労働のこと

建築士が成長するための、たった一つの能力について

ども、tyazukeです。

建築士が成長するために、必要な能力ってなんだとおもいますか?

「この能力さえあれば、知識がなくても絶対に成長できる」。そんなことってあるのでしょうか?

 

僕の答えはYES。

今回は、建築士が成長するために必要なたった一つの能力についてお話します。

スポンサーリンク

 

成長出来る人は空間把握能力に長けている。

建築士としてセンスがある人って、ほとんどが空間を把握する能力が抜群。2Dの図面を見て、立体的なイメージができるんです。

例えば構造設計の場合、「ここに梁が無いと壁が取り付かないな」とかね。また、寸法を的確にイメージできるとか。

 

なぜ空間把握能力が必要なのか。建築とは、まさに空間をつくる仕事だからです。

気持ちの良い空間をつくること、外部と内部との適切な関係性、柱の大きさ、家具の大きさ、など挙げればキリがないですが、建築の仕事は共通して「適切な大きさを立体的にイメージできる力」が必要です。

 

これって大学で勉強して積み上げるものじゃなくて、完全にセンス。もちろん社会人になってから訓練して、一定レベルの能力は得られます。でも元から空間把握能力に長けている人には敵いません。

 

「あぁ・・・建築屋ってセンスが必要なのか」と悲観的になる必要もありません。逆に言えば、成長できる建築士は、知識が乏しい中卒だってなれるということ。

むしろ、変に勉強しちゃって知識ばかり積み上げた大卒、大学院卒よりも、中卒や高卒位の方が、建築屋(建築の設計を仕事にする人たち)向いていると思います。

 

ぶっちゃけ建築の設計は、中卒でも可能

建築の設計は、けっして難しい知識を必要としません。

対人とのコミュニケーションスキル、四則演算などの簡単な演算能力、ちょっとした言語能力。これさえあれば建築の設計は可能。

何度も言いますが、難しい知識や、高度な数学能力なんて一切必要ありません。

 

で、先に述べたように「空間把握能力」があれば二次曲線的に成長ができる。建築は空間を創るお仕事だからです。

空間把握能力は、年をとればとるほど成長しづらくなる力。あるサイトにはこんなことが書かれています。

目で見たものの位置関係などを瞬時に把握する時に必要な認知機能、空間認識力(視空間能力)は年齢とともに大きく低下します。

確かに。お年寄りは視野が狭くなったり、モノにぶつかったりしますよね。

 

だから若ければ若いほど、いいわけ。中卒、高卒だからって建築士として成長できない、成功できないなんてありえない。

むしろ大卒、大学院卒の学生より成長曲線のカーブは凄まじいのでは、と考えます。

 

まとめ

  • 建築士が成長するために必要な能力は、空間把握能力
  • 建築の設計に、難しい知識は必要ない
  • 建築士は中卒、高卒でも成長できるし、成功もできる
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話
  2. 鉄骨階段の、ササラの検討方法
  3. 日建学院の合格実績88.2%は色々誤魔化してるから気を付けような
  4. アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?
  5. ご老人のテクノロジーに対する見解に、一言申す。

関連記事

  1. 建築のこと

    建築は自然を壊しているのでは、と言う話

    ども、tyazukeです。地盤調査報告書を読んでおりまして、ふ…

  2. 建築のこと

    【書評】平屋に暮らすー本当の豊かさを育む住まい20軒

    ども、tyazukeです。平屋で暮らすことに、僕は憧れています…

  3. 労働のこと

    設計を辞める人におすすめする、前職を活かす転職先5つ

    ども、tyazukeです。もう設計やめよう。そんな結論を出した…

  4. ブログ運営

    建築業界でくすぶっている人の自分メディアのつくり方とメリット

    ども、tyazukeです。どんな仕事でもそうですが、上司や環境…

  5. 労働のこと

    【続】新入社員がいきなり仕事できると思うなよ

    新入社員の続報について。先日、新入社員が突然お休みされました。…

  6. 建築のこと

    大手設計事務所と中堅設計事務所の建築は何が違うのか?

    ども、tyazukeです。大手設計事務所と中堅設計事務所の建築…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  3. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  4. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
PAGE TOP