労働のこと

建築士が成長するための、たった一つの能力について

ども、tyazukeです。

建築士が成長するために、必要な能力ってなんだとおもいますか?

「この能力さえあれば、知識がなくても絶対に成長できる」。そんなことってあるのでしょうか?

 

僕の答えはYES。

今回は、建築士が成長するために必要なたった一つの能力についてお話します。

スポンサーリンク

 

成長出来る人は空間把握能力に長けている。

建築士としてセンスがある人って、ほとんどが空間を把握する能力が抜群。2Dの図面を見て、立体的なイメージができるんです。

例えば構造設計の場合、「ここに梁が無いと壁が取り付かないな」とかね。また、寸法を的確にイメージできるとか。

 

なぜ空間把握能力が必要なのか。建築とは、まさに空間をつくる仕事だからです。

気持ちの良い空間をつくること、外部と内部との適切な関係性、柱の大きさ、家具の大きさ、など挙げればキリがないですが、建築の仕事は共通して「適切な大きさを立体的にイメージできる力」が必要です。

 

これって大学で勉強して積み上げるものじゃなくて、完全にセンス。もちろん社会人になってから訓練して、一定レベルの能力は得られます。でも元から空間把握能力に長けている人には敵いません。

 

「あぁ・・・建築屋ってセンスが必要なのか」と悲観的になる必要もありません。逆に言えば、成長できる建築士は、知識が乏しい中卒だってなれるということ。

むしろ、変に勉強しちゃって知識ばかり積み上げた大卒、大学院卒よりも、中卒や高卒位の方が、建築屋(建築の設計を仕事にする人たち)向いていると思います。

 

ぶっちゃけ建築の設計は、中卒でも可能

建築の設計は、けっして難しい知識を必要としません。

対人とのコミュニケーションスキル、四則演算などの簡単な演算能力、ちょっとした言語能力。これさえあれば建築の設計は可能。

何度も言いますが、難しい知識や、高度な数学能力なんて一切必要ありません。

 

で、先に述べたように「空間把握能力」があれば二次曲線的に成長ができる。建築は空間を創るお仕事だからです。

空間把握能力は、年をとればとるほど成長しづらくなる力。あるサイトにはこんなことが書かれています。

目で見たものの位置関係などを瞬時に把握する時に必要な認知機能、空間認識力(視空間能力)は年齢とともに大きく低下します。

確かに。お年寄りは視野が狭くなったり、モノにぶつかったりしますよね。

 

だから若ければ若いほど、いいわけ。中卒、高卒だからって建築士として成長できない、成功できないなんてありえない。

むしろ大卒、大学院卒の学生より成長曲線のカーブは凄まじいのでは、と考えます。

 

まとめ

  • 建築士が成長するために必要な能力は、空間把握能力
  • 建築の設計に、難しい知識は必要ない
  • 建築士は中卒、高卒でも成長できるし、成功もできる
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 24才までに二級建築士を受けるならば、2人に1人は合格可能な件
  2. 露出柱脚のキレイな納め方のコツ。
  3. 社畜の僕が、毎日でもブログを更新できた4つの秘訣
  4. 大学教授は上手い商売なのか
  5. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?

関連記事

  1. 労働のこと

    中小企業こそ、社員教育を徹底しないと死ぬぞ。

    ども、tyazukeです。僕が勤める中小組織設計事務所は、新入…

  2. 建築のこと

    クレーンの衝撃力を設定する基礎項目について

    ども、tyazukeです。クレーンが走行する場合、それを受ける…

  3. 労働のこと

    建築設計の仕事は、労働量を決めるのがとても難しい話

    久々に建築設計の労働に関する話題でも。最近、国が定める残業時間…

  4. 建築のこと

    建築は道路に支配されている、と言う話

    ども、tyazukeです。日本の建築は、「外壁後退距離」という…

  5. 建築のこと

    建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?

    ども、tyazukeです。家、ビル、体育館。ありとあらゆる建物…

  6. 労働のこと

    i-Constructionで職人さんの仕事はホワイトカラーになるか。

    いま、国土交通省が流行らそうとしている技術があります。それが『i-Co…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  2. 労働のこと

    所員はミタ!転職した方が良い設計事務所の特徴3つ
  3. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  4. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  5. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
PAGE TOP