は万人受けするエピソード。建築に絡めて話すことができるエピソードが1つや2つ合っても良いですね。

 

プレゼンの写真は流す程度におさえる

パワーポイントに映し出される写真は、クドクドと説明しません。聞き手は写真をみれば一目瞭然だからです。

いちいち写真の説明をすると、長ったらしく感じます。但し、説明をしないとわからない写真ならもちろん口添えが必要です。

 

 

 

締めの言葉で、一番大切な自分の考えを言う

締めの言葉も大切です。

プレゼンなら、自分が最も伝えたいことを最後に再度述べるべきです。プレゼンは短いですが、内容が濃いため初めに話したことの印象が残りません。

 

つまり重要なことは最後に喋る方が印象に残ります。

あなたが、聞き手に最も伝えたいこと。これを一言で締めの言葉にまとめます。なるべく印象に残るよう、カッコイイ結びにしたいものです。

 

まとめ

  • 早口にならないこと
  • 言葉に抑揚をつけること
  • 最初に主題と関係のない話をして、聞き手の心をつかむこと
  • 写真をクドクドと説明しないこと
  • 締めの言葉で、自分が最も伝えたいことを完結に。
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは
  2. 総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件
  3. 【一級建築士】試験でうっかりミスをなくす正しい対処法
  4. ブログを1ヶ月に100記事書いて感じたメリット、デメリット
  5. 鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    構造設計にミスはつきもの

    仕事にミスは付き物。仕事をすればするほどミスが増えていきます。…

  2. 構造設計に関すること

    ケーブルの撓みを計算する方法について

    GW、皆様はいかがお過ごしでしょうか。僕は、いつものように実家へ帰省し…

  3. 建築のこと

    マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。

    ども、tyazukeです。マンションには必ずベランダがあります…

  4. 建設業界のこと

    未来の働き方をするために、設計者が変わっていくこと。

    このブログで『設計職』は生産性の最底辺にある仕事だと説明しました↓…

  5. 労働のこと

    中小企業こそ、社員教育を徹底しないと死ぬぞ。

    ども、tyazukeです。僕が勤める中小組織設計事務所は、新入…

  6. 構造設計に関すること

    降伏比は何を意味するのか?SS400をルート3で使って良い?

    SN材(建築用鋼材)は降伏比の上限規定しています。なぜか?…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  2. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  3. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  4. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  5. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
PAGE TOP